心があったかくなる結婚式

 サイトに掲載中のインタビュー記事。第9話の中に出てくる硬派の男性「中島さん」。彼は、私が中国に留学していたときに、天橋賓館というホテルの薬膳レストランの研修を手助けしてくれた方です。
 読んでわかるとおりの、男前な気遣いに、私の生徒さんの中にも、「素敵な登場人物ですよね~」とファンがいるんです。
 実は、先日、その中島氏の結婚式でした。
行かねば!!
 さて、会場は恵比寿のウェスティンホテル。
披露宴が始まって。。。ウェディングケーキカットです。
じゃなくて、特大桃饅カットが始まります。
2012.2.25 (10).jpg
桃饅をカットすると・・・・・
中からももまんがコロコロと転がり出てきます。シノワズリーなめでたさが炸裂してます!
2012.2.25 (14).jpg
まずは二人の間に“割り込んで”記念撮影。今日は、中島さんと奥様の素顔を公開しちゃいます。
2012.2.25 (20).jpg
食事は中国料理「龍天門」の総料理長陳啓明さんが担当。陳さんとは以前に、オーダーメードの薬膳コース「滋食同源コース」で一緒にお仕事をさせていただきました。
2012.2.25 (38).jpg
「自分が好きなものばっかりで作りました」。と、斜めどなりの席でニヤリとする陳さん。
何がでるのかしらん。
2012.2.25 (17).jpg
福禄寿全盤  海の幸山の幸、そして大地の恵みの最初の一皿
陳さん、前菜から、飛ばしてますね~。
2012.2.25 (23).jpg
「BERINGER 2004年」 は日本に15本しかありません。今日はみなさんのために。。。」という解説がマイクから流れ。。。。
恵比寿ワインマート社の荻原社長が特別にセレクトしてくれたものだとか。
2012.2.25 (21).jpg
しばらくするとフカヒレが登場。竹笙排翅 キヌガサ茸入り、フカヒレ姿と蕪の蒸しスープ
フカヒレ巨大でした。。。。
2012.2.25 (22).jpg
扇貝炒龍蝦 ホタテ貝と伊勢海老の野菜炒め
これは、塩と上湯(シャンタン)のあっさりした味。伊勢海老ってやっぱり味が濃い。
2012.2.25 (25).jpg
發財一品香 アワビ、なまこ、川藻 魚コラーゲンなどの煮込み
乾貨と言われる高級食材を数日かけて調理するスープ、「佛跳牆(ぶっちょうしょう)」とに近いスープ。
圧倒的な旨み。
2012.2.25 (26).jpg
黒椒猪頸肉 やまゆり豚のトントロの黒胡椒風味炒め、季節野菜を添えて
焦がした豚の皮が絶品でした。
2012.2.25 (27).jpg
碗仔涼担麺  一口サイズの冷やしタンタン麺
何とも言えないコクとミルキーな食感。クルミのペーストが入ってます。
2012.2.25 (29).jpg
南北和双輝 香港スイーツ・フルーツの盛り合わせといろいろな中華菓子
可愛い桃まんに、ぶたちゃん、食べるのがもったいない。
食事が進むごとに「中島、ホントに彼女と結婚するのがうれしんだな。。。。」という声が。
こんな結婚式は珍しい。 結婚される二人が、とにかく
「参列者に楽しんで行って欲しい!!」 という気持ちが、ひしひしと伝わってきます。
もちろん、参列者の方も、すごい、自分の持ち芸で祝福します。
2012.2.25 (32).jpg
こんな方が登場したり
2012.2.25 (44).jpg
南京玉すだれが披露されたり。
冠婚葬祭は、主役の方たちが、どんな風に人と関わって来たか、を見させてもらえます。
2月の末の寒い夜。
家への帰り道の心がなんともいえない温かさ。
人とのご縁大事にしたいなぁと、気づかせてもらいました。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>