薬膳料理家の旅~アメリカ  Nature Travel~⑬

さらに、ラッキーなことに・・・

雪に閉ざされていた「タイオガロード」が開通したとの、電光表示を発見しました。
あきらめていたヨセミテ公園に行けそうです。

20140430_112426.jpg

道路上の雪は、きれいに除雪されています。

20140430_113118.jpg

でもあちこちに雪の壁が残っています。

20140430_154828.jpg

ヨセミテ国立公園に到着しました。
Curry Villageで宿が空いているかどうかを訊ねてみると、テントでよければ空いているとのことです。

テントで充分!!
泊まれるなんて、想定外なんだもの。

20140430_162302.jpg

なかなか素敵でしょ。
ココは、熊の生態系を守るために食品の持込や自炊を一切禁止しています。
持って来た食品は外の鉄の保管庫に入れて施錠する決まり。
ルール違反は、500ドル!?の罰金です。
徹底してます。

DSC_0144.jpg

中は、ちゃんとヒーターがあって、快適です。
熊が出ると知って、怖がりの娘が必死で、匂いのするものを探しはじめました。
「父ちゃん、父ちゃんの肌に塗ってる紫雲膏(しうんこう=漢方の塗り薬、ごま油の匂いがする)。熊に狙われるから、絶対、金庫にいれなくちゃ」と、夫から軟膏の入った袋を取り上げています。

熊がすきなのって、ごま油じゃなくて、はちみつの間違いじゃないの・・・・?

20140430_154804.jpg

散歩すると、きれいな空気がカラダの中をサラサラ流れていくみたい。

DSC_0145.jpg

水鏡に映るヨセミテの山たち。

20140430_204008.jpg

夕食は、カレービレッジのレストランで。
山小屋風で、とても温かい雰囲気です。学生風の人から、年配の夫婦まで、あらゆる年齢層の人たちがいて、みんな楽しそうにしています。
さらにFREE WIFIのカフェも。

20140430_203956.jpg

スープとサラダ、迷った末、Lサイズのピザに。
運ばれてきたのを見て、やっぱりMにすればよかった・・・・って後悔。
ホスピタリティを感じる味でした。

シャワーを浴びて、早めにベッドへ。

むすめは、まだしつこく訴えています。
「父ちゃん、紫雲膏、熊に教われないかな??」

毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン