西太后の料理番~厲家の料理~

 私には実の姉はいないのだけど、お姉さんみたいな友達が数人いて、いつもエネルギーやアドバイスを与えてくれます
そんなお姉さんの一人からメールが届きました。
「漢方キッチンスタジオ開設祝いと、西太后のアンチエイジングレシピの出版祝い。六本木ヒルズの厲家菜にお招きするから、メニュー選びは、任せたよ。」
厲家菜(れいかさいは)六本木ヒルズにある中国料理の店。
ミシュランの二つ星を取ったことで、話題になりました。
もともとは、清代の皇室の安全管理や食事の管理をする貴族、「厲家(れいけ)」が、書き残した宮中料理のレシピを、引き継いだ北京にある個室レストラン。
北京の本店は旧市街にある小さなお店です。
ヒルズの方はその支店とのこと。
img130129 (37)_copy.jpg
今回は、冬の料理を中心にしたコースを注文しました。
西太后が、よく食べていた宮廷の日常食が小皿で20種、そして、メインやスープは8種類出てきます。
皇帝の食事って1食に150皿ならべないといけないって決められてたらしいから、今日の料理の7倍の量の皿が並んだってことか。。。。
img130129 (2).jpg
まず、前菜がダーッと並びます。
img130129 (5).jpg
麻豆腐
北京料理のひとつで、私もよく食べました。緑豆のおからでできたもので、素朴な庶民の味です。
でも、ここのは、もっと洗練されたさっぱり系フォアグラみたい。
img130129 (7).jpg
人参と北京大根の漬物の和え物
千切りがきれい。ゆでた野菜を香りのよい油で和えてあります。
img130129 (13).jpg
海老の春巻き
京劇の太鼓に見立てているとか。そういえば、西太后は京劇のパトロンだったんです。
img130129 (16).jpg
骨付き豚肉の甘酢煮
酸味と甘みのバランスが素敵
img130129 (22).jpg
宮廷風フカヒレ蒸し物
フカヒレの1本1本が太くてびっくり。
img130129 (23).jpg
干し鮑とさくらんぼの煮込み
西太后は、料理にさくらんぼを使うのを好んだんだけど、アワビと煮るのは意外。。。
img130129 (24).jpg
鹿肉の炒め物
冬の薬膳料理によく使われる鹿肉、コリアンダーとの合わせが絶妙
img130129 (27).jpg
赤ハタの揚げ物辛味醤油ソース
ガオーって獰猛そうなハタ。でも身は上品
img130129 (29).jpg
烏賊の卵巣と冬虫夏草のスープ
烏賊の卵巣は、初体験。ふわん、とろんと不思議な食感。
img130129 (31).jpg
三不粘
宮廷料理の定番。中華風カスタード。
支配人がつきっきりで、サーブをしてくれて、いろんな面白い話が飛び出します。
友人二人は、北京生活経験者なので、留学中のとんでも話や中国人のトピックで、思いっきり盛り上がります。
「ここのまかない料理は、なにが出るんですか」
「たまに、お客様に出せないフカヒレの端っことか。インゲンの切り落としたところとか。」
「そっちの方が美味しそう!じゃ、次はまかない料理のコースで予約いれます!」
「お待ちしております!」
img130129 (34)_copy.jpg
店を後にして歩くと酔った頬に、一月の冷たい夜風が気持ちいい。
駅までの道を冗談を言いながら歩きます。
いろいろな大変なことを乗り越えて、今、楽しそうに笑っている50代になろうとしている友人。
その笑顔を見て、年を重ねていくことって悪くないなって、こっそり思います。
年を重ねるごとに、荷物をおろして、余分な執着を捨てて、どんどん自由になっていく。
私もそうなれるかなぁ
「今年は、広州の深圳に〇〇さんに会いに行こう」
「それ、乗った!」
「あたしも」
《人生は楽しまなくっちゃ≫
 
今、私の中で、ピカピカ光るネオンのように、またたいている言葉。
友達の存在に感謝する今宵です。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>