作成者別アーカイブ: 阪口すみ

夏バテ防止&ダイエットに効果抜群の薬膳ドリンク『酸梅湯(さんめいたん)』

こんにちは、阪口です。

夏バテ&夏太りが気になる時期ですね。

夏バテ防止・ダイエット効果抜群の酸梅湯(さんめいたん)、ご存知ですか?

リンゴに似た「さんざし」というフルーツを使った爽やかな飲み物です。

夏ばて防止の薬膳ドリンク「酸梅湯」に欠かせない、フルーツ「サンザシ」

可愛いフルーツなんですが、薬膳効果は抜群!


◆中性脂肪やコレステロール値を下げる
◆汗による消耗を防いで夏バテを防ぐ
◆消化を促進して、消化不良や胃もたれを解消
◆血流を促進し、血液の汚れをとる


などなど。
多彩な仕事ぶりですね。

私の生徒さんでも、このフルーツで、中性脂肪やコレステロールが低下した方がたくさんいらっしゃいます。

もともとの酸梅湯の材料は日本ではそろいにくいので、日本で手に入れやすい食材で、
阪口珠未オリジナルのサンザシ入りのドリンク「和風の酸梅湯」を紹介します。

おいしくい薬膳で、きれいに、元気になりましょう。

阪口珠未の特製薬膳ドリンク「和風の酸梅湯」の作り方動画
→https://youtu.be/e1at8t2pyM4




漢方キッチンの通販サイトから、お求めいただけます。

http://kanpokitchen.cart.fc2.com/ca3/13/p-r-s/?preview=2378562b0eef7cd1c47f5e3c1c8a24cf














育脳ご飯〜地味弁だけど滋味弁〜

こんにちは、阪口です。



地味弁でしょ。

『茎ワカメと豚肉の炒め』
【そのほか、ホタテときのこの出汁炒め・蒸した人参と鶏、きゅうりの中華風和え物・自家製薬膳ふりかけごはん】

娘いわく、
「今日のお弁当、開けたとたん、うわ~って思った」
という程の大好きメニュー。

見た目は地味なんですが、「海藻+肉」とか「海藻+魚」の組み合わせって
かなりおいしいんです。
その上、健康効果もばっちり!

昭和20年代に、沖縄から、かなりの数の人たちが、移民として、ブラジルとハワイへ移住しています。

同じ出身地なのにも関わらず、その後の彼らの平均寿命は大きく違います。

ハワイ移住者のがはるかに長寿なんですね。

ブラジルの食生活では、肉が中心。脂肪と塩分を多く含む食事です。

50代で、日本で暮らす日本人の2倍の確率で心臓に問題がみつかりるそうです。

それに比べて、ハワイに移民した人は、沖縄とほぼ同じかそれ以上の長寿だったといいます。

彼らの食生活は、沖縄と同じくと肉や魚などのたんぱく質に加えて、野菜と海藻を多く使います。

特に、海藻の水溶性食物繊維は、豚肉の動物性コレステロールを排出してくれます。

食べ合わせとしても優れているのです。

沖縄の料理は、この組み合わせ多いですよね。

昆布と豚肉の炒め「クーブイリチー」は有名ですし、

豚足も昆布と一緒に煮たりします。

『茎ワカメと豚肉の炒め』の作り方は簡単です。

塩抜きした茎わかめを細めに切って、

豚肉の細切り、にんにくのみじん切りと一緒にいためます。

味付けは、オイスターソース、醤油、酒、炒め煮にします。

クーブイリチーのように切り昆布で作ってもいいですね。

海藻類に含まれる脂肪酸「アラキドン酸」は、脳の神経細胞の生成に役立ちます。

地味だけど、滋味あふれる海藻。

子供さんの食事に取り入れてくださいね。




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン






育脳ごはん〜骨のスープで精をチャージ〜

こんにちは、阪口です。

先日紹介した金目鯛の炙り。
今回は、金目鯛のアラにシークワーサーの絞り汁を加えてスープを取り、
トムヤムクンに。




薬膳では、骨は子供の成長にも、カラダを若々しく保つためにも効果的です。
骨には「骨髄」があり、これは、「精」を生むと考えるからです。
それに、骨にはカルシウムも豊富。
ちょっとだけ手間ですが、魚のアラがあったら、
その場で煮てスープをとりましょう。


アラをさっと熱湯に通してから、
昆布、生姜、たっぷりめの酒を入れて煮ると臭みのないおいしいスープが取れます。

スープベースとして、他の料理に使えます。

また、さらに、クエン酸を入れて煮ると、骨からカルシウムが出るので、営養価が高まります。

レモンを半分ぐらい、皮ごと入れて煮るといいんです。

今回のトムヤムクンは、金目鯛にアラにシークワーサー(レモンでもOK)を加えてスープをとり、
炒めたにんにく、セロリ、たまねぎ、きのこを加えます。
最後にエビを加えたら、ナムプラーで味を整え、シークワーサーの絞り汁とシークーサーの輪切り、香菜を入れます。

子供は辛いのは食べられないから、大人は器にもってから、ラー油をお好みで。

骨のだしは、化学調味料では出せない味。
子供に骨からの取る出汁の旨みを、教えてあげてね。




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン





育脳ごはん〜骨のスープで精をチャージ〜

こんにちは、阪口です。

先日紹介した金目鯛の炙り。
今回は、金目鯛のアラにシークワーサーの絞り汁を加えてスープを取り、
トムヤムクンに。




薬膳では、骨は子供の成長にも、カラダを若々しく保つためにも効果的です。
骨には「骨髄」があり、これは、「精」を生むと考えるからです。
それに、骨にはカルシウムも豊富。
ちょっとだけ手間ですが、魚のアラがあったら、
その場で煮てスープをとりましょう。


アラをさっと熱湯に通してから、
昆布、生姜、たっぷりめの酒を入れて煮ると臭みのないおいしいスープが取れます。

スープベースとして、他の料理に使えます。

また、さらに、クエン酸を入れて煮ると、骨からカルシウムが出るので、営養価が高まります。

レモンを半分ぐらい、皮ごと入れて煮るといいんです。

今回のトムヤムクンは、金目鯛にアラにシークワーサー(レモンでもOK)を加えてスープをとり、
炒めたにんにく、セロリ、たまねぎ、きのこを加えます。
最後にエビを加えたら、ナムプラーで味を整え、シークワーサーの絞り汁とシークーサーの輪切り、香菜を入れます。

子供は辛いのは食べられないから、大人は器にもってから、ラー油をお好みで。

骨のだしは、化学調味料では出せない味。
子供に骨からの取る出汁の旨みを、教えてあげてね。




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン





キャンプ用のバーナーを使って~金目鯛の炙り

キャンプ好きの我が家では、キャンプグッズを、アウトドア以外でも、よく使うんですよ。
今回は、金目鯛を手に入れたので、さばいて、いろいろにいただきます。
使っているのは、キャンプ用のカセットガスバーナー。
炭をおこすときに、活躍する「あれ」です。
バーナーの下に、カセットボンベを装着して着火。
表面を炙ります。



金目鯛の刺身は、こうやって食べると実に旨いんです。
皮の下に乗った脂が、炎で溶け、表面がパリッとして・・・・最高ですよ。
家で手軽に、野趣あふれる味が楽しめます。

このバーナーお安いものだと、1000円ぐらいからあります。

01251957_510265268b0ca.jpg


さんま・いわしの青魚の炙りもの
プリンの表面をあぶる
味噌をあぶって、焼きみそ(酒のあて)

などなど。

楽しいですよ~。

1本持っておくと、なんでも炙ってみたくなること間違いなし(*≧∪≦)


日常がキャンプになるよ(*^_^*)

マノエイコ先生と対談

こんにちは、阪口です。

美容皮膚科ドクターの大御所、『マノエイコ』先生と対談させていただきました。


馬野先生


美肌や保湿の薬膳料理を召し上がっていただきながら、お話をするという内容です。

マノエイコ先生といえば、美容医療の先がけの存在。
私も本を持っています。

「美容医療」という、きらびやかなイメージとは違って、
食事やお茶、アロマなども大事と、
地に足のついたアドバイスをされています。


お会いしてみると、「食べることとお花が好き」という、

とても可愛らしい方でした。

しかし、年齢をうかがうとびっくりのプリプリのお肌でした(〃▽〃)・・・・。

「私、肌の状態の改善のために、「薬」として、サプリは出すけれど、
やっぱり普段の食事が大事だと思うのよ。」

同感です!

今回は、美肌・保湿のメニューを4皿ご用意。

そのうちの1品、前菜はこちらです。


金目鯛の前菜3種

そのほかのメニューと詳しいレシピは、『Dr.マノマノメディカルクリニック』の機関誌「美肌通信」で、ご覧いただけるそうです。

http://www.drmano.co.jp/





毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン



マノエイコ先生と対談

こんにちは、阪口です。

美容皮膚科ドクターの大御所、『マノエイコ』先生と対談させていただきました。


馬野先生


美肌や保湿の薬膳料理を召し上がっていただきながら、お話をするという内容です。

マノエイコ先生といえば、美容医療の先がけの存在。
私も本を持っています。

「美容医療」という、きらびやかなイメージとは違って、
食事やお茶、アロマなども大事と、
地に足のついたアドバイスをされています。


お会いしてみると、「食べることとお花が好き」という、

とても可愛らしい方でした。

しかし、年齢をうかがうとびっくりのプリプリのお肌でした(〃▽〃)・・・・。

「私、肌の状態の改善のために、「薬」として、サプリは出すけれど、
やっぱり普段の食事が大事だと思うのよ。」

同感です!

今回は、美肌・保湿のメニューを4皿ご用意。

そのうちの1品、前菜はこちらです。


金目鯛の前菜3種

そのほかのメニューと詳しいレシピは、『Dr.マノマノメディカルクリニック』の機関誌「美肌通信」で、ご覧いただけるそうです。

http://www.drmano.co.jp/





毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン



女子力アップ 薬膳セミナー@中目黒 ビオキッチン

こんにちは!


漢方キッチン認定講師・薬膳セラピストの西山みのです!
今年は空梅雨で毎日すでに真夏日ですが、

みなさん体調は崩されていませんか〜?

さて、今月の中目黒ビオキッチン「阪口珠未監修 女子力アップセミナー」のご案内です。
◆お申し込みと詳細はこちら
http://nakamerental.jp/archives/20170703/480

IMG_3587.jpg


暑くて冷房ガンガンで冷房病になってしまうのも「夏」・・・

実は知らないところでかなり冷えています・・・

外は暑くても、内臓が冷えて機能が落ちている女性が本当に多いと言われていますよね。

冷たいスムージーやさっぱりした冷麺、生野菜たっぷりのサラダなど、ヘルシーに見えますが、
食べ続けるとお腹にはダメージが大きいんです。

★溜まった冷えを解消するには
 
・・・ 溜まった冷えを解消するには「助陽(じょよう)」と呼ばれる温め食材をしっかり食べること。
冷えを改善する薬膳鍋で、腹を温めて、代謝をUPすれば、冷えを解消できます。

セミナーの後は、講師と参加者の皆さんで薬膳ランチ交流会を行います。
女子力アップセミナー
「夏の冷房対策〜薬膳で体の中から温めよう〜」

日時: 7月21日(金)@10:30 - 12:45
場所: 中目黒 ビオキッチン
参加費: 2500円(薬膳ランチコース付き)
【講師】漢方キッチン認定 薬膳セラピスト  西山みの   
ぜひ、ご都合がよろしければご参加下さい♫

◆お申し込みと詳細はこちら
http://nakamerental.jp/archives/20170703/480

また皆さんにお目にかかれるのを楽しみしております♫



そして、6月の女子力アップセミナーのご報告はこちら
↓↓↓↓

テーマは、「夏に負けない体作り! 夏バテケアは6月から〜」

実は、梅雨時期から夏バテ対策ってできるんですね・・・

梅雨は日本独特の季節であり、とにかく「湿気」が多すぎて大変・・・


前回もお話ししましたが、「湿邪」が私たちの心身の健康状態を

かき乱す大元であり、トラブルメーカーなんですね〜

だから、まずは、梅雨時期からできるケアーは何?って場合、

その「湿邪」を退治しないといけないのですよね!


長い食の歴史の中でも、この梅雨時期の体調管理、

特にこの時期に弱まってしまう・サポートが必要な「脾」

という臓器の働きをうまくケアーしてきた薬膳ならではの

「味」というものがあるんだよ〜っていうお話しをしました。


何の「味」か想像つきますか〜?

脾=胃腸機能を助けてくれる「味」があるんですね・・・・

ズバリ!

「酸味」+「甘味」を合わせた「酸甘」の味です!


この時期、湿気でジワジワと出てくる汗の方もいれば、

もうドバドバ汗がやたらに出てきて止まらない!

というタイプの方も多くいると思うのですが、


(あっ、この頃女性は汗をかけない方も多いのが現状〜
それはそれで新陳代謝が良くないので改善しないとですよ〜)



中国医学では、

「汗」は体をみずみずしく保つ体液(水分)の一つと考えます。

そして、その汗をかき過ぎるとこの体液も消耗してしまうのですが、

汗とともに体の「気」という「エネルギー」までも消耗させてしまう・・・



体液をエネルギーを消耗することで、やる気が出ない、疲れやすい、

そして、「熱中症」を誘発する原因にもなってしまうんですね〜


そんな時こそ!


「酸甘」の味でケアができちゃうのが薬膳の良いところ〜

酸味には、収れん作用という「引き締める」効果があります。

体表の部分が引き締められることで、
必要以上に汗を出さないようにしてくれます!

なので、汗の止まらない方はその場で酸味の
ものを取り入れたりすると良いですね・・・

マイ梅干しとか?笑

また、

甘味のものには、「気」という「エネルギー」を補い、
「血」という「栄養素」を補う働きがあります。

そして、

甘味は、潤いを与えたり、疲れを回復する効果もあるんですよ〜


また、この二つの酸甘を合わせることで
体の陰液(体液)が湧いてくるとも言われています。


「たかが甘酸っぱい味〜」

「されど甘酸っぱい味〜〜〜」


で酸甘の味には脾を助けてくれる立派な働きがあるのですね〜♫

はちみつレモンとかよく飲みませんか、この時期?


この時期のレシピ本見てもわかりますよね?

お肉やお魚に甘酸っぱい味付けのレシピ多くありませんか〜?

そんなお料理も実は既に「夏の台所薬膳料理」なんですよね!

鶏肉の梅酢煮や梅味噌を使ってのお惣菜など・・・


そしてこの時期は「梅仕事」をする方も多いと思うのですが・・・


あ、ちなみに私は、酸甘の味付けでの「梅ジュース」と・・・

「梅ジャム」と「梅干し」を作りましたよ〜今年はね・・・


胃腸機能が弱い民族代表選手の日本人には、

この梅干しが本当に昔からのスーパーお助け食材なんですね〜


胃腸の働きを高めて、体に潤いを与えてくれる・・・

整腸作用や殺菌作用もありますよね・・・


「梅肉エキス」はまさに食べる万能薬!


そして、梅特有の酸味、クエン酸は疲労回復や

神経回復の効能もあるんですよ〜


昔ながらの梅干し(梅・塩・赤紫蘇)が段々少なくなってきていますが、

是非、シンプルな梅干しをこの夏はご家庭に取り入れて活用してくださいね!



梅時期は今年はもう終わってしまいましたが・・・

来年作られる方・・・

甘味は、精製されているお砂糖ではなく蜂蜜やきび糖がオススメですよ!


そして、

梅雨時期がただの湿の邪気だけなら良いのですが・・・

毎日、暑いですよね・・・

そう! 

暑さの邪気=「暑邪(しょじゃ)」からも

体をケアーしてあげないといけないのです・・・


暑さに弱い臓器は「心」です。


なので、同時に「心」のケアーもしてあげましょう♫


体に熱を持ち、湿を溜め込んでいる時は、

自然と「苦いもの」が食べたくなったりします・・・


なので、緑茶・セロリ・ニガウリなどの苦味のあるものも

とって、のぼせやイライラや余分な熱を冷ますと良いですよ。


もちろん、瓜類・ナス科の夏野菜も体の熱を鎮めてくれますね・・・

そして、わかりやすいのは赤い食材・・・

トマト・パプリカ・人参・小豆・クコ・スイカなどもオススメです!

心臓の血流を良くしてくれる働きがあると言われています。


汗をかき過ぎるから、熱中症にならないためにも水分を〜

で、やたらに水分の摂りすぎでお腹チャポチャポ状態?


それでは、その水分は余計な水=水毒になってしまう〜

体に余計な水分が溜まってしまうことになりますよね。


ペットボトルの持ち歩きも大切ですが・・・

こんな時は、お塩をかけたミニトマトや

キューリにお味噌をつけて・・・

そして、スイカをカットして持ち歩くのも良いですよ〜

お子さんや年配の方にも凄く喜ばれます!


水分を摂りながら、内蔵に潤いを届け、

お腹に余分な水分もたまらず・・・

そして、お口も潤う、肌も潤う〜・・・

食べるおクスリ・・・笑。

凄くないですか、夏のお野菜や果物!


これから益々スイカが美味しくなっていく時期〜

でもでも、ほどほどにですね・・・


食べすぎはどんな良いものでも良くありません!(笑)

薬膳のベースは中国医学であり、

中国医学=「バランス医学」の「中庸」です。


私たちの体の陰陽のバランスがゼロに等しいほど

心身の健康維持ができて元気でいられます〜♫



なので、今年の夏は、是非・・・

酸甘の味と苦味の食材をとって

去年とは違った夏バテ対策にトライしてみてくださいね!


今、ケアーすることで必ず次の季節にやってくる

ご自身の心身の在り方・体調が変わってきますよ〜〜〜


さぁ、今から「蜂蜜レモン」ドリンクを作って出かけよう〜っと。
(酸甘の味です!)

では、また~。







甘味と酸味が決めて!「銀耳蓮子湯(リャンズーインユータン)風 夏の甘酸っぱいデザート」


みなさま、こんにちは!薬膳セラピスト1期生の柳本(入江)綾子です。

メールマガジン「楽膳クラブ通信」の担当をさせていただいております。


暦の上では小暑・・・まだまだこれからが夏本番の序盤戦ですが、

梅雨はどこへいったのやら?猛暑と言ってもいい暑さです。

漢方キッチンにご縁のあるみなさまのご体調はいかがでしょうか?



◇◆◇

7月12日から16日ごろまでは、七十二候では「蓮始開(はすはじめてひらく」と呼ばれる時期です。


江戸時代では早朝に蓮の花が開くさまを「蓮見舟」をだして鑑賞していたそうです。
仏の台座とも呼ばれる蓮の花がゆっくり開く光景は極楽浄土のような美しさだったことでしょう。



…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………



さて、「蓮」は葉も実も茎も根も漢方薬として重宝されてきました。

特に「蓮の実」やその芯は、身体と心を緩ませて精神を安定させる作用があるといわれます。

性質は『甘味』・・・筋肉や精神の緊張をゆるめて痛みを和らげます。脾胃の働きをたすけて疲労を回復します。

そして『渋味』・・・体内から余分な水分が出てしまうのを抑えます。

今回は蓮の実の「甘味」にレモンなどの「酸味」を加えて、消耗しない強い体をつくるデザートを作りました。
夏バテも吹っ飛ぶような、甘くてパワフルな薬膳デザートのレシピをご紹介いたします!
ご覧くださいね。



http://kanpokitchen.blog105.fc2.com/blog-entry-559.html

「銀耳蓮子湯(リャンズーインユータン)風 夏の甘酸っぱいデザート」

(材料)

蓮の実 30グラム

白きくらげ  20g

クコの実  10g

ナツメ  15g

レーズン 10g

★水 300ml

★白ワイン 大さじ1.5

★砂糖(氷砂糖か甜菜糖) 大さじ1

★はちみつ 大さじ2

レモン 4分の1個 


《下ごしらえ》



1:蓮の実を洗い、保温水筒に入れて300~400mlほどお湯を入れて一晩おく。


2:調理の前に一度茹でこぼしをする。


《作り方》

1:白きくらげはよく洗い、30分ほど水でもどす。根もとの固い黄色い部分を切り落とす。


2:なつめはきざむんで少量の水で戻す。(実に切り込みを入れるだけでもOK!


3:クコの実はお湯で軽く洗い、少量の水で戻す。


4:★の調味料をすべてお鍋に入れて、砂糖がとけたら蓮の実、白きくらげ、なつめ、クコの実を入れる


5:弱火で30分煮る(水が減ってきたら足す)


6:火を落とす直前にレモン汁を入れる




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 

冷蔵庫で冷やして召し上がってください。

甘みと酸味で夏バテも吹き飛びます!_

血を作るレーズン、なつめやクコの実も入っていますので貧血予防にも!
                            ☆★☆
★☆                               ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



──◆◇ 通販のご案内◆◇────────────────────────


蓮の実、白きくらげ、なつめ、クコの実、などの薬膳食材は、漢方キッチンの通信販売部からお求めできます。
(カートにないものは、メールにてお問合せくださいませ。


■漢方キッチン通信販売

⇒http://kanpokitchen.cart.fc2.com/

キャンプ風!塾弁

週末になると、キャンピングカーで、お出かけするという我が家の日常が、
娘の成長に連れて、変わってきました。
5年生の後半から、急に「塾に行きたい」という
びっくり発言(@_@)

それから、1年と少し。

今日、土曜日も、塾へ行っちゃいました。

キャンピングカーを買ったのは、娘が3歳の5月。

「目黒でキャビネットタイプのキャンピングカー?」

「土日の仕事はどうしたらいいの?」

「維持できるの?」

迷ったけれど
「やっぱ、思ったときに買おう!」

と、即決。

結論から言えば、

「絶対、買ってよかった!」

塾に通うのは想定外としても、

成長とともに、子供と一緒に過ごす時間は減っていってしまいますね。

11歳にいたるまでの8年間、

いろいろなところへ旅して、たくさんの体験をともに過ごすことができたこと。

ありがたいなあと思います。


私はもともと、行動してから考えるタイプなようで

失敗やミスや後悔のしかばねが、累々ですが。

それでも、泥縄の性格ゆえに、仕事の忙しいときも、やりくりして、娘と一緒の思い出がいっぱいできたなと

「自分の性格も悪くないじゃん」と

満足したのでした。

土日のたびにキャンプだと
「毎回、ご飯を作るのは、さすがにつらい~」
なんて、思っていたのに、

キャンプがなくなると、さびしいんです。

すべてのことは、コインと表と裏のようなもの。

それをどう見るかで、幸せ感が変わりますね。

私の性格も、キャンプのある生活も。

「そこに存在する」ものの、明るい側面を

味わって

感謝して

楽しんで

そのほうが、うまくいくし、幸せなんですね。

今日は、キャンプで作っていたキャンプご飯の代わりに
娘の塾弁は、ちょっとキャンプっぽい弁当にしました。

20170723.jpg




◆チキンと野菜をバーベキュー風にグリルして
ウーロン茶とナムプラーのソースをかけた、グリーンボウル
◆トマトと夏野菜の甘酢サラダ

私は家でキャンプご飯です。




夏真っ盛りですね。



毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン