目黒川の桜

目黒川の桜が満開。
一人で目黒川を散歩した。
川沿いに、ぼんぼりがたくさん並んで、仄明るい。桜の花が、黄色い光に浮かび上がって幻想的だ。
img120410-1.jpg
ぼーっと見ていたら、通りがかりの人に話しかけられた。
「目黒川のライトアップでこんなもんなんですか?暗いですよね?」
「こんなもんかな。他は、もっと明るいんですか?」
「九段とか、もっと華やかできれいですよ。」
私は、このぐらいが好き。なんだか、江戸時代の夜桜みたいだもの。
img120410-3.jpg
今日は、みんな少し、開放的。知らない人同士がおしゃべりを楽しんだりする。
それに、川沿いの道は、たくさんの人でごったがえしている。
バイクを押して歩く男性、酔っぱらった大学生、白い髪のおばあさん。
みんな幸せそうに桜を仰ぎ見る。
私たちってなんで桜が好きなのかしら?
寒い冬を越えて、肌寒い4月の空気の中で、小さなピンクの花がたわわに咲く。
なんだか、自分の小さな夢がかなったような、ささやかな喜びが胸に咲くのだ。
今宵、歩く人たちの胸の中に、それぞれの桜の花を見た。


目黒川的櫻花盛开了。
今天晚上沿目黒川我一个人散步。
沿河边排的灯光微微地亮。 櫻花在金黄色的亮光漂浮,真幻想的情景。
我呆呆地看着櫻花,有的人向我搭话起来。
“目黒川的每年这样吗?太暗了。是不是。”
“差不多。别的地方更亮吗?”
“是。比如皇宫的周围,更光亮,更华美。”
我喜欢微微的光。好象是江戸時代的夜櫻。
今天,人都是有点儿爽朗。素不相识的人也聊天儿。
且而,那么寒冷的天气,河边的路是热热闹闹的。
推着摩托车走路的男人,喝醉的大学生,白头发的老婆婆。
他们都高兴的仰望櫻花。
我们为什么爱櫻花。
过寒冷的冬天,四月份的空气里 小小的桃色花开了累累。
看了櫻花,我们的心里开花了小小的喜欢,好象是满足自己的梦想。
今夜,在路上人的里面,我看了各人的櫻花。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com