カテゴリー別アーカイブ:

アメリカのポートランドで タイニーハウスを体験してきました

アメリカの西海岸は、YOGAやオーガニックなど、地球に優し、サステナブルなさまざまなムーブメントが起こってきました。

その中でも、「小さく住んで、大きな自由を手に入れる」タイニーハウス・ムーブメントが、注目を集めています。

小さなログハウスを自分で立てたり、トレーラーをおしゃれに改装して住まいにしたり。さまざまなタイニーハウスが登場しているようです。

本来、トレーラーハウス居住は、貧困層の代名詞でしたが、「大きな家に住んで、たくさんのものを持つ」大量消費の考え方へのアンチテーゼになっているのも、ヒッピー文化の漂う西海岸らしいところです。

そして、私たち家族も、この夏、アメリカ西海岸の街、ポートランドで、タイニーハウスを体験してきました。

img160901 (3)

私たちが泊まったのは、アルバータ通りにあるホテル「THE TINY HOUSE HOTEL」

ここは、トレーラーハウスを改造した宿泊施設。短期間でタイニーハウスを体験満喫できます。
ブロンズ色のフェンスで囲われた敷地には色とりどりの個性豊かなトレーラーハウスが配置されていて、テーマに合わせて名前もついています。

私たちのホテルは「THE TANDEM」

img160901 (1)

赤い木製の外装に、ドアを開けると、中はブルーの可愛らしい調度品でまとめられています。

img160901 (4)

階段がついた中2階は屋根裏部屋風。

img160901 (11)

娘は、部屋に入ったとたん、自分の居場所をここに決めたみたい。

img160901 (2)

小さなキッチンもついていて、簡単な料理なら、手軽にできそうです。

img160901 (7)

敷地の真ん中には、薪も用意されて、焚き火を楽しむこともできます。

ポートランドには3日間滞在して、近くの農場で採れたオーガニック野菜料理を出すレストランで、食事をしたり。

近くのアルバータ コープというオーガニックスーパーで食材を買って、料理をしたり。自転車を借りて、サイクリングをしたり。
我が家のスタイルで楽しむことができます。

2日目の夕食は、ローストビーフの香菜ソースと、フレッシュ野菜サラダ~ネクタリンドレッシング。
サラダ用の野菜や果物が味が濃くておいしいので、料理が楽しいです。

img160901 (5)

葉野菜とハーブがセットになったものが売っているので、それを購入。
ドレッシングでけ手作りで。

フレッシュ野菜サラダ~ネクタリンドレッシング。
img160901 (6)

◆ネクタリンドレッシング
 材料 
ネクタリン1個(モモで代用できます)
ライム汁(またはレモン)1個分
ミント  少々
黒胡椒  少々
塩    小さじ1/2
はちみつ  小さじ2
オリーブオイル大さじ1
作り方
ネクタリンは皮をむいて、小さく刻み、刻んだミント、調味料と混ぜ合わせる。作って10分ほど寝かせる。

リーフサラダにかけて、どうぞ。ネクタリンの甘みと酸味が際立って、野菜がいっぱい食べられます。


ローストビーフも作りました。
スーパーで、牛肉の赤身のステーキ肉をチョイス。1ポンド(454g)で1000円しない。安い・・・・。

そして、炭火焼きを楽しむロースターテーブルもあるなんて素敵!
img160901 (9)

私は牛肉は赤身なら食べられるので、家族も強制的に赤身のローストビーフを食べさせられます。レアに焼いて。

img160901 (8)

少し休ませたら、切り分けて、コリアンダーのソースを。詳細は、キャンプカーマガジン9月号に掲載予定です。

やはり食は「地」のものに限る!

日本に来た外人は、きっと、かつおのたたきを食べて同じ感想をもらすに違いないんだわ!

img160901 (10)


朝はキッチンにあったエスプレッソメーカーで珈琲を入れて、外で、フルーツの朝食。


タイニーハウスで過ごすポートランド。満喫しました。
タイニーハウスは手作りする人も多いらしく、1棟130万程度で作れるようです。
タイニーハウス

家を買うなら、タイニーハウスがいいなぁって、思うのですが、私はタイニーハウスを家族一人一人がもつのがいいな~。
そして、食事やおしゃべりは、焚き火をしながら集う。

これじゃ、タイニーハウス的なライフスタイルじゃないかしら?

みなさんにとって、大切なことはなんですか?
私にとっては、「自由」はとても大切なファクターです。

いつでも動ける、どこへでも行ける身軽さ。

そんな自由な空気をタイニーハウスに感じました。

◆小さくて変わったおうち!タイニーハウスのまとめ

◆小さな暮らしは豊かな暮らし





毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン



アメリカのポートランドで タイニーハウスを体験してきました

アメリカの西海岸は、YOGAやオーガニックなど、地球に優し、サステナブルなさまざまなムーブメントが起こってきました。

その中でも、「小さく住んで、大きな自由を手に入れる」タイニーハウス・ムーブメントが、注目を集めています。

小さなログハウスを自分で立てたり、トレーラーをおしゃれに改装して住まいにしたり。さまざまなタイニーハウスが登場しているようです。

本来、トレーラーハウス居住は、貧困層の代名詞でしたが、「大きな家に住んで、たくさんのものを持つ」大量消費の考え方へのアンチテーゼになっているのも、ヒッピー文化の漂う西海岸らしいところです。

そして、私たち家族も、この夏、アメリカ西海岸の街、ポートランドで、タイニーハウスを体験してきました。

img160901 (3)

私たちが泊まったのは、アルバータ通りにあるホテル「THE TINY HOUSE HOTEL」

ここは、トレーラーハウスを改造した宿泊施設。短期間でタイニーハウスを体験満喫できます。
ブロンズ色のフェンスで囲われた敷地には色とりどりの個性豊かなトレーラーハウスが配置されていて、テーマに合わせて名前もついています。

私たちのホテルは「THE TANDEM」

img160901 (1)

赤い木製の外装に、ドアを開けると、中はブルーの可愛らしい調度品でまとめられています。

img160901 (4)

階段がついた中2階は屋根裏部屋風。

img160901 (11)

娘は、部屋に入ったとたん、自分の居場所をここに決めたみたい。

img160901 (2)

小さなキッチンもついていて、簡単な料理なら、手軽にできそうです。

img160901 (7)

敷地の真ん中には、薪も用意されて、焚き火を楽しむこともできます。

ポートランドには3日間滞在して、近くの農場で採れたオーガニック野菜料理を出すレストランで、食事をしたり。

近くのアルバータ コープというオーガニックスーパーで食材を買って、料理をしたり。自転車を借りて、サイクリングをしたり。
我が家のスタイルで楽しむことができます。

2日目の夕食は、ローストビーフの香菜ソースと、フレッシュ野菜サラダ~ネクタリンドレッシング。
サラダ用の野菜や果物が味が濃くておいしいので、料理が楽しいです。

img160901 (5)

葉野菜とハーブがセットになったものが売っているので、それを購入。
ドレッシングでけ手作りで。

フレッシュ野菜サラダ~ネクタリンドレッシング。
img160901 (6)

◆ネクタリンドレッシング
 材料 
ネクタリン1個(モモで代用できます)
ライム汁(またはレモン)1個分
ミント  少々
黒胡椒  少々
塩    小さじ1/2
はちみつ  小さじ2
オリーブオイル大さじ1
作り方
ネクタリンは皮をむいて、小さく刻み、刻んだミント、調味料と混ぜ合わせる。作って10分ほど寝かせる。

リーフサラダにかけて、どうぞ。ネクタリンの甘みと酸味が際立って、野菜がいっぱい食べられます。


ローストビーフも作りました。
スーパーで、牛肉の赤身のステーキ肉をチョイス。1ポンド(454g)で1000円しない。安い・・・・。

そして、炭火焼きを楽しむロースターテーブルもあるなんて素敵!
img160901 (9)

私は牛肉は赤身なら食べられるので、家族も強制的に赤身のローストビーフを食べさせられます。レアに焼いて。

img160901 (8)

少し休ませたら、切り分けて、コリアンダーのソースを。詳細は、キャンプカーマガジン9月号に掲載予定です。

やはり食は「地」のものに限る!

日本に来た外人は、きっと、かつおのたたきを食べて同じ感想をもらすに違いないんだわ!

img160901 (10)


朝はキッチンにあったエスプレッソメーカーで珈琲を入れて、外で、フルーツの朝食。


タイニーハウスで過ごすポートランド。満喫しました。
タイニーハウスは手作りする人も多いらしく、1棟130万程度で作れるようです。
タイニーハウス

家を買うなら、タイニーハウスがいいなぁって、思うのですが、私はタイニーハウスを家族一人一人がもつのがいいな~。
そして、食事やおしゃべりは、焚き火をしながら集う。

これじゃ、タイニーハウス的なライフスタイルじゃないかしら?

みなさんにとって、大切なことはなんですか?
私にとっては、「自由」はとても大切なファクターです。

いつでも動ける、どこへでも行ける身軽さ。

そんな自由な空気をタイニーハウスに感じました。

◆小さくて変わったおうち!タイニーハウスのまとめ

◆小さな暮らしは豊かな暮らし





毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン



「なつめ美人」のふるさとを訪ねて。

漢方キッチンの人気商品「なつめ美人」

20150717_115728_resized.jpg


「1日7粒のなつめで、医者いらず」とも言われ、女性の美容に欠かせないなつめ。
減農薬のなつめを、特許製法で、カリカリのチップスに仕上げた、揚げないスナック菓子です。

そのふるさと、慶州の工場を訪問させていただきました。
img150730 (15)


慶州は、韓国では、高品質のナツメの産地として、知られています。

ソウルから、KTXという急行電車で、南で2時間。
南国の光が振りそそぐ街です。
img150730 (8)


こちらの会社の社長さんは、質のよいナツメを作って、それをさまざまな形で提供されています。

常に、実験を繰り返す、なつめに情熱をかける、「熱い!」方です。
img150730 (16)


70件以上の農家と、常に勉強会を開いて、質のよいナツメの育て方を教育していらっしゃいます。

img150730 (14)


工場も見学させていただきました。
ナノ単位の泡で、ナツメを洗浄し、種抜き機で、種抜き。スライス、熟成後、乾燥と、オリジナルの機械でナツメ製品を、製造していらっしゃいます。
また、機械も数時間ごとに、分解して、洗浄するという、衛生面でも、徹底した管理をされています。
(特許の製法になるため、写真をご紹介できません)



阪口も、ナツメのすばらしさを実感しています。
「私もナツメが大好きです。おいしく、食べることで、健康になるスナックとして、ナツメをぜひ、日本で広めたいです。」
とお話しました。


「ナツメの良さを、ぜひ、日本で紹介してほしい。サポートします。」
と言っていただきました。

1438254117372_resized.jpg


やはり、お会いして、お話させていただくって、信頼関係を作る上で、大事だなあと思いました。

工場訪問は、友人のサポートがあってのこと。
ソウル在住で、娘の友達のお母さん、「ママ友」である、Hさん。

1438254071712_resized.jpg


彼女が、すべてセッティング、さらに、通訳、交渉も手伝ってくれて、実現できました。
本当にありがたいなあと思います。

「愛する薬膳で仕事できること」は、もちろん、幸せ。
でも、友人にサポートしてもらって、仕事ができることは、さらに喜びです。

私の仕事にオンもオフもありません。
だからこそ、プロセスやご縁を大事にしながら、仕事がしていきたいと思います。



「なつめ美人」
今まで欠品することもあって、ご迷惑をおかけしましたが、今後、安定的に、提供できることになりそうです。

食べるほどに美しくなる、スペシャルなスナックです。
みなさまにも、愛していただけるとうれしいです。




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン


「なつめ美人」のふるさとを訪ねて。

漢方キッチンの人気商品「なつめ美人」

20150717_115728_resized.jpg


「1日7粒のなつめで、医者いらず」とも言われ、女性の美容に欠かせないなつめ。
減農薬のなつめを、特許製法で、カリカリのチップスに仕上げた、揚げないスナック菓子です。

そのふるさと、慶州の工場を訪問させていただきました。
img150730 (15)


慶州は、韓国では、高品質のナツメの産地として、知られています。

ソウルから、KTXという急行電車で、南で2時間。
南国の光が振りそそぐ街です。
img150730 (8)


こちらの会社の社長さんは、質のよいナツメを作って、それをさまざまな形で提供されています。

常に、実験を繰り返す、なつめに情熱をかける、「熱い!」方です。
img150730 (16)


70件以上の農家と、常に勉強会を開いて、質のよいナツメの育て方を教育していらっしゃいます。

img150730 (14)


工場も見学させていただきました。
ナノ単位の泡で、ナツメを洗浄し、種抜き機で、種抜き。スライス、熟成後、乾燥と、オリジナルの機械でナツメ製品を、製造していらっしゃいます。
また、機械も数時間ごとに、分解して、洗浄するという、衛生面でも、徹底した管理をされています。
(特許の製法になるため、写真をご紹介できません)



阪口も、ナツメのすばらしさを実感しています。
「私もナツメが大好きです。おいしく、食べることで、健康になるスナックとして、ナツメをぜひ、日本で広めたいです。」
とお話しました。


「ナツメの良さを、ぜひ、日本で紹介してほしい。サポートします。」
と言っていただきました。

1438254117372_resized.jpg


やはり、お会いして、お話させていただくって、信頼関係を作る上で、大事だなあと思いました。

工場訪問は、友人のサポートがあってのこと。
ソウル在住で、娘の友達のお母さん、「ママ友」である、Hさん。

1438254071712_resized.jpg


彼女が、すべてセッティング、さらに、通訳、交渉も手伝ってくれて、実現できました。
本当にありがたいなあと思います。

「愛する薬膳で仕事できること」は、もちろん、幸せ。
でも、友人にサポートしてもらって、仕事ができることは、さらに喜びです。

私の仕事にオンもオフもありません。
だからこそ、プロセスやご縁を大事にしながら、仕事がしていきたいと思います。



「なつめ美人」
今まで欠品することもあって、ご迷惑をおかけしましたが、今後、安定的に、提供できることになりそうです。

食べるほどに美しくなる、スペシャルなスナックです。
みなさまにも、愛していただけるとうれしいです。




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン


「なつめ美人」のふるさとを訪ねて。

漢方キッチンの人気商品「なつめ美人」

20150717_115728_resized.jpg


「1日7粒のなつめで、医者いらず」とも言われ、女性の美容に欠かせないなつめ。
減農薬のなつめを、特許製法で、カリカリのチップスに仕上げた、揚げないスナック菓子です。

そのふるさと、慶州の工場を訪問させていただきました。
img150730 (15)


慶州は、韓国では、高品質のナツメの産地として、知られています。

ソウルから、KTXという急行電車で、南で2時間。
南国の光が振りそそぐ街です。
img150730 (8)


こちらの会社の社長さんは、質のよいナツメを作って、それをさまざまな形で提供されています。

常に、実験を繰り返す、なつめに情熱をかける、「熱い!」方です。
img150730 (16)


70件以上の農家と、常に勉強会を開いて、質のよいナツメの育て方を教育していらっしゃいます。

img150730 (14)


工場も見学させていただきました。
ナノ単位の泡で、ナツメを洗浄し、種抜き機で、種抜き。スライス、熟成後、乾燥と、オリジナルの機械でナツメ製品を、製造していらっしゃいます。
また、機械も数時間ごとに、分解して、洗浄するという、衛生面でも、徹底した管理をされています。
(特許の製法になるため、写真をご紹介できません)



阪口も、ナツメのすばらしさを実感しています。
「私もナツメが大好きです。おいしく、食べることで、健康になるスナックとして、ナツメをぜひ、日本で広めたいです。」
とお話しました。


「ナツメの良さを、ぜひ、日本で紹介してほしい。サポートします。」
と言っていただきました。

1438254117372_resized.jpg


やはり、お会いして、お話させていただくって、信頼関係を作る上で、大事だなあと思いました。

工場訪問は、友人のサポートがあってのこと。
ソウル在住で、娘の友達のお母さん、「ママ友」である、Hさん。

1438254071712_resized.jpg


彼女が、すべてセッティング、さらに、通訳、交渉も手伝ってくれて、実現できました。
本当にありがたいなあと思います。

「愛する薬膳で仕事できること」は、もちろん、幸せ。
でも、友人にサポートしてもらって、仕事ができることは、さらに喜びです。

私の仕事にオンもオフもありません。
だからこそ、プロセスやご縁を大事にしながら、仕事がしていきたいと思います。



「なつめ美人」
今まで欠品することもあって、ご迷惑をおかけしましたが、今後、安定的に、提供できることになりそうです。

食べるほどに美しくなる、スペシャルなスナックです。
みなさまにも、愛していただけるとうれしいです。




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン


「なつめ美人」のふるさとを訪ねて。

漢方キッチンの人気商品「なつめ美人」

20150717_115728_resized.jpg


「1日7粒のなつめで、医者いらず」とも言われ、女性の美容に欠かせないなつめ。
減農薬のなつめを、特許製法で、カリカリのチップスに仕上げた、揚げないスナック菓子です。

そのふるさと、慶州の工場を訪問させていただきました。
img150730 (15)


慶州は、韓国では、高品質のナツメの産地として、知られています。

ソウルから、KTXという急行電車で、南で2時間。
南国の光が振りそそぐ街です。
img150730 (8)


こちらの会社の社長さんは、質のよいナツメを作って、それをさまざまな形で提供されています。

常に、実験を繰り返す、なつめに情熱をかける、「熱い!」方です。
img150730 (16)


70件以上の農家と、常に勉強会を開いて、質のよいナツメの育て方を教育していらっしゃいます。

img150730 (14)


工場も見学させていただきました。
ナノ単位の泡で、ナツメを洗浄し、種抜き機で、種抜き。スライス、熟成後、乾燥と、オリジナルの機械でナツメ製品を、製造していらっしゃいます。
また、機械も数時間ごとに、分解して、洗浄するという、衛生面でも、徹底した管理をされています。
(特許の製法になるため、写真をご紹介できません)



阪口も、ナツメのすばらしさを実感しています。
「私もナツメが大好きです。おいしく、食べることで、健康になるスナックとして、ナツメをぜひ、日本で広めたいです。」
とお話しました。


「ナツメの良さを、ぜひ、日本で紹介してほしい。サポートします。」
と言っていただきました。

1438254117372_resized.jpg


やはり、お会いして、お話させていただくって、信頼関係を作る上で、大事だなあと思いました。

工場訪問は、友人のサポートがあってのこと。
ソウル在住で、娘の友達のお母さん、「ママ友」である、Hさん。

1438254071712_resized.jpg


彼女が、すべてセッティング、さらに、通訳、交渉も手伝ってくれて、実現できました。
本当にありがたいなあと思います。

「愛する薬膳で仕事できること」は、もちろん、幸せ。
でも、友人にサポートしてもらって、仕事ができることは、さらに喜びです。

私の仕事にオンもオフもありません。
だからこそ、プロセスやご縁を大事にしながら、仕事がしていきたいと思います。



「なつめ美人」
今まで欠品することもあって、ご迷惑をおかけしましたが、今後、安定的に、提供できることになりそうです。

食べるほどに美しくなる、スペシャルなスナックです。
みなさまにも、愛していただけるとうれしいです。




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン


下仁田の桑畑に行きました~薬膳料理家の旅~

旅する薬膳料理家 阪口すみです。

先日、下仁田の農家さんに、よんでいただいて、キャンピングカーを運転して、行ってまいりました。
もちろん、薬膳のお仕事なんですが、プライベートと仕事の境目が限りなくゆるいのが、私の仕事の特徴です。

今回のテーマは「桑」
2015-06-06 027


よんでくださったのは、神戸隆介さん。

2015-06-06 015


こんにゃくの卸業の老舗。「神戸万吉商店」の3代目さんで、爽やかさと、知性を備えた素敵な方です。

2015-06-06 029

「桑の葉を食べる文化を創りたいんです。」って彼は言います。
そして、「お蚕のエサ」というイメージの強い桑を、野菜として、食べてもらうべく、有機栽培の桑を育てていらっしゃいます。

私も、桑が大好き!桑の葉の若芽を料理に使ったり、キャンプで見つけた桑の実を摘んでジャムにしたりと、旅先で手に入れた桑で楽しんでいます。
こちらが去年の桑の実摘み、野生の桑を摘みました⇒「桑の実で薬膳のジャムを」

そして、今回は、神戸さんの桑の畑で「有機の桑の実摘み放題!!」という贅沢を味合わせていただきました~。
桑の実は、6月~7月の限られら時期に実ります。私が訪れたときは、桑がちょうど、完熟!桑が私を待っていてくれたんですね!
2015-06-06 026


野生に実る桑の実と違って、大きくて、とっても甘い。

娘の大好物でもあるので、口の周りを紫色にしながら、袋いっぱいに摘ませていただきした。
2015-06-06 017b


薬膳の世界では、桑は、霊力のある木って言われていて、すべての部位を漢方薬として、よく使うんです。

葉は「桑葉(そうよう)」 
インスリン分泌を促進させ、血糖降下作用や血圧降下作用などがあります。
糖尿病などの内分泌系疾患や高血圧など循環器系疾患の予防に期待できます。

桑の根の皮は「桑白皮」(そうはくひ)」
消炎、利尿、鎮咳、去痰効果があり、ぜんそくや気管支炎など肺の症状に有効です。

また、果実は「桑椹」(そうじん)
滋養強壮効果があり、アンチエイジング効果の高い食材です。そして、眼の病気にすばらしい効果を発揮します。

20150608_172904b.jpg


今回、阪口は、薬膳のプロということで、お声をかけていただきました。
桑の葉を野菜として食べるって、素敵だと私は思います。
何か、お手伝いできることがあるといいなと思案中です。

そうそう、2キロいただいた桑の実は、家に帰って、軽く火を通したものを、密閉袋につめて冷凍しました。

2015-06-10 003


毎日の朝のスムージーに活躍しそうです!




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン




下仁田の桑畑に行きました~薬膳料理家の旅~

旅する薬膳料理家 阪口すみです。

先日、下仁田の農家さんに、よんでいただいて、キャンピングカーを運転して、行ってまいりました。
もちろん、薬膳のお仕事なんですが、プライベートと仕事の境目が限りなくゆるいのが、私の仕事の特徴です。

今回のテーマは「桑」
2015-06-06 027


よんでくださったのは、神戸隆介さん。

2015-06-06 015


こんにゃくの卸業の老舗。「神戸万吉商店」の3代目さんで、爽やかさと、知性を備えた素敵な方です。

2015-06-06 029

「桑の葉を食べる文化を創りたいんです。」って彼は言います。
そして、「お蚕のエサ」というイメージの強い桑を、野菜として、食べてもらうべく、有機栽培の桑を育てていらっしゃいます。

私も、桑が大好き!桑の葉の若芽を料理に使ったり、キャンプで見つけた桑の実を摘んでジャムにしたりと、旅先で手に入れた桑で楽しんでいます。
こちらが去年の桑の実摘み、野生の桑を摘みました⇒「桑の実で薬膳のジャムを」

そして、今回は、神戸さんの桑の畑で「有機の桑の実摘み放題!!」という贅沢を味合わせていただきました~。
桑の実は、6月~7月の限られら時期に実ります。私が訪れたときは、桑がちょうど、完熟!桑が私を待っていてくれたんですね!
2015-06-06 026


野生に実る桑の実と違って、大きくて、とっても甘い。

娘の大好物でもあるので、口の周りを紫色にしながら、袋いっぱいに摘ませていただきした。
2015-06-06 017b


薬膳の世界では、桑は、霊力のある木って言われていて、すべての部位を漢方薬として、よく使うんです。

葉は「桑葉(そうよう)」 
インスリン分泌を促進させ、血糖降下作用や血圧降下作用などがあります。
糖尿病などの内分泌系疾患や高血圧など循環器系疾患の予防に期待できます。

桑の根の皮は「桑白皮」(そうはくひ)」
消炎、利尿、鎮咳、去痰効果があり、ぜんそくや気管支炎など肺の症状に有効です。

また、果実は「桑椹」(そうじん)
滋養強壮効果があり、アンチエイジング効果の高い食材です。そして、眼の病気にすばらしい効果を発揮します。

20150608_172904b.jpg


今回、阪口は、薬膳のプロということで、お声をかけていただきました。
桑の葉を野菜として食べるって、素敵だと私は思います。
何か、お手伝いできることがあるといいなと思案中です。

そうそう、2キロいただいた桑の実は、家に帰って、軽く火を通したものを、密閉袋につめて冷凍しました。

2015-06-10 003


毎日の朝のスムージーに活躍しそうです!




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン




薬膳料理家の旅~アメリカ  Nature Travel~⑬

さらに、ラッキーなことに・・・

雪に閉ざされていた「タイオガロード」が開通したとの、電光表示を発見しました。
あきらめていたヨセミテ公園に行けそうです。

20140430_112426.jpg

道路上の雪は、きれいに除雪されています。

20140430_113118.jpg

でもあちこちに雪の壁が残っています。

20140430_154828.jpg

ヨセミテ国立公園に到着しました。
Curry Villageで宿が空いているかどうかを訊ねてみると、テントでよければ空いているとのことです。

テントで充分!!
泊まれるなんて、想定外なんだもの。

20140430_162302.jpg

なかなか素敵でしょ。
ココは、熊の生態系を守るために食品の持込や自炊を一切禁止しています。
持って来た食品は外の鉄の保管庫に入れて施錠する決まり。
ルール違反は、500ドル!?の罰金です。
徹底してます。

DSC_0144.jpg

中は、ちゃんとヒーターがあって、快適です。
熊が出ると知って、怖がりの娘が必死で、匂いのするものを探しはじめました。
「父ちゃん、父ちゃんの肌に塗ってる紫雲膏(しうんこう=漢方の塗り薬、ごま油の匂いがする)。熊に狙われるから、絶対、金庫にいれなくちゃ」と、夫から軟膏の入った袋を取り上げています。

熊がすきなのって、ごま油じゃなくて、はちみつの間違いじゃないの・・・・?

20140430_154804.jpg

散歩すると、きれいな空気がカラダの中をサラサラ流れていくみたい。

DSC_0145.jpg

水鏡に映るヨセミテの山たち。

20140430_204008.jpg

夕食は、カレービレッジのレストランで。
山小屋風で、とても温かい雰囲気です。学生風の人から、年配の夫婦まで、あらゆる年齢層の人たちがいて、みんな楽しそうにしています。
さらにFREE WIFIのカフェも。

20140430_203956.jpg

スープとサラダ、迷った末、Lサイズのピザに。
運ばれてきたのを見て、やっぱりMにすればよかった・・・・って後悔。
ホスピタリティを感じる味でした。

シャワーを浴びて、早めにベッドへ。

むすめは、まだしつこく訴えています。
「父ちゃん、紫雲膏、熊に教われないかな??」

毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン