カテゴリー別アーカイブ:

阪口珠未と行く美と健康・グルメの旅~北京編7

 翌日は、故宮と天安門の観光に。
img111105 (18).jpg
とにかく広い。。。。
故宮までは、この広場を横切ってひたすら歩きます。
img111105 (17).jpg
観光地とあって、国の内外からいろいろなお客さんが。
こちらは韓国の修学旅行生。
img111105 (22).jpg
中国の少数民族のひとたち。
img111105 (26)_copy.jpg
わたしたちも記念撮影。
img111105 (31).jpg
天安門の女性トイレ
すごいひとでしょう~。
実は防犯のためにドアに鍵がないんです。
押さえてないと、あけられちゃう。。。。
img111105 (36).jpg
故宮です。
ラストエンペラーの映画そのままの迫力。
img111105 (40).jpg
屋根の飾りがかわいいです。
さて昼食とお買い物をかねて前門へ
img111105 (41).jpg
昼食は、前門の焼売の店。
都一拠(といっしょ)へ
img111105 (43).jpg
ここは皇帝が故宮を抜け出して食べたといわれるお店で、さまざまな種類の焼売が有名です。
img111105 (44).jpg
1階は、少人数のお客さんでも入れる気軽なスペースです。
私たちは2階のひろい席へ。
img111105 (55).jpg
img111105 (53).jpg
img111105 (54).jpg
肉、野菜、つけものなどの焼売。
どれもおいしくいただきました。
このあとは、二つの班に分かれて、前門でお買いものするチームと、頤和園で観光チーム。
私は前門の方へ。
同仁堂の漢方薬、張一元のジャスミン茶など行きたいお店がいっぱいあるので。
img111105 (57).jpg
ここは、布靴で有名なお店。
夫と娘に靴を買いました
img111105 (58).jpg
店の中のスペースを利用して、布靴アーチストたちが、買った靴に好みの絵を描いてくれます。
私は夫の靴に京劇のイラストを施してもらいました。
img111105 (59).jpg
京劇のクマドリ風。
すてきでしょう。
こんなコラボがいろいろあるんですね~。うれしくなりました。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

阪口珠未と行く美と健康・グルメの旅~北京編6

 さて、この後は、万里の長城へ。
20111104(193).jpg
最初は寒くて、みなさん、ダウンを着て歩き始めましたが、そのうち汗ばむぐらいでした。
img111104 (89).jpg
それぞれ、ひとりでご参加でしたが、旅先で意気投合されたお二人。
img111104 (88).jpg
本当に素敵なご夫婦。万里の長城のきつい坂を、お二人でゆったりと登っていらっしゃいました。
img111104 (95).jpg
久しぶりの万里の長城は、すがすがしかった。
みなさんの感想は、
「朝のハイキングに来たい~。そしたら、絶対最高ですね!」
ほんと、そう思いました。朝の瞑想にぴったりです。
さて、この日、夕食の後は、北京音楽学院に留学中の、二胡奏者の春恵(チュネ)さんと会いました。
img111104 (114).jpg
待ち合わせは、三里屯にある薬草喫茶店「草本工坊」で。
img111104 (118).jpg
漢方茶をいただきました。
こういう店があるのが、私には、たまらなくうれしい。
img111104 (119).jpg
彼女は、すごいがんばりやさん。前日韓国でのコンテストに参加して帰国したばかり。
最優秀賞を獲得したそうです(*^ー^)//”” パチパチ
かつての私と同じく中国政府交換留学生。お互い共通する話題も多くて、あっというまに時間がたちました。
彼女のサイトものぞいてみてくださいね。
【春恵】 http://chune-erhu.net/
はっと気づくと、すでに23時。
タクシー拾えるかしら?
不安に思いながら表に出ると、すでに大渋滞。30分かかってもタクシーは拾えず。。。。
白タクと交渉して、なんとかホテルにたどり着きました。
ちょっとドキドキでしたが、楽しかったです~。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

阪口珠未と行く美と健康・グルメの旅~北京編5

 薬用植物園は、かつては、非公開でした。
今は、誰でも入れるようになりました。わたしも以前から来たかった場所なので、楽しみです。
20111104(166).jpg
広大な敷地の中を歩いて回ります。 
とても1日では見れそうにありません。
めぼしいところを中心に、まわりましょう。
20111104(148).jpg
薬草の解説中
img111104 (39).jpg
日本では、あまり見かけない薬草も。
20111104(167).jpg
こちらは、尹(いん)さん
私と同じく、北京中医薬大学の出身です。
さすが、こちらの所員をされているだけあって、知識が豊富。
あふれるように薬草についての説明が出てきます。
img111104 (52).jpg
麻黄という漢方。風邪薬に使われます。
img111104 (53).jpg
ガイドの焦さんもスケッチブックを持って、活躍
解説を加えるたびに、漢字を書きこんでくれます。
img111104 (76)_copy.jpg
本草綱目という、中国古典の著者「李時珍(りじちん)」の像の前にて、記念撮影。
まだまだ、見るところはいっぱいですが、そろそろお昼の時間。
昼食会場へ向かいましょう。
20111104(184).jpg
「中衛御苑福膳」
薬草園の中の、レストランです。
外観はぱっとしません。
でも、ここのお食事は、特徴があることで、有名なのです。
img111104 (78)_copy.jpg
ここの料理は撮影禁止です。
「写真撮影は禁止です」という、ウェイトレスの声を聞く前に、唯一撮れた一枚。
ご覧のように、フレッシュな薬草を使っているのです。
さすが薬草園付属のレストラン。
採れたての薬草をフレッシュハーブのような感覚で料理してあります。
ここは素晴らしかったです~。来てよかったです。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

阪口珠未と行く美と健康・グルメの旅~北京編4

2日目は、早朝太極拳レッスンではじまりました。
6時半、まだ薄暗い中、先生を招いて、教わりました。
20111104(125).jpg
初めての方も多かったけれど、みなさん、最後には、動きがそれらしくなりました。
20111104(131).jpg
先生と一緒に記念撮影。
60歳には見えませんね。太極拳の効用でしょうか?
体を動かしたらおなかがすきました。
朝食へ。
ここの朝食は、メニューが豊富で、うれしい。
特においしかったのは、北京名物「ワンタン」
img111104 (5).jpg
その場でゆでてくれます。
でも、このコックのあんちゃんが、新入りなのか、とにかく手際が悪い。
3人待ってると、パニックをおこして、アタフタ。
見ててイライラして、
「私がやるから、貸して!」といいそうに。。。。
日本人の印象が悪くなるといけない。やめとこう。
img111104 (6).jpg
豆腐花(ドウフファ)
ゆるめの豆腐に、餡をかけていただきます。
img111104 (7).jpg
これは緑豆スープ
フツーにこういうものが並んでいるのが、中国らしい。
解毒系のスープです。
img111104 (10).jpg
朝食も終わったところで、今日の旅に出発です。
20111104(134).jpg
かつては、自転車だらけだった北京の朝も、今は自動車がほとんど。
今日も、渋滞です。
img111104 (13).jpg
到着しました。
三里屯市場です。
比較的きれな市場で、野菜、果物、肉などいろいろなものが売っています。
img111104 (14).jpg
豚肉屋さん
部位別に売っています。日本みたいに「薄切り肉」とかないですね~。
img111104 (18).jpg
棗屋さん
質のいい棗を売っていました。
試食後、たっぷり買いました。
img111104 (21).jpg
お買いもの楽しみましたか?
大収穫みたいですね!
20111104(141).jpg
オリンピックの会場の前を通り過ぎ、
img111104 (24).jpg
銀杏並木を楽しんで、着きました。
img111104 (26).jpg
中国医学科学院の「薬用植物研究所」
広大な敷地に、さまざまな薬草が栽培されています。
では、さっそく中へ。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

阪口珠未と行く美と健康・グルメの旅~北京編3

 ホテルに到着しました。
img111103(35).jpg
工大建国飯店です
北京工大の前にあります。
明日のスケジュールの確認をして、それぞれのお部屋へ。
掃除の行き届いたきれいなお部屋でした。
お風呂に入って、外をのぞくと、小さな裸でんきゅうの店がチラホラ。
「なんの店かしら?」
好奇心がムズムズして、お散歩に行きました。
img111103 (33).jpg
「你売什麼?」(何売ってるの?)
と訊くと
「果子」(種だよ)
いろいろな種類のナッツが売っています。
ナッツの専門屋台でした。
あれ、これとたくさん味見をして、最後に買ったのは、殻付きの松の実。
その場で炒ってもらいました。
img111103 (34).jpg
北京はナッツが美味しいのです
でも、これは絶品!!本当に松の香りがするのですよ~。
「給我半斤」(250gちょうだい)
八元(130円)ぐらい。
一人の夜の散歩だって、何に出会えるかわからない。
楽しいひと時でした。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

阪口珠未と行く美と健康・グルメの旅~北京編2

さて、眉州東城楼でのお食事。
img111103 (13).jpg
前菜が数種類 
たけのこの塩和え
img111103 (14).jpg
あひるのレバースパイス煮込み
これは、私の好きな料理のひとつ。北京ではよく出てくる前菜。
「塩水鴨肝」
という名前で、おいしい店のは、スパイスが程よく効いていて、お酒のあてにもってこいなのです。
img111103 (17).jpg
これは、香椿(しゃんちゅん)
香りがとても良い山菜で、日本にはありません。
これも、北京らしい料理。
img111103 (15).jpg
豚耳の酢味噌あえ
img111103 (19).jpg
鶏肉とカシューナッツの辛味炒め
四川料理の定番です。
img111103 (18).jpg
豆苗の炒め
えんどう豆のスプラウト
四川料理に出てくる豆苗は、太くて、豆の香りが力強くておいしいです。
img111103 (21).jpg
圧し豆腐の炒め
中国の豆腐は縄で縛って持って帰れるくらいだから、水切りすると、しっかりした歯ごたえで、お肉のよう。
img111103 (16).jpg
東坡肉(トンポーロー)
もともとは、杭州料理。詩人の蘇東坡(ソトウバ)が作ったといわれています。
下に敷いてあるのは、雪菜と言われるお漬物。
豚肉をあっさりと食べられる工夫です。
img111103 (20).jpg
魚香肉絲(ユーシアンロースー)
海のない四川の人が想像した、“魚の味”
酸味・辛味・塩味・甘味という4つの味を使うのが約束です。
img111103 (23).jpg
中華風ひき肉入り茶碗蒸し
中国風になると、茶碗蒸しにもお肉がはいります。。。。
img111103 (22).jpg
日本豆腐のマーボー豆腐
中国の豆腐は固いので、柔らかい絹ごしを、「日本豆腐」といいます。
img111103 (24).jpg
海鮮おこげ
これは、意外なあじつけ。甘酸っぱいのです。
後をひいて、ついつい、おかわりしちゃいました。
img111103 (25).jpg
みなさん、堪能されましたか~。
img111103 (31).jpg
デザート
真ん中の茶色っぽいものは、フレッシュの棗
この時期は「冬棗(どんざお)」と言って、皮がうすく、おいしい棗がとれます。
姫リンゴみたいで、とってもさわやか。
買ってかえりたい!
北京人に人気の店とあって、勢いのある、ちょっと下町風の味でした。
ごちそうさまでした。
明日も朝が早いです。
ホテルに向かいましょう。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

キャンプ場からメリークリスマス

今年のクリスマスは、修善寺の「持越くらぶ」というキャンプ場ですごしました。
キャンプ場の前には川が流れていて、冬枯れの風景が、風情があります。
img111224 (24).jpg
 キャンプ場の中に、温泉があるということだったので、楽しみにしていたのですが、温泉のポンプが壊れているそうで、残念ながら沸かし湯でした。
キャンプ場の方が、サイトに来て、 「4時から6時までの入浴でお願いします」
早めの入浴です。
img111224 (30).jpg
すてき。。。。ゆず湯でした。
お風呂から出たら、五時半。
img111224 (32).jpg
キャンピングカーに戻ると、キャンピングカーの前に、クリスマスツリーの小さなイルミネーション。
娘と夫で飾ったみたいです。
img111223 (2).jpg
保育園で作ってきたリースやカードが、クリスマスツリーにいっぱい。
家では、忙しくてクリスマスのグッズを手作りをする時間がないので、保育園でやらせてくれるのはありがたいです。
img111224 (36).jpg
夕食は、ピラフに、北寄貝とねぎの落花生ソース、ミネステローネ、チキンレッグのりんご醤油ダレ焼き
img111224 (33).jpg
今夜は寒いので、キャンピングカーの中で、お食事します。
メリークリスマス。
みなさんも良いクリスマスを!!
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

阪口珠未と行く美と健康・グルメの旅~北京編1

 この11月に、朝日旅行さんの募集で、3泊4日のツアーを開催しました。
 「阪口珠未といく秋の北京 美と健康グルメの旅」
朝日サンツアーズの旅行は、少人数制で、丁寧な添乗に定評があります。今回は、新聞や朝日観光さんの定期雑誌で募集してくれました。
北京は私の大学生活を送った場所。久しぶりの訪中にワクワク。そして、新しい方との出会いがあると思うとドキドキ。
 
img111103 (2).jpg
 朝日サンツアーズのMさんに添乗していただいて、北京へ。
img111103 (3).jpg
ツアーの予定打ち合わせます。
img111103 (4).jpg
今回の中国東方航空
img111103 (5).jpg
北京までは4時間ちょっと、現地に7時過ぎに到着予定です。
行ってきま~す
飛行機の中では、中国料理家のパンウェイさんと隣あわせになりました・
彼女は北京の方で、薬膳も教えていらっしゃいます。北京までの4時間、北京の話題と、食養生の話で、大いに盛り上がり、気がつくとあっという間のフライトでした。
img111103 (7).jpg
北京の新空港に到着。
世界一の規模を誇るそうです。
中国人は、世界一が大好き。 でも広すぎて、なかなか出国ゲートまでたどりつけない。。。。。
img111103 (9).jpg
やっと出られました。
夕食に急ぎます。
img111103 (11).jpg
北京市内は大渋滞。
レストランにたどり着いたら8時前でした。
今日の夕食は北京っ子に人気の四川料理レストラン
「眉州東城楼」
img111103 (12).jpg
店内は夕食を楽しむ北京人でいっぱい。彼らの声でかき消されて、会話ができないぐらい。
では、個室へまいりましょう。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

キャンピングカーで富士へおでかけ3

 キャンプピング富士の朝。
気持ちがよいのです。
img111127 (1).jpg
午前中の太陽の中を通り抜けていく、飛行機。
img111127 (2).jpg
雪をいただいた富士山が見えます。
娘とフリスピーをしていたら、
「おばちゃんのとこ行ってくる!」と言って、行ってしまいました。
本当に居心地がいいキャンプ場で、ずっといたくなってしまう。
img111127 (4-2).jpg
キャンプイン富士のご主人、奥様、そして、旅館の切り盛りをお手伝いされている娘さんと一緒に。
ゆったりとした時間を、ありがとうございました。もっと泊まりたかったです~。
img111127 (6).jpg
「近くでおいしいお店を教えてください」
とお願いして、教えてもらったおそばやさん。
富士の湧水でそばを打っているとか。。。。。
ん~、おいしそう~。
img111127 (8).jpg
てんぷらソバを注文しました。
そばは、細めでさわやかなのどごし、
あっという間に食べちゃいました。
東京から2時間。
水もきれいで、富士山も楽しめて。お食事もばっちり。
うれしいな。
こうやって旅をするたびに好きな場所が増えいきます
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

キャンピングカーで富士へおでかけ2

今日お世話になるのは、「キャンプイン富士」。
先日、私が北京出張だったときに、娘と夫が二人できたことがありました。
このたびは娘の強いリクエスト
「キャンプイン富士のおじちゃんとおばちゃんに会いたいの。」
に、応えての再訪。
img111126 (36).jpg
ここのご主人は、アメリカ留学経験がおありで、アメリカのアウトドア文化が、キャンプ場のあちこちに感じられます。
おもてにあるトーテムポールなども、ご主人のチェーンソーアート作品。
img111126 (31).jpg
日本のキャンプ場って、「好きにやっていいよ。」的なところも多いのですが、このキャンプ場は、旅館じゃないのに、旅館にとまってるみたいなホスピタリティを感じます。
訊いてみると、となりで、旅館もされているとのこと。なるほど~。
img111126 (38).jpg
近くにある木立も、高原の空気の中で、すがすがしい輝きがあります。
img111126 (32).jpg
早速設営を始めました。
私は夕食の支度。
img111126 (33).jpg
いちやまマートで買った聖護院大根。
img111126 (34).jpg
聖護院大根は大好き。
肉質が緻密でとろけるようです。煮物にするとおいしさを発揮します。
img111126 (9).jpg
「おでん」、といっても和風ポトフのようなのを作りました。
甲州地鶏、ねりもの、たっぷりの聖護院大根を出汁で煮ます。
img111126 (4).jpg
車の外では、娘と夫がカラマツの薪で火をおこし始めています。
img111126 (53).jpg
ろうそくに火をともしました。
生徒のSさんがキャンピングカーで使ってください。ってくれたスイスのおみやげ。
ここのキャンプ場によくあいます。
img111126 (62).jpg
軽いアルコールと、前菜、それから聖護院大根の皮で作った即席漬け。
img111126 (10).jpg
外はすでにかなり気温が下がっています。
寒い日に、たき火をしながら、暖かい食事をいただくのって、本当においしいんですよね。
陰が陽を際立たせるっていうのかしら。
大みそかに神社でいただく甘酒もおいしいよね。
img111126 (14).jpg
薪の火の入り方がいい感じ。
火を見ていると瞑想状態になりそうです。
以前、豆屋さんから聞いたのですが、豆の煮物は薪火で煮るのが一番おいしいんだそう。
皮がそれは柔らかくなって、ふっくらしっとり仕上がるそうです。
ガス火だと、皮が固くなってしまうので、そのお豆屋さんは、薪火で焚いた豆だけを売ってました。
火の扱いは奥が深いですね。
img111126 (55).jpg
ひととおりいただいたところで、最後にうどんにします
このへんは「吉田うどん」という太めの麺が有名です。
このうどん、名前がラブリー。
食べたら「愛にまみれちゃうんだ」
img111126 (11).jpg
おうどんもいただいて、あ~おなかいっぱい。しあわせ。
後は、暖かい車の中で、DVDを見る、軟弱キャンパーの我が家です。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com