カテゴリー別アーカイブ:

キャンピングカーで富士へおでかけ1

 週末にキャンピングカーで、旅行にでかけました。
今回訪れたのは、富士吉田。
お天気にも恵まれて、いい旅になりそうです。今回は、どんな食材に会えるかな~。
img111126 (15).jpg
富士山が見えてきました。
img111126 (16).jpg
河口湖で降りて、まず、食料を調達します。
img111126 (23).jpg
いくつかスーパーの前を通って、一目で気に入ったスーパー。
「イチヤマまーと」
ここのキャッチが、いいですよね。
「健康な食生活が幸せをもたらす」
うん、そうそう。とうなずきながら店内へ。
入ってみて正解。品ぞろえが素晴らしい!
フグ包丁師がいるらしく、フグの刺身がおいてあります。有機野菜も豊富。

そして

肉コーナーで、すごいの発見!!
img111126 (28).jpg
なんとアイズバイン(豚の骨つきすね肉)
都内でもほとんどみかけないし、入手するときは1週間前に、肉の卸をやってる店に注文です。
img111126 (29).jpg
思わず、彼と(?)記念撮影。
そして、とりあえず、衝動買い。。。。
img111126 (24).jpg
甲州地鶏も売ってる。これも衝動買い。何しようか。
いいや、美味しいお肉を買っておけば、何を作ってもおいしいのだわ
今夜は寒くなるとのことだったので、おでんをすることに。
おでん材料以外の大量の衝動買いを手にお店をでました。
img111126 (22).jpg
あ~。ここの富士山もきれい。
いい買い物をすると気分がいい。
キャンプ場へ向かいましょう!
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

上海旅行~美と健康グルメの旅9

 最後の昼食は上海の中心と呼ばれたクラッシックホテル「国際飯店」に行きます。
img11.1.16 (41).jpg
今回の旅のメインの一つ。
img11.1.16 (7).jpg
このホテルのレストランの名物薬膳スープ「糝」というものです。
今は他に出している店はなく、国際飯店でも予約だけに対応しているそうです。
img11.1.16 (19).jpg
名前の由来は、乾隆帝が江南へ途中、このスープを飲んで大いに気に入って、地元の人にスープの名前を聞いたところ、特にスープに名前はなかったので、応えれませんでした。みなが口々に「なに(什)?」「なに(什)?」というのを聞いて、什と同じ発音である糝(SHEN)という字をスープに与えたということです。
コース料理の最後で出してもらうことになりました。
コースは
前菜3品
エビの炒め物
牛肉と唐辛子の炒め
国際飯店名物上海ダック
青菜炒め
魚煎り焼き
エビと豆腐の炒め
そして、糝です。
つぎつぎお料理が出てきます。
img11.1.16 (8).jpg
img11.1.16 (11).jpg
img11.1.16 (10).jpg
img11.1.16 (12).jpg
img11.1.16 (17).jpg
img11.1.16 (13).jpg
こちらが糝!!
img11.1.16 (14).jpg
ベースに穀物の粉が入っているらしくトロっとしています。
ハト麦も入ってますね。
全部で10数種類の薬草を使っているそうです。
中の生薬を尋ねたところ、
「桂皮・ざくろ・豆冦(とうこう)・沙参」と書き、それ以上は教えられない。と言われました。
唾液の分泌を促進して、全身潤すおかゆの一種とのこと。
お味は、薬草と味とスパイスの入り混じった複雑な味で、体が温まります。現地に来なければ、知ることのできない味、とても感激でした。
さて、旅はここで終わり。
これから飛行場へ向かいます。
普通の観光旅行とは違う、薬膳をテーマにした旅。とても充実した3日間でした。
ガイドの施さんが何度もバスの中で言ってました。
「みなさんの旅行、個人旅行だよ。団体旅行で行くところじゃないよ。ぼくたちも案内大変。」
最初2人だったガイドがだんだん増えて最終日には4人になってました。
ガイドさん泣かせかもしれないけど、おかげで楽しい旅行になりました。
img11.1.16 (23).jpg
最後にチャイニーズドラゴンの担当者Mさんとパチリ。
お疲れさま。
また、ぜひ近いうちにご一緒しましょう!!
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

上海旅行~美と健康グルメの旅8

 3日目の朝、少し早起きをして、。黄浦江沿いを散歩しました。
img11.1.16 (29).jpg
私たちが泊まったホテルは浦東地区という、今、開発中の場所です。ちょうど川をはさんで向こう側が外灘です。
img11.1.16 (28).jpg
 中国の茫洋とした空の色が私は、とても好きです。
img11.1.16 (30).jpg
今日の朝食は屋台です。
上海っこの人気の店、焼き小龍包の店へ。毎朝、行列ができているとか。楽しみです~。
お店は狭い路地の中にあります。バスからと降りて、生活道路を歩くと、小さなお店がいっぱい。
こちらは、魚屋さん。
着きました!
img11.1.16 (32).jpg
シャオヤン焼き小龍包です。
もちろん、ここも予約できません。
ガイドの施さんが、いいます。
「いっぱいだったら、交代で入りますね。」
入口から焼き小龍包を作る様子が見えます
img11.1.16 (35).jpg
すごい勢いで、餡を包んでいく様子。
img11.1.16 (34).jpg
大きな鉄鍋に小龍包を並べて、焼いてきます。
おいしそ~。
img11.1.16 (33).jpg
私たちが行くと、前のお客さんが帰るタイミングに重なり、うまい具合に全員がすぐに座れました。
img11.1.16 (47).jpg
かりっと焼いた皮の中から、ジューシーなスープが流れ出ます。
img11.1.16 (36).jpg
地元の人たちは5個、10個と食べてましたが、私たちは2戸で十分。
img11.1.16 (37).jpg
お食事の後は、お買いもの。「田子坊」とい細い路地に、デザイナーのお店がひしめきあうように並んでいます。
上の方に見えるピンクのおズボンは、洗濯物。
中国では、ベランダのないおうちが多いので、洗濯物は、縦に竿を突き出して干します。
上海でもよくみられる風景なのですが、上海万博の間は、町の景観を損ねるとの理由で、外に洗濯物を干すことが禁止になったとか。
どこに干してたんでしょうか??
img11.1.16 (38).jpg
上海でも日本食は流行中。
特に北海道の食材は人気が高いのです。
img11.1.16 (39).jpg
私もお買いもの。薬草狩りをしてる女の子のTシャツを買いました~。うれしい~。
img11.1.16 (40).jpg
立ち寄った1件のオカリナショップ。
手書きの絵が施されたオカリナが並んでいます。
オーナーは、アーチストでもあるようで、お店の奥には小さなステージがあります。
私たちが見ていると、曲を奏でてくれました。
一陣の風がどことからともなく吹いてきたような感覚。オカリナって素敵な音ですね。
しばし、時間を忘れて、聞き入りました。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

上海旅行~美と健康グルメの旅7

 マッサージを終えたら、とてもすっきり。
足裏をしっかり揉んでもらったら、消化が良くなって、なんだか、おなかが空きました。
 
さて、今日の夕食は、薬膳料理。
薬膳料理の名店といわれる、「百草伝奇」へ
ところが、本店が改装中とのことで、今回は、支店の方へ行きました。
img11.1.15 (61).jpg
お店全体がガラス張りになっていて、おしゃれな雰囲気。
と思いきや。。。。
ここにも、お店の守り神が!
しかもブッダ!!
しかも、蛍光ライトで下から照らされて。
img11.1.15 (64).jpg
神戸のチーズケーキの名店、「観音屋」の店内にも観音様がいて、観音様見ながら、チーズケーキを食べるミスマッチがすごい。
薬膳料理屋なら、「まあいいか。」って気になるのはなんでだろう。
img11.1.15 (63).jpg
壁には歴代の名医の肖像。
img11.1.15 (62).jpg
まず、菊の花のお茶がふるまわれました。
今日出てくるコースメニューがこちら。
前菜6品
当帰入り羊のスペアリブ
モンゴル風牛肉料理
ニンニクと鶏肉の料理
豚肉のスペアリブ
蓮子・ユリ・エビ炒め
鼓汁味付けの河うなぎ蒸し
棗と季節の野菜の炒め
山芋・ぎんなんの炒め
きのこの鍋
特製春巻き
img11.1.15 (65).jpg
img11.1.15 (72).jpg
img11.1.15 (80).jpg
残念ながら、料理は可もなく不可もなく。
メニュー構成は決して悪くないのですが、厨房のスタッフの力量の問題という気がしました。
続く同じ料理に、メインの食材と副食材として、同じ素材を使ってしまったり、なつめの種が抜いていなかったり。
料理は怖いですね。技術だけでなくて、料理への姿勢や真摯さなどが、皿の上にすべて出てしまう。
できれば、本店で、食べたかったけれど、仕方ないですね。
それでも、薬膳だけで、多店舗展開できるということが、やはり薬膳の本場の国ですね。
行ってみて、勉強になりました。
明日も早起きです。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

上海旅行~美と健康グルメの旅6~

小龍包をいただいた後は、豫園でお買い物と散策。
img11.1.15 (59).jpg
こちらは、薬局。
この薬局。中にロバがいました。ロバの皮は、阿膠(あきょう)と呼ばれる漢方薬。
材料の展示ってことなんだけど。
店にロバのはく製がいるのは、衝撃でした。
img11.1.15 (50).jpg
こちらは、スターバックスコーヒー。
私が留学していたころは、外資であったのは、ケンタッキーだけ。マクドナルドの1号店が王府井に、鳴り物いりでオープンして、留学生はハンバーガーが食べたくて、並んで。。。なんてころでした。
ホテルでコーヒー頼むと、ティポットにコーヒーの粉にお湯が注がれて出てきたり。
今は普通に、ショートドリップとかオーダーできるんだものね。すごいな~。
img11.1.15 (2)_copy.jpg
みなさんで、集合写真をパチリ。
朝も早かったので、そろそろ疲れも出てくる時間。
疲れを癒しに足つぼマッサージへ行きましょう。
img11.1.15 (90).jpg
こちらは、現地では、有名なマッサージ店「ドラゴンフライ」
img11.1.15 (60).jpg
大通りを一本入った閑静な通りにあります。
店内はほの明かりの中を案内されて、やわらかい椅子へ。
ここで、60分間の足つぼマッサージをゆ~っくり堪能いたしました。
このあと夕食は薬膳料理。楽しみです。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

上海旅行~美と健康グルメの旅5~

お昼は豫園の南翔小龍包の 「かに味噌小籠包」
担当者のMさんと打ち合わせ中に、
「 南翔小龍包なら、六本木ヒルズにありますよね」というと
「本店のほうが断然おいしいから、食べてみててください。」
そんなにおすすめなら行かなくちゃ!
img11.1.15 (52).jpg
なんだかおいしそうな気がしますね~。
img11.1.15 (51).jpg
表には長蛇の列が。
私たち30名の団体、大丈夫なの??
3回に上がってみると、ガイドのひとりがすでに、席をとっています。
「ここは予約ができないので、ひとりだけ早くから来て、席を確保しておいたんです。」
そういえば、朝の集合ではいたけど、途中からいなくなってたのは、こういうわけだったのね。
すごい!そして、ありがたい!これなら待たないでいただけます。
私たちのメニューは、小龍包がなかに、織り込まれたコースです。
前菜から、いろいろ出てきました。
でも、とにかくここのメインは小龍包。今か今かと待っていると。。。。
img11.1.15 (57).jpg
登場しました。
小龍包!!
口に含むと、熱いスープが飛び出します。
「一人一蒸籠食べてください。」
きゃ~、そんなに食べていいんだ
あっというまに蒸籠は空っぽです。
それから、スープたっぷりの小籠包も出てきました。
img11.1.15 (53).jpg
特大です。まず、スープをストローいただいてから、皮をいただくんですが、もうスープだけで十分。
おいしかった~。(語彙が少なくてごめんなさい)
img11.1.15 (56).jpg
こちらは、アミガサ茸のスープ
img11.1.15 (55).jpg
最後のデザートの点心です。
小龍包を作っている様子が、外から見ることができます。
img11.1.15 (58).jpg
肉まみれ。粉まみれ。
いったい1日に何個作るんでしょう。
ガイドの方たちのおかげで、限られた時間で、満喫できました。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

上海旅行~美と健康 グルメの旅4~

私たちの宿泊するホテルは、ワイタンのそばにあります。
夜景を眺めがてら、川沿いを散歩します。
対岸の光が、きれい。
img11.1.14 (108).jpg
翌日は、早朝から太極拳の体験がありました。
img11.1.15 (6).jpg
昨夜の夜景を見た川沿いに集合して、イケメン先生の指導のもと、太極拳の練習がはじまります。
しかし、川沿いの吹きさらし、外は0度の寒さ。
さむい!
img11.1.15 (9).jpg
しかし、先生は、うすい木綿のカンフー服1枚です。。。。
「冷不冷?(さむくないの?」
という問いに
「我鍛錬身体。不会冷。(からだを鍛えてるからさむくないよ)」
との返事。
太極拳は、冷え対策にもいいのね
玉を抱える動作「抱球(ばおちう)という動作で始まります。
しばらくやっていると、本当に見えない玉を抱いているような感覚が出てきて、体が温かくなってきます。
気が流れ始めるとそのようになるそうです。
img11.1.15 (19).jpg
そのほか、手を開いたり閉じたり、これもしばらくやっていると、両手の間に抵抗を感じて、「何か」があるように感じます。
それと同時に体の方はリラックスしてくる感覚があります。
とてもためになるレッスンでした。
太極拳の後は、ホテルの朝食、暖かいワンタンで温まってから、最初の目的地へ。
上海中医薬大学に、新しくできた博物館を訪れました。
img11.1.15 (48).jpg
こちらが博物館。
img11.1.15 (25).jpg
中には、専門の案内の型がいて、丁寧に説明してくれます。
漢方薬には、偽者が多いので、その見分け方なども、話してくれました。
高麗人参や冬虫夏草などの高価な漢方はともかく、八角のような高いとは言えないような漢方にも偽者があるのには、おどりきです。
img11.1.15 (31).jpg
とても見終わらないぐらの豊富な展示品。
もっと時間があったら良かったのに~とみなさんの声。
img11.1.15 (49).jpg
中医薬大学の書店にはおもしろいものが売ってましたよ。
こちらは、生徒さんの一人が買ったポスター。
手のつぼに対応させて、「効果のある臓器」がホントに描きこんであります。
グロいというのか、おもしろいというか。。。。
中国人の感性にはときどき、びっくりさせられちゃいます!
そろそろお昼になりました。
次は、待望の豫園南翔小龍包の 「かに味噌小籠包」
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

上海旅行~美と健康ぐグルメの旅3~

茶館でのティタイム&お買い物の後は、夕食へ。
ちょうど上海蟹のシーズンに訪れることができました。
お店は上海蟹の専門店「成隆行」
img11.1.14 (73).jpg
お店から「おいしそうオーラ」が出てますね。楽しみ。
img11.1.14 (75).jpg
お店に入るとセミヌードの布袋さん?がお出迎え。
中国のお店は、「裸のこども」「なまめかしい仏陀」「赤ら顔の関羽」などが、玄関にいることが多く、「このお店の守り神はなにかしら?」なんて、楽しみだったりします。
img11.1.14 (76).jpg
店の中が中2階建てになっていて、私たちは、奥の個室へ。
さてお料理は?
img11.1.14 (77).jpg
前菜が出てきました。
img11.1.14 (92).jpg
こちらは上海蟹のスープ
ふかひれが入っています。濃厚なコクがあって、体が元気になる味。
img11.1.14 (87).jpg
蟹ミソ入りの海老肉だんご
ぷりぷりの海老の団子の中から、蟹ミソが出てきて、豪華~。
img11.1.14 (86).jpg
豆腐の煮込み。
といってもただの豆腐煮込みじゃなくて、蟹ミソと一緒ににてあります。
とにかく、蟹ミソのこってり感は、上海蟹ならでは。
img11.1.14 (87).jpg
蟹入りの野菜煮込み。
ほうれん草がエバミルクと蟹でにてあります。
img11.1.14 (89).jpg
これは、みなさんからの歓声が出ました。
一口含むとかにミソ入りの厚いスープが飛び出します。
ハフハフいいながらいただくのが美味しい。
img11.1.14 (90).jpg
蟹ミソ刀削麺
素材は上海蟹だけど、すべて味付けが違うので飽きることがありません。
もう、かなりおなかいっぱい。。。。
だけど、やめられない。
img11.1.14 (93).jpg
最後に登場したのが、蒸し上海蟹。
img11.1.14 (95).jpg
テーブルからお皿が下げられて、上海蟹の解体がはじまります。
店のお姉さんたちが、人海戦術で、みるみるうちに、身と殻が分けられていきます。自分でやるとこうは行きませんよね。
img11.1.14 (101).jpg
まず、こちら。
img11.1.14 (96).jpg
さらに、細い足もむいてくれました。
img11.1.14 (97).jpg
かにミソです。
日本人はめんどうくさがりなので、このサービスには感動するとか。
生姜入りの黒酢でいただいきます。
冷やす蟹で、カラダに害が出ないようにする薬膳の知恵でもあります。
ここの黒酢があまりにおいしくて、訊いてみた所、この店の地下で手作りしているとか。
「わけて欲しい」
というと、最初「OK」と言っていたのだけど。
欲しい人が、私たちグループ全員になってしまたので、足りなくなってしまいました。
残念!
img11.1.14 (99).jpg
デザートはかぼちゃのおしるこ。
あっさりしていて、いいですね
img11.1.14 (100).jpg
最後は果物
カラダを冷やす蟹の後は必ず温めるみかんを食べます。
みかんはいいとして、なぜ、スイカ??
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

上海旅行~美と健康 グルメの旅2~

だいぶ日が落ちてきました。
ここは、耕月人茶館にて、中国茶を楽しみます。
img11.1.14 (44).jpg
古い建造物から移築して、見ごたえがあるとか。
img11.1.14 (52).jpg
暗いくて、ごめんなさい。
中に足を踏み入れると、時代をトリップしたみたい。
胡弓の音が聞こえています。
img11.1.14 (58).jpg
私のテーブルでは、鉄観音をいただきました。
img11.1.14 (53).jpg
お茶菓子は。
水菓子ですね。盛り付けも、御盆も、とても可愛いです。
左側にある姫りんごのような実は、「サンザシ」
生薬としても使われて、消化を高める働きがあります。生のサンザシは日本ではほとんどみかけないので、うれしい!
img11.1.14 .(54).jpg
技巧菓子も、甘すぎなくて、中国菓子の「まずい、甘い、脂っぽい」というイメージが変わるおいしさ。
見た目もいいですよね。
全部食べたいけど、この後、上海蟹夕食が。。。。
ちょこっとづつ、全種類をかじって、お味を確かめました。
耕月人茶館は、割と新しい店舗だそうです。中国人の一般の収入の人はあまり来ないそうです。
とは言っても、最近急成長の上海。こんな凝った店も需要が多いんでしょうね。
服務員の女の子に話かけて、
「みんな薬膳やっているのよ。」というと。
「この店も、月変わりの薬膳コースがあるよ。」
とメニューを見せてくれました。
今度チャンスがあれば、試してみたいです~。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

上海旅行 ~美と健康・グルメの旅~

 11月はじめに、朝日ツアーから「秋の北京 美と健康グルメの旅」が開催されます。
「北京秋天」といわれ、10月11月は北京の一番美しい季節です。
 旅行の様子はサイト「漢方キッチン」内で、コーナーを作ってご紹介します。
いままでも、生徒さんと一緒に年1回の海外薬膳旅行、年1回の国内薬膳旅行を行っています。
 
 今日は、昨年1月に上海で2泊3日で開催した「美と健康グルメの旅」の様子をご紹介します。
img11.1.14 (4).jpg
1月14日、出発の朝、5時。
大崎駅から、成田エクスプレスに乗り込みます。
日が昇ったばかりの澄んだ空気が気持ちいいです。いい旅になりそう。
img11.1.14 (7).jpg
 
 成田駅で8時30分集合。旅行者の担当Mさんからの説明を受けます。
今回は、総勢30名の方が参加してくださいました。
誰も遅れることなくスムーズにゲートへ。みなさん、さすがです。
img11.1.14 (8).jpg
私は、前日夜まで仕事で、ちょっと眠いです。。。。。
img11.1.14 (19).jpg
 飛行機は中華東方航空です。今回のツアーは2泊3日ですが、早朝の成田発、最終日は夜着なので、フルに上海で遊ぶことができる超充実なコースなのです。
 img11.1.14 (21).jpg
ドメスティックの航空会社の機内食ってあまり期待してなかったのですが。
でも、今回のは、おいしかったです。
かつては中国系のエアラインのデザートに必ず乗っている真っ赤な砂糖漬けのチェリーも無くて。
うれしい驚き。
 上海に着くと、現地ガイドの施さんがお出迎え。
img11.1.14 (22).jpg
早速、上海市内、ワールドファイナンシャルセンターへ向かいます。
オープントップバスに乗り込みます。
img11.1.14 (36).jpg
現地の雰囲気を感じるのにオープントップバスはぴったり。
img11.1.14 (35).jpg
バスの中では、コーヒーのサービスがあります。ネッスルとかではない、国産インスタントコーヒーの薄さが、やけにおいしい。
中国に来たという感じがしてきました。
img11.1.14 (38).jpg
到着。森ビルが作った世界1高いスカイウォークです。
下はなんとガラス張りで透けています。
あちこちで悲鳴が最初は聞こえていましたが、最後には「せっかく来たんだから」と腹をくくって。
みなさん474メートルを体感していらっしゃいました。
img11.1.14 (31).jpg
さて次は「美と健康・グルメ体験その①」
中国茶館を訪れます。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村