カテゴリー別アーカイブ: 癒し

桜の下の御茶席

 生徒さんから、お手紙をもらった。
「お茶席をもうけます。よかったらおいでください。」
おりしも、桜が満開。
きっと素敵なお茶席に違いない。
img120411-1.jpg
お茶席の会場近く。今日は、桜フェスティバル。
人がたくさん出てます。
img120411-2.jpg
ありました。
ここですね。いるかしら?Oさん?
img120411-3.jpg
いました~。Oさん。小紋でしっとり美しい。
「先生~、来てくれたんですね~。」
はい、桜見ながらのティタイム??楽しみにしてました。
img120411-4.jpg
今回の席は、Oさんが、お点前をすることに。
おかげで、私は正客ということになり、一番前に座らせていただきました。
野点の道具一式。運ぶのは大変だったと思うのだけど、優雅です。
img120411-5.jpg
おうすを点てるOさん。
img120411-6.jpg
桜の椀のおうす、とてもきれいです。
けっこうなお点前でした!
着物姿のOさん、きれいだったし、お抹茶もおいしかったし、桜もきれい、
日本っていいなぁ。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

読書の楽しみ 先达的劝告 

  最近、読んだ本。
img120414.jpg
「わたしは、わたし。そのまま受け止めてくれるか、さもなければ、放っておいて。」
アルファポリス社
ジョルジュサンドやターシャテューダー、宇野千代など女流作家の言葉とともに、女の子の愛くるしい写真が載っています。
ページをめくっていくと。。。。。
1つずつ語られる先達の力強い言葉。
「夢中で生きることが、生きていく目的。」  宇野千代
「従順な女は天国に行くが、生意気な女はどこへでも行ける。」  ウーテ エーアハルト
 
「人生とは思い切った冒険。さもなくば、無意味。」  ヘレンケラー
ハハハ・・・・・  痛快!



我最近看的书。
书名是“我是我。接受我的全部,要不然不用管”
在书上George Sand、Tasha Tudor、宇野千代等等,介绍女作家说的话语。在每个页除了他们的话语以外,有女孩子的照片。(都很惹人喜欢的!)
挨着页看。。。
女性先辈的强有力的言词。
“一心一意地活,就是活的目的。”  宇野千代
“柔顺的女人能去天国,但是,骄慢的女人想去的地方都能去”   Jana U. Ehrhardt
“人生是大胆的冒险。或没意思”   Helen Keller
哈哈哈。。。痛快!

目黒川の桜

目黒川の桜が満開。
一人で目黒川を散歩した。
川沿いに、ぼんぼりがたくさん並んで、仄明るい。桜の花が、黄色い光に浮かび上がって幻想的だ。
img120410-1.jpg
ぼーっと見ていたら、通りがかりの人に話しかけられた。
「目黒川のライトアップでこんなもんなんですか?暗いですよね?」
「こんなもんかな。他は、もっと明るいんですか?」
「九段とか、もっと華やかできれいですよ。」
私は、このぐらいが好き。なんだか、江戸時代の夜桜みたいだもの。
img120410-3.jpg
今日は、みんな少し、開放的。知らない人同士がおしゃべりを楽しんだりする。
それに、川沿いの道は、たくさんの人でごったがえしている。
バイクを押して歩く男性、酔っぱらった大学生、白い髪のおばあさん。
みんな幸せそうに桜を仰ぎ見る。
私たちってなんで桜が好きなのかしら?
寒い冬を越えて、肌寒い4月の空気の中で、小さなピンクの花がたわわに咲く。
なんだか、自分の小さな夢がかなったような、ささやかな喜びが胸に咲くのだ。
今宵、歩く人たちの胸の中に、それぞれの桜の花を見た。



目黒川的櫻花盛开了。
今天晚上沿目黒川我一个人散步。
沿河边排的灯光微微地亮。 櫻花在金黄色的亮光漂浮,真幻想的情景。
我呆呆地看着櫻花,有的人向我搭话起来。
“目黒川的每年这样吗?太暗了。是不是。”
“差不多。别的地方更亮吗?”
“是。比如皇宫的周围,更光亮,更华美。”
我喜欢微微的光。好象是江戸時代的夜櫻。
今天,人都是有点儿爽朗。素不相识的人也聊天儿。
且而,那么寒冷的天气,河边的路是热热闹闹的。
推着摩托车走路的男人,喝醉的大学生,白头发的老婆婆。
他们都高兴的仰望櫻花。
我们为什么爱櫻花。
过寒冷的冬天,四月份的空气里 小小的桃色花开了累累。
看了櫻花,我们的心里开花了小小的喜欢,好象是满足自己的梦想。
今夜,在路上人的里面,我看了各人的櫻花。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

チューリップ   郁金香

 
チューリップって、花を咲かせて、1日2日かで、いつのまにか、はらりと散っている。
そんなものだとおもっていた。
でも、最近発見した。そうとばかりも言えないってこと。
こないだ、友人から、ひと鉢のチューリップをもらった。
この子は我が家へ来てから、毎日水を飲み、小さなつぼみをつけ、ある日可愛い、赤い花を咲かせた。
満開のチューリップはそのまま5日間咲き続け、今にも散りそうになるながらも、まだ咲いている。
im120409.jpg
とても美しいと思った。
散る間際の瞬間まで、精一杯咲く。
このチューリップのように生きれたら。。。と思う。
自分の命のすべてを表現して生きていたいと願う。
郁金香开了花以后,1,2天,不知什么时候它已落谢。
我想信这样。
但是最近 发现了。这个不一定是对。
前几天朋友给我一盆郁金香
它来我家,天天喝水,长了小花蕾,有一天开真可爱的红色花了。
它盛开了5天,眼看就要落谢还在开。
我觉得很美丽。
这个花濒临凋谢 拼命地生。
我希望象它活。
希望活着表现自己生命的一切。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

西郷山公園

 週に2,3回、朝の散歩をしています。
6時ごろに家を出て、1時間ほどかけて、歩いたり、ちょと走ったり。小さなダンベルを持って、筋トレをしたり。
体の調子によって、きままにやっています。
コースは我が家から、恵比寿を通り抜け、代官山の西郷山公園まで行って、帰ってくるというものです。
img110222a
西郷山のサンライズ。
img110222b
 西郷山公園の真ん中は、小さな丘になっていて、真ん中に桜の木が立っています。
その桜が開花してました。
img110222c
ピンクの花びらが、麗しく、うれしくなります。
素敵な春の便りをもらいました。
ありがとう

季節のテーブル

 我が家は娘が生まれるまでは、テーブルで食事だったんですが、娘が一緒に食事をするようになってからは、こんなちゃぶ台でごはんを食べています。
 わが夫はとっても物持ちのいい人で、なんとこれは、彼が大学時代から使っているもの。
 これはこれでいいんだけど、このガラスの下のスペースに何か飾れたらいいなぁと思っていました。
im101220a
 娘が保育園で、公園に行ったりすると、木の葉をいっぱいもってかえってきます。ガラスの下にそれを飾ったら、娘も喜ぶし、季節らしさが出るよねっと思いつき・・・・。
 ハンズに行ってきました。
im101220b
 売り場で、テーブルにはめ込む、木目のきれいなベニヤ板を探しました。
これはシナベニヤというもの。ガラス下の木枠のサイズを測って、新聞紙で型紙を作ったのを渡したら、さすが、ハンズ。
「夕方にはできますよ。」って。
家にでおそるおそるガラス板を外し、カットされた板を載せ、拾ってきた落ち葉を乗せて、ガラスで蓋をします。
良かった、ぴったり!
 im101220c
食事するときにも、ちょっと書き物するときにも、秋の木の葉が、すぐ下に透けて見えて、とっても豊かな気分。
 幸せだわ~。
ハンズさんのおかげです。もっと早くやればよかった!

ストーンヒーリング

 当社のお茶の発送や通販のスタッフとして働いてくれている湯本さんは、カラーセラピーの資格をもっていて、ときどき、私のカラーや今年の状態などを見てくれます。
 先日、私が本の出版に向けて、追い込みをかけているときに、彼女から早めの出版祝をいただきました。
「大きな変化を遂げて、夢の実現に向けて歩んでいってください」とメッセージが書かれています。
かわいいシフォンの袋を開くと、中にはブレスレットが入っていました。
「阪口さんのことを考えながら、ダウンジングで選んだんです。」とのこと。5色の石が選ばれ、それを繋いで、それは優しい色のブレスに仕上がっています。
im101109
クラッククオーツ(夢の実現をサポート) チャロアイト(自分の使命に従う)、エンジェルライト(天使の光。自己実現、使命を見出す)など、大きな変化と積極性を現す石の説明が並んでいます。
 その中でも、目を引いたのは「ローズクオーツ」
この石の意味は「自己愛」だそうです。
 最近、自分に対しても、他の人に対しても、「自分を愛すること」の大切さを感じます。
他の人に対して優しくなれないとき、誰かを攻撃したくなるとき、たいていは、自分を愛せないときや、自分に対して不満を抱えているとき・・・・相手に映し出してしまうんですよね。
 自分に厳しくしたり、反省したり、必要なことだけど、自分に優しくしてあげるのは、もっと大事なことだと感じます。
 不完全な自分でもいいやと思う。1歩前に踏み出せない臆病で、めんどくさがりの自分もOKだと許す。人から批判されたり、罵倒されたとき、悪く言われても、仕方ないとあきらめる。
私は、私が楽しいと感じられて、情熱と喜びを感じられることをやっていこう。
 ローズクオーツから、そんなメッセージを受け取りました。

123