カテゴリー別アーカイブ: 講習

現役薬膳セラピスト開講~『やくぜんスパイス』セミナーレポート

現役薬膳セラピスト開講~『やくぜんスパイス』セミナーレポート

こんにちは、薬膳・漢方コンサルタントの阪口珠未です。この夏から、漢方キッチン認定『薬膳セラピスト』のセミナー開講サポートを始めました。

阪口の開講サポートセミナー研修を受けた、

薬膳セラピストの方たちが

それぞれの自宅で薬膳セミナーを開催しました。

テーマは
『夏バテ防止・スパイス薬膳セミナー』

夏に起こりやすい症状や夏バテを防ぐ方法。
さらに、夏に使いやすいスパイスの効能などのお話。

さらに、漢方キッチンオリジナルの『やくぜんスパイス』を使って
夏休みに、子供さんも食べられる
「辛くない」スパイス料理の数々を作るという盛りだくさんな内容です。

薬膳セラピストのみなさんが、「薬膳を伝える」ことで。

たくさんの人に「薬膳の楽しさ・おいしさ」を知ってもらえました。
そして、薬膳セラピスト自身も代表である私自身も、色々なことを勉強させてもらえました。

昨日より今日、今日より明日。
薬膳を通して、ちょっとづつ成長していきたいと思っています。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

以下は、
薬膳セラピストによるセミナーレポートです。

薬膳セラピスト 2期生 高橋めぐみさん

薬膳スパイス講座
・日時 2017年 7月14日 10:00〜13:00
・参加者 Mさん、Gさん
・欠席者 Nさん(お子さんが体調不良の為)
・参加費 ¥3000
・開催場所 Gさん宅
・下準備 レシピ、資料のコピー、サテソース作り、温泉卵作り、蓮の実の下ごしらえ
・内容 10:00〜11:00講義
レジュメに則り、この時期に起こりやすい体調トラブルの話を伝える。

*中医学についての考え方
①季節によって弱りやすい臓器がある
②身体のバランス 気水血 を整えて流れをスムーズにさせる
③そのために食べる食材を選ぶことが大切(薬膳)
④自分の体質タイプを知ると良い、など。

今の時期に脾のケアをして、働きをアップさせておくことがとても大事。
ケアにはハトムギ茶や、働きアップにはスパイスで覚醒させる。

20170919174049aa0
11:00〜12:00 調理
12:00〜13:00 試食

・感想 質問
*脾が弱ると水の代謝が悪くなり、水分がたまるとあるが、どこにどんな風にたまるのか?
→自信を持って答えられなかったのが正直なところ。細胞の一つ一つにも溜まる。
血流の悪くなりやすい下半身や顔などに溜まると答えた。
食事のケアだけでなく、自身で身体を動かすことも重要だと伝えた。

20170920151835ad6
*二人とも味も美味しく、また機会があったら、参加したいと言ってくれた。
自分がどんな体質か知りたい、それに合った食生活を考えたいとの感想があった。
蓮の実という食材が美味しく新鮮との感想もあり。
薬膳の知識があることで自分、子ども、家族が健康で日々を過ごす事ができ、身体のケアができる。
薬膳を難しく考えないで、できることから始めると良いと伝えた。
人に伝える事で自分の中に知識を深く吸収できると感じた。
初めての体験だったが、相手が友人だったので、それほど緊張する事なく伝えられた。

知らない人にどれだけ分かりやすく、自信を持って話すのは回数を重ねないとできないと思う。
素朴な質問を受けて、それについて考え調べる事で、自分の肥やしになるんだなと感じる事ができた。
ただ二人ともすごく良かった、隣で私が勉強してた事は知っていたし、
頑張ってるんだなと言ってくれたので、自分にも自信が持てました。


薬膳セラピスト4期生 熊谷泰子さん

実施日時:9月2日(土)11:30-14:30
参加人数:2名
参加費:3000円(スパイス代含む)

今回の参加者は、気心知れた会社の後輩達で、二人とも40代の仕事・子育てに忙しい女性達です。
前回遊びに来てくれた時に阪口先生の体質チェックシートや体調をヒアリングしていて、
二人とも脾が弱く湿が溜まりやすい体質であることが判明しています。

それを踏まえ夏の終わりの疲れた脾に元気を与えるメニューであればと喜んで参加してくれました。

20170919174051178
二人とも主婦でもあるので、基本的なところは指導するまでもなく、
ハスの実の使い方、スパイスの効能についての質問などを受けながら
短時間で仕上げ試食しました。

20170919174053935
サテはソースを別添えにして好みでつけながら食べるという形にしました。
ガッパオ、サテは想像していたよりマイルドで子供でも食べられると大好評で
早速帰って作ってみるということでした。
デザートに出した「冬瓜とパイナップルのゼリー」は歓声が上がりました。

お茶をいただきながら夏の終わりの体の状態や改善策についての話をし実習を終えました。
前回来た時に、冷たいものを飲み過ぎない、
体を冷やさない、甘い物を食べ過ぎないなどのアドバイスをし、
梅酢ドリンク、ナツメなどをお薦め食材して紹介したのですが、
それらを実践してくれてこの夏はいつもの夏よりずっと体調がいいと嬉しい報告をしてくれました。
秋の薬膳も是非お願いしたいという要望も上がりました。

薬膳セラピスト2期生 清水万由美さん

9月2日に薬膳スパイス料理講習を自宅で開きました
生徒さんは3名
60代と40代の方です。
初顔合わせの方もいましたがすぐに仲良くお話しされていました。

20170920151838e76
10:30 スタート

資料を見ながら季節によって体調の変化がある事。
変化に合わせて向いてる食材がある事。
気血水、中庸、五行について軽く説明しました。
脾の働きをアップさせるスパイスや薬味の効用
薬食同源の考え方について説明。

12:20
料理スタート
サテソースや鶏肉、蓮の実の下ごしらえは前日に準備しておいたので生徒さんには野菜を切る、
肉を焼くをメインに調理をしてもらい市販の温泉卵を使いより気軽に作れるようにしました。

201709201518384e9
蓮の実の効用を説明しながらお皿に盛りつけて写真撮影。

20170920151835ad6
13:00
試食しながらむくみに良い食材について(特にハト麦)お話ししました。
皆さん美味しいし楽しかったと言っていただいました。
季節ごとに習いたいと要望いただきました。
しばらく談笑の後、用意しておいた薬膳スパイスや食材、書籍をお買い上げいただき
15:30解散

2017092015184184b
お客様の感想

大塚様

薬膳と聞くとすごく難しいイメージがあったけれど話を聞いて料理を作ってみたら.
とても身じかに感じて家でも料理が出来ると思った。
薬膳の勉強とても楽しかった。また、次回が楽しみです。

☆やくぜんスパイスサテ ————-

  鶏肉と黒ごまのソースがとても美味しかったです。
☆やくぜんスパイスサラダ————-
  やくぜんスパイスオイルがあたたかい野菜に程よくからまって、おいしくいただくことができました。
☆やくぜんスパイスガッパオ———
  はすの実がほくほくと美味でした。ごぼうががパオライスになることが新鮮で、しかもおいし
  くいただくことができました。やくぜんスパイスがおいしいです。森田様

前から、薬膳に興味がありましたが、今回料理教室を開いて頂きありがとうございました。
講義からとても楽しく又みんなで作る料理もとても楽しかったです。
又次回を楽しみにしております。

坂本様

季節ごとに体調(内臓)が変わることを初めて知りました。
季節ごとの野菜があることも道理に合っているのだととても勉強になりました。
スパイス、薬味が身体の働きに有効だということも学びました。


【やくぜんスパイス料理教室を終えての感想】
阪口先生が「薬膳スパイスセミナー」を用意してくださったのと同じタイミングで幼稚園からのママ友に強烈に教室を開くように要請され、これはチャンスを戴いたと思い行動に移す事に決めました。

先生のテキストは初めて薬膳に触れる人にわかりやすくでも内容が深くて料理もバランスが良くて満足感いっぱいだと思いました。

実際、やってみてテキストの流れに乗って割とスムーズに進行出来、生徒さんにも楽しんで学んでいただけたと思います。
3月のイベントで体質診断をたくさんの人にした経験も今回役に立ってると実感しました。

生徒さんは長年のママ友ですが、講習の時間は私を先生と呼んで一線を引いて私を先生に仕立ててくれていました。
ありがたいです。
本気で私から薬膳を学びたい気持ちを感じたので、応えられる様に勉強したいと思います。
教室開くにはたくさんの準備があり限られた時間でするのは大変ですが楽しかったです。

【やくぜんスパイスについて】

今回改めてやくぜんスパイスを使って、おいしさ、手軽さ、効用の高さ、スパイスと塩のバランスが素晴らしい品
だと実感しました!レシピも最高!
これからも、ムリなくしぜんにいいカラダ をスローガンに楽しく薬膳を伝えたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな風に、日々、薬膳セラピストもがんばっています。

漢方キッチンから、薬膳の楽しさを、お伝えして行きますね。

阪口

食べられるお花で薬膳

山口県柳井市に行ってまいりました!

柳井市の生産農家のみなさまを対象に、食べられるお花、つまりエディブルフラワーの薬膳的な使い方のセミナーです。

会場は、柳井市のフラワーパーク。
日照時間が、長いため、お花やハーブをはじめ、農作物が、よく育つそうです。


img131125i

パークの入り口には、お花が乗った観覧車。

img131125g



もう11月なのに、たくさんのお花が咲いています。


セミナー参加者は、エディブルフラワーを育てている生産農家の方たちを中心にたくさんの方が集まってくださいました。8割女性です。
熱心で、フレンドリーで、使い方や新しいお花のお話など、たくさんの質問。
充実した講習です!



翌日、いつも満席でなかなか、入れないと評判のレストラン「山里ひずみ」へ。

img131125c

なんと地元、ひずみ(日積)のお母さんたちのグループが、やっていらっしゃるお店だそうです。
使うのは柳井市の地元でとれる豊かな農産物。

img131125e


バイキングには、たっぷりのお野菜料理がならびます。
柿のサラダ、里芋の唐揚げ野菜あん、大豆ハンバーグ、自家製バターまで!

img131125d


リーダーの方にお話を聞くと、
「今日は、さつまいもを農家の方にいただいたから、デザートに、ふかし芋を足したんです。柿は、となりの直売所のです。」

農家のお家にお招きされたようなお母さんたちの料理が、常時品20~30品。

そして、これが趣味ではなくビジネスとしても、きちんと採算が取れているのが、すごいです。


mg131125h

柳井市経済部の吉田さんと沖本さん、そして、大下さん。、
エディブルフラワーを使った新しい商品づくりや、レストランの運営などに関わっていらっしゃいます。

大下さんは、エディブルフラワーを柳井市のビジネスのひとつにしようと一生懸命。

まだ、眠っている女性の潜在力を生かすことは、日本を元気にすることになる。


ずっと感じてきた予感が、確信になっていく瞬間。

私もガンバるぞ~ p(^-^)q

ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com








富士山の下で、薬膳セミナー❤

キャンプカーマガジンのキャンプ大会が、富士山の見えるキャンプ場、朝霧キャンプ場で、開催されました。


私も、参加しましたよ。

キャンピングカーで、家族と!


そして、薬膳料理セミナーもやらせていただきました。

キャンプカーマガジンでは、毎回「珠未の幸福レシピ」という名前で連載をさせていただいています。
キャンピングカーで、日本の各地を回って、特産食材で、薬膳料理を作るという内容です。

今回は、朝霧高原で、特産の山芋を使って、特製薬膳スープを披露しました


薬膳セミナーは、なんと朝、8時から。

すごいでしょ。でも、たくさんの方が集まってくださいました。

さすが、キャンプ慣れしているみなさん、朝が早いんです。


img131107 (2).jpg


屋外のセミナーって楽しいです。
食材と作り方の説明をして、

img131107 (5).jpg


1時間半ほど煮込んだ薬膳スープの完成。
img131107 (1).jpg

実は、これ、薪で煮たんです。
本当に美味しかった!

出汁がすごくよく出ています。

img131107 (9).jpg



「これ、なんの調味料ですか?」
「塩と酒だけです・・・・」
「えっ??ホントに?」


薪火のマジックですね。
ガスと薪では火の入り方が違うんですね~

img131107 (8).jpg

薪火で作るスープの美味しさを、私も体験できてました。

具がなくなっても、「スープがおいしいから、これ入れたら?」って、うどんを持ってきてくださる方がいたりして、アットホームなセミナーでした。


薬膳スープレシピは、キャンプカーマガジンの11月30日発売号http://www.campcar-mag.com/index.htmlに掲載されます。

買ってね~。

写真は、フォトグラファーの干場将信さんによるものです。



ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com




給食会社社員さまむけの薬膳講習~名古屋~

メニュー提案をさせていただいている給食会社さん「マルタマフーズ」さまの社員さんの講習で、名古屋に行ってまいりました。
今回は、中京地区の管理栄養士、調理師のみなさんが、集まってくださいました。

img131021 (4).jpg


こちらの会社は、高齢者施設の給食も手掛けていらっしゃるため、高齢者の方に多い、「むくみ、冷え、だるいを解消する薬膳」の内容で、薬膳の考え方、現場で使える食材の組み合わせや形状などについて、お話しました。


セミナーの中で、クイズをやったのですが、さすが、栄養士、調理師のみなさん。
正当率が高くて、驚き。全問正解者9人もいらっしゃって、全問正解者プレゼントが足りなくなりました。

img131021 (7).jpg



レシピの作り方や、薬膳を給食の大量調理、衛生基準法の中で、どのように使ったらいいかなど、リアリティのある質問も出て、とても、充実したセミナーでした。


こちらの給食会社さんでは、月1回の行事食として、薬膳を高齢者施設での食事に取り入れていただいています。
利用者の中には、熱心なファンもできたり、1月1回の薬膳を楽しみにしてくださる人が増えてきています。

img131021 (1).jpg

上の写真は、6~8月で、実際に施設で提供したメニュー。

薬膳において、大事なのは、1つのメニューをどのような目的を持って組むかということ
そして、現場でメニューを一緒に作っていく方たちとの、メニュー作成の意図について、しっかりコミュニケーションが取れていることが欠かせません。これがうまくいくと、予算やオペレーションの制限があっても、完成度の高い(薬効が高く、顧客満足も高い)
メニューを組むことができます。



マルタマのメニュー開発の方たちは、非常に熱心で、薬膳メニューを作ることを楽しんでくれています。
私もチームの一人として、高齢者の方々の日々に彩りを添える薬膳の開発、一緒に頑張っていこうと思っています。

ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com


高校の先生がたへの薬膳セミナー

2013年7月26日、渋谷にある「東京栄養食糧専門学校」さまで、薬膳の講演をさせていただきました。



img130729.jpg

今回は、こちらの専門学校が主催されている、高等学校の教師の方々のための夏季セミナーです。


img1307291 (13).jpg


家庭科の先生方へのお話しなので、すぐに使える内容を!というご要望。
「今日の食事が、明日のカラダを作る」という内容で、実践的なお話をさせていただきました。

img1307291 (29).jpg


東日本を中心に、100名前後の先生方が参加されました。大教室での講演だったので、みなさんに思いが届くか不安でしたが。。。。

img1307291 (16).jpg


うんうんとうなづいたり、メモを一生懸命取ってくれる先生も多くて、楽しくお話しできました~。



img1307291 (5).jpg


講義の後は、私のレシピを使って、栄養専門学校の先生方による薬膳カレーの実演講習です。



img1307291 (4).jpg

晦日先生は、国際中医薬膳師でもあります。


img1307291 (11).jpg

メニューは3品。
冬瓜のカレー&とうもろこしご飯
ゴーヤーチャンプルー
マンゴープリン

おいしゅうございました!

img1307291 (55).jpg


招いてくださった中澤さんと。素敵なマダムですが、実は「もと」化学の先生ってきいてびっくり!
私は、地方の進学校、こんなおしゃれな化学の先生っていなかったな~って。


先生方の質問では、
「精神的な悩みを抱える子供が多いのですが、薬膳でケアできますか?」
「学校の調理実習の予算があるので、比較的、安価な食材で薬膳ができますか?」
などなど、

なるほどですね!

食育というほどでなくても、子供たちに、薬膳が日々の知恵として、伝わるとうれしいなあと思います。

ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com





高校の先生がたへの薬膳セミナー

2013年7月26日、渋谷にある「東京栄養食糧専門学校」さまで、薬膳の講演をさせていただきました。
img130729.jpg
今回は、こちらの専門学校が主催されている、高等学校の教師の方々のための夏季セミナーです。
img1307291 (13).jpg
家庭科の先生方へのお話しなので、すぐに使える内容を!というご要望。
「今日の食事が、明日のカラダを作る」という内容で、実践的なお話をさせていただきました。
img1307291 (29).jpg
東日本を中心に、100名前後の先生方が参加されました。大教室での講演だったので、みなさんに思いが届くか不安でしたが。。。。
img1307291 (16).jpg
うんうんとうなづいたり、メモを一生懸命取ってくれる先生も多くて、楽しくお話しできました~。
img1307291 (5).jpg
講義の後は、私のレシピを使って、栄養専門学校の先生方による薬膳カレーの実演講習です。
img1307291 (4).jpg
晦日先生は、国際中医薬膳師でもあります。
img1307291 (11).jpg
メニューは3品。
冬瓜のカレー&とうもろこしご飯
ゴーヤーチャンプルー
マンゴープリン
おいしゅうございました!
img1307291 (55).jpg
招いてくださった中澤さんと。素敵なマダムですが、実は「もと」化学の先生ってきいてびっくり!
私は、地方の進学校、こんなおしゃれな化学の先生っていなかったな~って。
先生方の質問では、
「精神的な悩みを抱える子供が多いのですが、薬膳でケアできますか?」
「学校の調理実習の予算があるので、比較的、安価な食材で薬膳ができますか?」
などなど、
なるほどですね!
食育というほどでなくても、子供たちに、薬膳が日々の知恵として、伝わるとうれしいなあと思います。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

ライブ感がいっぱい『漢方キッチンの薬膳講習』

 2013年度 漢方キッチンの薬膳講習が5月より開講となります。
漢方キッチンの講座の特徴は、中国での薬膳の使われた方、患者さんの実話、レストラン経営に活かす場合のヒントなど、他では聞けない、豊富な内容です。
 今は、薬膳や中国医学の本がたくさん出版になっているので、食材の薬効や、体質の診断方法などは、本でお勉強することだって、可能です。
 でも、せっかく講習に足を運んでくださる方には、「ここでしか、味わえないおもしろさ、楽しさ」を味わっていただきたい。
 
 そう、講習だって音楽と一緒、ライブなんです!
img130422.jpg
薬膳をずっとやってきて、とにかく、私が誇れるのは、「たくさん失敗をしたこと」
 中国での留学を経て、薬店経営や薬膳喫茶の経営、そして、子育てをしていく中で、薬膳をどのように生かすか、やっとわかって来た気がします。 
 無駄に失敗はしておりません(笑)
薬膳を家族のために作るためでも、ビジネスとして活かすためでも、さまざまな視点でお話させていただいています。
 そのときの生徒さんの質問によっては、さまざまなアドリブも。また、実習で作った料理を試食いただいて、ご自分の舌と体でかんじていただくこともできます。
 ぜひ、講習に参加されて、薬膳のワンダーランドを体験してください。
    漢方キッチンの薬膳講座 2013

ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com
 

故郷の特産品のPRを、薬膳で。

 私の実家は、兵庫県です。姫路市から近い、聖徳太子由来のお寺がある、「太子町」という名前の町です。
太子町の特産品は、「太子みそ」。太子は、昔から味噌作りが盛んで、私が小さい頃には、町内に「味噌会館」というのがあって、よく祖母が、味噌を仕込みに行ったりしていました。
今回、町から、ご依頼をいただいて、太子みその新商品開発のベースづくりのため、太子みそを使った薬膳レシピの講習会を開講させていただきました。
集まってくださったのは、太子みそを作っている加工グループの女性をはじめ、町内の研究グループの方など20名。
img130316e.jpg
中央公民館の調理室の前の掲示
「太子町出身」って書いてくれてるのが、地元っぽくて、ほのぼの。
img130316b.jpg
講師台に立つと、みなさまからお声が。。。。
「昔は、薬屋で、がんばってはってたね~。漢方薬、見立ててもろてたなぁ」
「阪口さんところの娘さんやろ?おじいさんには、お世話になったんやで」
「うちの〇〇と、同い年やんな。」
ほとんど、どっかで、つながっている方たちです。
ヒジョーに温かく、懐かしい空気感の中で、セミナーが始まりました。
img130316a.jpg
発酵食品としてのみその良さをお話して、さらに太子みその風味の特徴や、合わせやすい食材などのお話です。
そして、その後は、太子みそを使った、調理実習です。
img130316f.jpg
ご提案したのは、3品。
太子みそで、みそルーを作って仕上げた「太子みそハヤシライス」
太子の地場野菜「オレンジクイーン」を使った、「蒸し鶏とオレンジクイーンのサラダ~太子みそドレッシング」
味噌のクリームと豆で優しい味の「味噌クリームどら焼き」
味噌をクリームに仕立てたり、ルーのベースに使ったりするのが、新鮮に感じてくださったようで、おかげさまで、3品とも、とても好評でした。
img130316g.jpg
当日は、神戸新聞の記者さんも、来て下さって、みなさんの作成と試食風景を取材していかれました。
img130316h.jpg
太子みそは、播州平野の大豆や赤穂の塩など地元の食材を使い、無添加・安全・おいしい食品として「兵庫県認定食品」に認定されています。
洋食や、菓子など、さまざまなメニューに活かせる潜在力のある食材で、私もいくつも試作をするうちに、どんどんメニューがひらめいてくる楽しさを味わいました。
詳細は、こちらに乗っていますので、ぜひ、お試しくださいね。
⇒兵庫県太子町公式サイト「太子みそをご賞味ください」
img130316c.jpg
以前から、町の特産品の普及とPRのお手伝いをさせていただきたいと、常々思っていたので、今回、お声をかけていただけたのは、とてもうれしいことでした。
みそ作りをされているみなさんの口から、「こんな使い方があったんや~。」
という、お声をいくつもお聞きすることができました。
地元の方にとっては、「あたりまえ」に思えるものを、薬膳の視点から捉え、健康的でおいしいメニューとして、提案することで、「新たな魅力」を発見していただくことができます。
従来の食材の新たな魅力を、再構築したいとお考えの自治体さまや、事業者さまのご相談もお受けしております。
お気軽に、お声掛けください。
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

コミュニケーション力アップ薬膳ミニイベント

赤坂のコワーキングスペースで、イベントを開催します。
◆◆◆コミュニケーション能力アップのための薬膳◆◆◆
  ~昂ぶりがちな神経を鎮めて、心を柔らかく~。
講師:阪口珠未
日時:3月28日14時~15時
場所:HatchCowork+KIDs サロンスペース
    赤坂見附駅から歩いて5分 電話03-3479-0073
    http://hatchcowork.com/
   港区赤坂4丁目9-25 新東洋赤坂ビル5階
会費:おひとり 1000円
お申込みはこちらから
https://docs.google.com/a/shintoyoenterprises.com/forms/d/1xp5TYblUIUZkmbDG75NkFPKDZOebnm2SMLcn0R0DuM8/viewform?sid=2b50b4403b150a2a&token=nCccND0BAAA.z2PQWcKOO8zFmrTp9i5cpw.y-uD3o8djMeDLA64GqeNBg
img130304.jpg
HatchCowork+KIDs サロンスペースさんには、先日伺いました。
http://hatchcowork.com/
シェアスペースにキッズルームがついています。
子育てしながらも、仕事を続けたいフリーのお母さんには、ありがたいスペースです。
海外の友達と話をしているといつも話題は、「日本の主婦がいかに潜在能力があるか。」ということ。
「出産で仕事をやめる」ことなく、続ける選択肢と、周りの寛容さがもっとあったらいいのにと思います。
私自身、雑誌の撮影も、本の出版も、娘の保育時間に合わせて、仕事を融通してくれる編集者さんや、打ち合わせに子連れを歓迎してくれた担当者さんがいたからこそ。
こんな場所が、増えるといいですね!
ブログランキングに参加しています。
クリックお待ちしています!

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
阪口珠未の薬膳 公式サイト
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
kanpokitchen.com

123