2014年度 阪口珠未の薬膳料理講習

kouka 阪口珠未の薬膳料理講習、2014年度のご案内です。

20年間にわたる6000人以上の薬膳カウンセリング、800回以上のセミナーをもとに完成された独自の薬膳カリキュラムをお届けします。
日程ボタン
20130905_165523_resized

このような方にオススメ!
何となく不調があるけれど、何をすれば良くなるのか分からない、、、
体が軽くなり、肌が明るく!薬膳的アンチエイジングが身につき、「きれいになったね」と言われるように。
身近な食材で、家族が、健康になれる食事を作れるようになりたい!
美味しくて、体にいい料理で、家族から「お母さんのご飯、おいしい!」といわれるおもてなしにも大活躍!
現在、病気や不調があるので、食事で元気になる方法を知りたい!
風邪をひいたとき、むくんでいるとき、精神的にダメージを受けたときなど、体と心の状態をチェックシートで診断し、改善するための料理を作れるようになれます。
おいしくて、体にいい食事を作りたいけれど、時間がない!
短時間で薬膳料理を作るための「しかけ」を体得。手間をかけずに、薬膳料理が作れる!
「食」に興味があり、仕事に生かしたい!
フードビジネスの現場で使える「効果のでる食材の使い方」「魅力的な組み合わせ」が体得できます。仕事の即戦力になります。

この講座の目的

kouza
私たちの体は、顔が一人ひとり違うように、体質が違います。また、季節、年齢、環境によっても、変化します。例えば、水の飲み方ひとつを取っても、水分代謝が悪い人なのか、乾燥しやすい人なのかによっても、違うのです。
そのときの体の状態や不調の原因を判断し、よりスムーズに体調を改善する食事の取り方、食材の使い方、味付けを学びます。食べておいしく、体への効果の早いレシピを作って学ぶ、実践型の講座です。

薬膳料理教室のコースは4段階
kouza01
楽しみ方も多様に

kouza02



創始者: 阪口珠未(さかぐち・すみ)からのメッセージ
profile_20120523
「薬に頼らなくても、自分の健康は、自分でつくることができます。」
20年以上、薬膳に関わってきて、6000人以上の薬膳・漢方カウンセリングと、800回以上のセミナーを行ってきました。その中で、たくさんの方が、薬膳を生活に取り入れて、健康を取り戻すことを目の当たりにしてきました。

薬膳の考え方では、食材すべてに、薬と同じように薬効があります。
また、私たちは、顔つきが違うように、体質にも個性があります。「いつまでも若々しいカラダを保つには?」「体力の弱い子供さんの食事は?」「妊娠しやすい体を作るには?」など。
体質や季節、年齢に合わせて、食材をうまく組み合わせて使うことで、薬に頼らずに、体を理想的な状態に整えることができます。
自分のカラダを知ることで、自分の健康をつくることができるのです。

この講座は、薬膳を学ぶことで、多くの方がセルフケアができるようにサポートしたいという思いからスタートさせました。ぜひ、あなたも健康に、そしてあなたの周りの人も健康になる薬膳を一緒に学びましょう。
よくあるご質問
Q:薬膳は、むずかしいイメージがあるので、ついていけるか心配です。
A:漢方キッチンのクラスは、体験型です。理論や学びながら知識を、料理実習で、具体的な味付けや組み合わせ、短時間で作る料理のコツを、カラダでおぼえます。美味しくて、簡単、体調が良くなるレシピが70以上、身につきます。
Q:薬膳料理は、漢方薬を使った料理で、おいしくないとか、材料が手に入れにくいなどはありませんか?
A:中国の薬膳をそのまま日本人の食生活に当てはめても、気候、体質、食習慣などの違いから、合わない部分があります。
漢方キッチンの創始者の阪口は、20年間にわたる6000人以上のカウンセリングと800回以上のセミナーを通して、日本人の体質の特徴、カラダや味覚に合う食材合わない食材など独自の薬膳カリキュラムをつくりました。
このセミナーでは、他では、学ぶことのできない、効果の出やすく、おいしい薬膳の作り方、考え方を学べます。
卵、乳製品アレルギーのある方も一緒に楽しめるメニューは、多くの方に喜ばれています。
Q:薬膳の新しい情報などを知ることはできますか?
A:漢方キッチンは、中国との独自のパイプを持っています。
薬膳、漢方は中国では今も、研究が進められ、実際の医療の現場で生かされています。「子どもを丈夫に育てる」「ストレスに強い体を作る」「40代以降も若さと美しさを保つ」「放射能から体を守る」など、現代の日本人にぴったりの最先端の薬膳の動向に触れることができます。
Q:将来的には、仕事に生かしたり、サロンをやってみたいと思います。資格はありますか?
A:薬膳セラピストの認定が受けられます。全講座を修了されると、薬膳セラピストの資格認定試験を受けることができます。
合格すると、「薬膳セラピスト協会」へ入会し、漢方キッチンのレシピを使って教えることができます。
さらに、薬膳セラピスト協会では、専門的な講座、ビジネススキルを身につける講座などを継続的に受講でき、薬膳セラピストとして、活躍するためのサポートを受けられます。
Q:続けられるかどうかが、不安です。試しに受けてみることができますか?
A:体験受講も可能です。また、講習費は全納以外に、4回ごとの更新も可能です。合わないと思われた場合は、途中退会も可能です。
ちなみに、現在までの1年間の継続率は95%以上。おかげさまで、ご満足いただき、継続いただいております。

生徒さんの声

漢方キッチンの薬膳料理講習で学ばれた方から感想を頂いています。

現役薬膳セラピスト開講~『やくぜんスパイス』セミナーレポート

現役薬膳セラピスト開講~『やくぜんスパイス』セミナーレポート

こんにちは、薬膳・漢方コンサルタントの阪口珠未です。この夏から、漢方キッチン認定『薬膳セラピスト』のセミナー開講サポートを始めました。

阪口の開講サポートセミナー研修を受けた、

薬膳セラピストの方たちが

それぞれの自宅で薬膳セミナーを開催しました。

テーマは
『夏バテ防止・スパイス薬膳セミナー』

夏に起こりやすい症状や夏バテを防ぐ方法。
さらに、夏に使いやすいスパイスの効能などのお話。

さらに、漢方キッチンオリジナルの『やくぜんスパイス』を使って
夏休みに、子供さんも食べられる
「辛くない」スパイス料理の数々を作るという盛りだくさんな内容です。

薬膳セラピストのみなさんが、「薬膳を伝える」ことで。

たくさんの人に「薬膳の楽しさ・おいしさ」を知ってもらえました。
そして、薬膳セラピスト自身も代表である私自身も、色々なことを勉強させてもらえました。

昨日より今日、今日より明日。
薬膳を通して、ちょっとづつ成長していきたいと思っています。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

以下は、
薬膳セラピストによるセミナーレポートです。

薬膳セラピスト 2期生 高橋めぐみさん

薬膳スパイス講座
・日時 2017年 7月14日 10:00〜13:00
・参加者 Mさん、Gさん
・欠席者 Nさん(お子さんが体調不良の為)
・参加費 ¥3000
・開催場所 Gさん宅
・下準備 レシピ、資料のコピー、サテソース作り、温泉卵作り、蓮の実の下ごしらえ
・内容 10:00〜11:00講義
レジュメに則り、この時期に起こりやすい体調トラブルの話を伝える。

*中医学についての考え方
①季節によって弱りやすい臓器がある
②身体のバランス 気水血 を整えて流れをスムーズにさせる
③そのために食べる食材を選ぶことが大切(薬膳)
④自分の体質タイプを知ると良い、など。

今の時期に脾のケアをして、働きをアップさせておくことがとても大事。
ケアにはハトムギ茶や、働きアップにはスパイスで覚醒させる。

20170919174049aa0
11:00〜12:00 調理
12:00〜13:00 試食

・感想 質問
*脾が弱ると水の代謝が悪くなり、水分がたまるとあるが、どこにどんな風にたまるのか?
→自信を持って答えられなかったのが正直なところ。細胞の一つ一つにも溜まる。
血流の悪くなりやすい下半身や顔などに溜まると答えた。
食事のケアだけでなく、自身で身体を動かすことも重要だと伝えた。

20170920151835ad6
*二人とも味も美味しく、また機会があったら、参加したいと言ってくれた。
自分がどんな体質か知りたい、それに合った食生活を考えたいとの感想があった。
蓮の実という食材が美味しく新鮮との感想もあり。
薬膳の知識があることで自分、子ども、家族が健康で日々を過ごす事ができ、身体のケアができる。
薬膳を難しく考えないで、できることから始めると良いと伝えた。
人に伝える事で自分の中に知識を深く吸収できると感じた。
初めての体験だったが、相手が友人だったので、それほど緊張する事なく伝えられた。

知らない人にどれだけ分かりやすく、自信を持って話すのは回数を重ねないとできないと思う。
素朴な質問を受けて、それについて考え調べる事で、自分の肥やしになるんだなと感じる事ができた。
ただ二人ともすごく良かった、隣で私が勉強してた事は知っていたし、
頑張ってるんだなと言ってくれたので、自分にも自信が持てました。


薬膳セラピスト4期生 熊谷泰子さん

実施日時:9月2日(土)11:30-14:30
参加人数:2名
参加費:3000円(スパイス代含む)

今回の参加者は、気心知れた会社の後輩達で、二人とも40代の仕事・子育てに忙しい女性達です。
前回遊びに来てくれた時に阪口先生の体質チェックシートや体調をヒアリングしていて、
二人とも脾が弱く湿が溜まりやすい体質であることが判明しています。

それを踏まえ夏の終わりの疲れた脾に元気を与えるメニューであればと喜んで参加してくれました。

20170919174051178
二人とも主婦でもあるので、基本的なところは指導するまでもなく、
ハスの実の使い方、スパイスの効能についての質問などを受けながら
短時間で仕上げ試食しました。

20170919174053935
サテはソースを別添えにして好みでつけながら食べるという形にしました。
ガッパオ、サテは想像していたよりマイルドで子供でも食べられると大好評で
早速帰って作ってみるということでした。
デザートに出した「冬瓜とパイナップルのゼリー」は歓声が上がりました。

お茶をいただきながら夏の終わりの体の状態や改善策についての話をし実習を終えました。
前回来た時に、冷たいものを飲み過ぎない、
体を冷やさない、甘い物を食べ過ぎないなどのアドバイスをし、
梅酢ドリンク、ナツメなどをお薦め食材して紹介したのですが、
それらを実践してくれてこの夏はいつもの夏よりずっと体調がいいと嬉しい報告をしてくれました。
秋の薬膳も是非お願いしたいという要望も上がりました。

薬膳セラピスト2期生 清水万由美さん

9月2日に薬膳スパイス料理講習を自宅で開きました
生徒さんは3名
60代と40代の方です。
初顔合わせの方もいましたがすぐに仲良くお話しされていました。

20170920151838e76
10:30 スタート

資料を見ながら季節によって体調の変化がある事。
変化に合わせて向いてる食材がある事。
気血水、中庸、五行について軽く説明しました。
脾の働きをアップさせるスパイスや薬味の効用
薬食同源の考え方について説明。

12:20
料理スタート
サテソースや鶏肉、蓮の実の下ごしらえは前日に準備しておいたので生徒さんには野菜を切る、
肉を焼くをメインに調理をしてもらい市販の温泉卵を使いより気軽に作れるようにしました。

201709201518384e9
蓮の実の効用を説明しながらお皿に盛りつけて写真撮影。

20170920151835ad6
13:00
試食しながらむくみに良い食材について(特にハト麦)お話ししました。
皆さん美味しいし楽しかったと言っていただいました。
季節ごとに習いたいと要望いただきました。
しばらく談笑の後、用意しておいた薬膳スパイスや食材、書籍をお買い上げいただき
15:30解散

2017092015184184b
お客様の感想

大塚様

薬膳と聞くとすごく難しいイメージがあったけれど話を聞いて料理を作ってみたら.
とても身じかに感じて家でも料理が出来ると思った。
薬膳の勉強とても楽しかった。また、次回が楽しみです。

☆やくぜんスパイスサテ ————-

  鶏肉と黒ごまのソースがとても美味しかったです。
☆やくぜんスパイスサラダ————-
  やくぜんスパイスオイルがあたたかい野菜に程よくからまって、おいしくいただくことができました。
☆やくぜんスパイスガッパオ———
  はすの実がほくほくと美味でした。ごぼうががパオライスになることが新鮮で、しかもおいし
  くいただくことができました。やくぜんスパイスがおいしいです。森田様

前から、薬膳に興味がありましたが、今回料理教室を開いて頂きありがとうございました。
講義からとても楽しく又みんなで作る料理もとても楽しかったです。
又次回を楽しみにしております。

坂本様

季節ごとに体調(内臓)が変わることを初めて知りました。
季節ごとの野菜があることも道理に合っているのだととても勉強になりました。
スパイス、薬味が身体の働きに有効だということも学びました。


【やくぜんスパイス料理教室を終えての感想】
阪口先生が「薬膳スパイスセミナー」を用意してくださったのと同じタイミングで幼稚園からのママ友に強烈に教室を開くように要請され、これはチャンスを戴いたと思い行動に移す事に決めました。

先生のテキストは初めて薬膳に触れる人にわかりやすくでも内容が深くて料理もバランスが良くて満足感いっぱいだと思いました。

実際、やってみてテキストの流れに乗って割とスムーズに進行出来、生徒さんにも楽しんで学んでいただけたと思います。
3月のイベントで体質診断をたくさんの人にした経験も今回役に立ってると実感しました。

生徒さんは長年のママ友ですが、講習の時間は私を先生と呼んで一線を引いて私を先生に仕立ててくれていました。
ありがたいです。
本気で私から薬膳を学びたい気持ちを感じたので、応えられる様に勉強したいと思います。
教室開くにはたくさんの準備があり限られた時間でするのは大変ですが楽しかったです。

【やくぜんスパイスについて】

今回改めてやくぜんスパイスを使って、おいしさ、手軽さ、効用の高さ、スパイスと塩のバランスが素晴らしい品
だと実感しました!レシピも最高!
これからも、ムリなくしぜんにいいカラダ をスローガンに楽しく薬膳を伝えたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな風に、日々、薬膳セラピストもがんばっています。

漢方キッチンから、薬膳の楽しさを、お伝えして行きますね。

阪口

集中クラスが始まりました

今週より、集中クラスが始まりました。ご参加くださった生徒さんからのレポートを、ご紹介します!




 

2014年5月22日開講、集中クラス
平井アキエさん
5月22日、今日から、漢方キッチン薬膳講習1年集中クラスが、スタートいたしました!
初級から上級までを一年間の集中講座で学べるクラス。


第一回目のクラスは初級 季節の薬膳
: 季節の薬膳を楽しむ
:春の症状と薬膳
薬膳では、1年の季節は春 夏 長夏 秋 冬と5つ
その季節ごと、不調を感じやすい臓器があり、
その不調な臓器が感情をコントロールしてしまうのだそうです。
春の季節は立春の頃から冬から春に変わる気の巡りが影響する季節
気を巡らせる肝臓に負担がかかるのだそうです。
肝臓の動きが悪く、気の巡りが悪くなると
怒りやイライラストレス、肩こり、のぼせ、目のかすみなどの不調を感じやすい。
春の食材は、肝臓の血液を増やす、気の巡らせる、解毒効果、胃腸の動きに負担がかからないものを選ぶことがポイントになるのですね。


img140524a その他、
五味、芳香性、五性 、衛気バリアなど
詳しく教えていただき、初級クラスからとても薬膳の興味深いお話をたくさん教えていただきました。
調理のお時間は
アナゴとふきの中華風マリネ
ウドとセロリの胡麻ダレ和えソバ
タラの芽と桜海老の豆腐和え


難しいイメージでなかなか手にできなかった春の食材はとても手軽にお料理できることがわかり、しかも、とても美味しい(-_^)
黄耆(オウギ)となつめのお茶の効果もあってか、
講座の帰りにカラダがホクホクして汗が出るし、夜でもポカポカ暖かい!!
次の日、顔ツヤがいいと言われました!

img140524b 一回の食事でこんなにカラダが正直に反応するのだと、びっくりです^ ^
今後の講座が益々楽しみです♫
阪口先生の優しい雰囲気がとても素敵です♡
ありがとうございました〜^ ^

 




 

永井香代さん:0歳児のお母さん:薬膳を取り入れて40代半ばで健やか出産

kayo
漢方キッチンのクラスで勉強を始めてから、毎朝にはクコの実入り味噌汁、晩酌には先ずワインで
作った薬酒を少しと生活に出来る事から取り入れてアンチエイジングを心掛けていました。
そして、40代半ばでなんと初めての妊娠。妊娠中はひどい貧血になりました。
貧血の薬では、いっこうに改善されず、阪口先生のアドバイスで、薬膳と漢方のみに変更した途端に数値が改善。
さらに妊娠糖尿病の疑いのあった血糖値も改善。本当に助けられました。

昨年3000gの赤ちゃんを無事出産。現在、風邪をよくひくベビーの離乳食に、薬膳ベビーフードを食べさせています。
今後は自分が得た知識と経験を皆にも伝える事が出来るような活動も行いたいです。

清水万由美さん 2年で、カラダとココロに大きな変化が!

shimizu
漢方キッチンに通いはじめて、しばらくすると、体調が少しづつ良くなり薬膳は私の生活に浸透していき無くてはならない存在になってきました。
珠未先生の薬膳は、日本人に合うように考えられたシンプルでおいしい!
何度も作りたくなる、珠未先生の人柄そのもののような優しいお料理です。

私は先生のゆず茶を沢山作りママ友の集まりに差し入れして喜んでもらったり、アンチエイジングを期待してゆず茶にクコの実を入れ日本酒やホットワインで割ってカクテルにして楽しんだり、家族が眠れないと聞けば夕食に金針菜の煮物や蓮芯茶を出し眠りやすくしてあげています。
薬膳の知識をパズルのように組み合わせて家族の健康を守れるのは楽しくうれしい事です。
これから来る更年期も怖くないです。
こんな気持ちになれた漢方キッチンに出会えて本当によかったです!
これから更に学び、薬膳生活を続け変化していく体を感じ、いずれその感動を沢山の人に伝えられたら素敵だなと思います。

小川 葉子さん:登録販売者として医薬品販売や相談にいかす

ogawa
このクラスに学んだことで、お客様にカラダの不調に対しての対処の仕方をアドバイスできるようになりました。
家では、自分や家族のカラダの不調を予防したりケアをしたりと、なるべく薬に頼らず不調を整えられるようになりました。

ここでの講習の時間はとても楽しいです。みんなと一緒に作り、美味しくできたご飯食べてワイワイ食べたり、同じ道を学ぶ友達ができ、やりたいこと・将来の夢など考えるようになり、向上心も高まります。
今後は、 薬膳セラピストの資格が取れるよう頑張ります。将来の夢は、体調不良の人が体調を整えることができる宿泊施設などできたらいいなぁと描いています。

内海一至さん :飲食店オーナー。薬膳で病気が改善。周りにも薬膳を伝えたい

itsumi
以前の私の身体は高血圧、高血糖、その上皮膚ガン(メラノーマ)とかなりひどい状態でした。
入院したときに自分自身の人生を見つめ直し、まずは食事と生活習慣を改善しようと決意し夫婦で漢方キッチンに通い始めました。
薬膳を学び始めるとその季節やその時の自分の体調に合わせて食事を摂る事の大切さを考えるようになり自分に必要となる食材を(私の場合は特に山芋や小豆など)積極的に摂るようになりました。

妻の献身的?な薬膳料理と、漢方薬、生活習慣の見直しをしながら、4,5カ月経過したころから、血糖値の数字(A1C)、血圧の数値ともに正常値で安定し、薬も減らせるようになりました。
皮膚がんも化学療法なしに、1年経過後の今、再発もなく元気にすごしています。今後は薬膳料理を学びながら自分の仕事にも活かして自分や家族、周りの方々に健康で幸せな日々を送っていただけるようにしていくことが目標です。

山形めぐさん 40代、フルタイムで働くパワフルママ

yamagata
お友達のママの紹介でこの教室を知りました。
薬膳を我が家の食卓に取り入れる?難しいかな?と思いながら先生のお勉強を受けました。
そうしたら、何も難しい事はない!今すぐにスーパーで手に入る食材を使い身体を変えていけるんだ!っと目から鱗でした。

私は、むくみやすい体質です。
代謝がよくなる食材は苦手で普段からあまり食べていないという事を知り、そうした身体を自分自身で選択していたんだなぁとショックでした。
阪口先生のクラスでは、お料理も教えて下さいます。
クラスのお友達とワイワイ楽しみながら、体調の相談や子育ての悩みなど、同じ世代の悩み解消をしながら、美味しくいただいています。笑(^ ^)。
働き盛りの夫、走り回ったり勉強を頑張る子ども達。
私自身もフルタイムで働く40代。薬膳を食卓に取り入れて元気家族目指します!

高橋めぐみさん:アレルギーの子供さんを持つお母さん

takahashi
通ってよかったことは、一年の身体作りで翌年の身体が良い方向へ変わると知れた事です。
先生の講義を受けていると学生に戻ったようで楽しいです。ましてそれが自分に返って来ることですから!

我が家にはアレルギー(卵、乳製品、アトピー、少々喘息)の6歳児がいます。
講義での食材はほとんど乳製品や卵を使わないレシピなので家族揃って食べられるのが何よりです。
アレルギー症状も軽く済み、免疫力もアップして、家族皆が健康でいられます。アレルギーで大変な事もありますが、健康の大切さを私に知らせる為に来てくれたんだと子育てしています。薬膳を知ってから、食卓にも幅が広がりました!