育脳ごはん〜骨のスープで精をチャージ〜

育脳ごはん〜骨のスープで精をチャージ〜

こんにちは、阪口です。

先日紹介した金目鯛の炙り。
今回は、金目鯛のアラにシークワーサーの絞り汁を加えてスープを取り、
トムヤムクンに。
20170723
薬膳では、骨は子供の成長にも、カラダを若々しく保つためにも効果的です。
骨には「骨髄」があり、これは、「精」を生むと考えるからです。
それに、骨にはカルシウムも豊富。
ちょっとだけ手間ですが、魚のアラがあったら、
その場で煮てスープをとりましょう。


アラをさっと熱湯に通してから、
昆布、生姜、たっぷりめの酒を入れて煮ると臭みのないおいしいスープが取れます。

スープベースとして、他の料理に使えます。

また、さらに、クエン酸を入れて煮ると、骨からカルシウムが出るので、営養価が高まります。

レモンを半分ぐらい、皮ごと入れて煮るといいんです。

今回のトムヤムクンは、金目鯛にアラにシークワーサー(レモンでもOK)を加えてスープをとり、
炒めたにんにく、セロリ、たまねぎ、きのこを加えます。
最後にエビを加えたら、ナムプラーで味を整え、シークワーサーの絞り汁とシークーサーの輪切り、香菜を入れます。

子供は辛いのは食べられないから、大人は器にもってから、ラー油をお好みで。

骨のだしは、化学調味料では出せない味。
子供に骨からの取る出汁の旨みを、教えてあげてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>