<div class="cf"> <div class="cf_element" id="cf1"> <p class="cf_element_inner">私たちの前にあるものは 鍋とお釜と 燃える火と</p> </div> <div class="cf_element" id="cf2"> <p class="cf_element_inner">それらなつかしい器物の前で お芋や 肉を料理するように</p> </div> <div class="cf_element" id="cf3"> <p class="cf_element_inner">深い思いをこめて 政治や経済や文学も勉強しよう</p> </div> <div class="cf_element" id="cf4"> <p class="cf_element_inner">それはおごりや栄達のためでなく </p> </div> <div class="cf_element" id="cf5"> <p class="cf_element_inner">全部が 人間のために供せられるように</p> </div> <div class="cf_element" id="cf6"> <p class="cf_element_inner">全部が 愛情の対象あって励むように</p> </div> <div class="cf_element" id="cf7"> <p class="cf_element_inner">石垣りん(1920-2004) 『私の前にある鍋とお釜と燃える火と』より</p> </div> <div class="cf_element" id="cf8"> <p class="cf_element_inner"></p> </div> </div> <script type="text/javascript">// <![CDATA[ var cf = new Crossfader( new Array('cf1','cf2','cf3','cf4','cf5','cf6','cf7','cf8'), 1000, 6000 ); // ]]></script>

日経ヘルスムック『飲むだけで、体が変わる!』に掲載

20160923124709759

日経BP社から発売のムック『飲むだけで、体が変わる!』に、阪口珠未の薬膳ドリンクの特集が2本掲載されています。ご購入はこちらから⇒「飲むだけで体が変わる!』◆甘酒でエナジーチャージ甘酒をそのまま、飲むのじゃなくて、目的別のバリエーション4レシピでご紹介しています。ピンクの甘酒もあって、飲むのも楽しくなるレシピです。◆体質別お茶の選び方阪口の作った体質チャートを使って、体にあう市販のお茶を紹介しています。

薬膳市場データブックに、阪口珠未のインタビュー掲載になりました!

biyoushinbun3

日本の薬膳市場の調査報告をまとめた、「薬膳市場データブック2016」が発刊になりました。 「薬膳業界」をすべて網羅したと初めての年鑑だそうです。 一線で活躍する3人の薬膳研究家として、阪口もインタビューを掲載していただきました。 すでに後進の育成に励まれている先輩方と一緒に掲載していただくのは、気がひけますが、 「『薬膳』というお題では、どんなことでも喜んで取り組めるスタンスと体力(?)を持ち続けている」という自信はありますよ~。 こう […]

  • 身近な食材を季節や体質に合わせて選び、一緒に作っておいしく食べながら薬膳を学べる講座&イベント情報。
  • 薬膳のパイオニア 阪口珠未が、20年以上にわたって開発してきた薬膳レシピの一部を、無料公開しています。
  • 阪口珠未オリジナルブレンドの「やくぜん茶」「やくぜんスパイス」ほか、厳選した食材を販売しています。
  • 薬膳の基本知識だけでなく、薬膳の良さや食材の工夫を企業や学校ですぐに取り入れられる実践的セミナーです。
  • 薬膳アンチエイジングはメニューの訴求効果が抜群。和洋中、どんなお店でも薬膳メニューを導入できます。
  • 阪口珠未の新刊案内、雑誌&メディア情報ほか、恵比寿ガーデンプレイスをはじめホテル・レストランでの実績。

私の娘は11歳。
まだ一緒に寝ています。
日中は、私がいなくても、大丈夫なのに、夜寝るときだけはいてほしいという娘。
むすめが寝付くまでは、抱っこをして横にいます。

「まだまだ、ちいちゃいね~。母ちゃんの腕の中にすっぽりおさまっちゃうもんね。」
というと、
うとうとしながら、
「かあちゃんは、ちっちゃいね~。私の心の中にすっぽりおさまっちゃうもんね~。」

子どものときは、「安心できる空間」が用意されているかもしれません。
でも、大人になれば、「安心できる時空」を自分で作ることが、大切です。

先日、大阪で開催した講演の後のサイン会で、参加者のみなさんが、口々に、「夜寝られない」、「ストレスからの症状がある」とおっしゃっていたのが印象的でした。

最近の女性は、仕事をされながら、家庭のこと(子育てや介護)などやることがいっぱいで、精一杯がんばっているという感じがします。

私も子育てしながら仕事をしているので、参加者の方の気持ちがとってもよくわかるんです。
他の人からもいろんな期待をされるし、自分もそれに応えられるようにがんばろうと思うんです。
でも、ときに、それが本当にがんばる必要のあるものなのかどうか、自分がそれを望んでいるのか、疑ってみてもいいんだと思うんです。

そして、そんな自分を見つめるときには「安心できる時空」がいります。

例えば「移動する」のも、見つめなおす時間をもつにはいいですね。
同じ空間にいると同じ思考回路になりやすいものです。
セミナーなども、わざわざ遠いセミナーに出かけていったり、出張のとき、近い距離でもわざと飛行機を使います。
荷物を預けて、保安地区に入ると、いつもとは違う異空間です。
普段考えていることから、頭の中が自由になり、違う考えがわいて来ます。

出張がないときは、「散歩」もします。
大好きな銘柄のコーヒーを(薬膳研究家もコーヒーを飲みます!)ポットに入れて、歩きながら、友達と電話で話をするんです。
これが効果が絶大。歩きながら、話ながら、飲みながら、景色を見ながらっというのは、すごくリフレッシュする。
今置かれている状況を解決できるかもしれない新しいアイデアも出てくる。

これは、小さな「旅」をする感覚です。

毎日がなんだか息苦しいとき、生活の中に「旅」の感覚を取り入れてみてくださいね。

薬膳では、カラダのケアから、感情にアプローチすることができます。
感情を意志の力でコントロールするのはむずかしいものです。だから、その感情につながっている「臓器」のバランスを整えることで、感情のバランスをはかることができます。

特に女性に多い血の不足である【血虚】という状態から来る、不眠やマイナス思考には、補血の食材をとりましょう。
レバーやなつめ、クコなど赤い色の食材もいいですし、私のおすすめは「金針菜(きんしんさい)」別名忘憂草(ぼうゆうそう)
憂いを忘れるなんて、素敵な名前ですが、セロトニン様物質が含まれていると言われ、ストレスに対する耐性を高め、同じ状況でも、リラックスした状態に体を保つ効果があると言われています。
実際、私の教室で金針菜の料理を作ると、「その日の夜は、眠りが深くなりました。」という方がよくいらっしゃいます。

さて、今日は金針菜を使ったラーメンを作りました。
少し、余裕のある、お休みのお昼にいかがですか?
具材を多めに作れば翌日のお弁当のおかずにも重宝します。

まずは、自分をハッピ―に!ですね。

img161126a
【金針菜ときのこのラーメン】

材料4人分
金針菜30g
しめじ 100g
豚肉  150g(下味:醤油小さじ1、みりん小さじ1、片栗粉大さじ1)
調味料(キャノーラ油 大さじ1、ごま油大さじ1、しょうゆ 大さじ2 みりん大さじ3)
麺  4束
市販のラーメンスープの素 4人分
薬味(みょうが、葱の小口ぎりなど)

1.金針菜は洗って、150ccの水でもどす。
2.豚肉は細切りにして、下味をつける。しめじは、石づきをとって、1本ずつほぐす。
3.フライパンにキャノーラ油を入れて、豚肉を炒める。色が変わったら、ごま油を加えて、金針菜、しめじを炒める。
4.みりんと金針菜の戻し汁大さじ4を加えてしんなりしたら醤油を加えて炒めあわせる。
5.麺をゆでる。
6.市販のラーメンスープをどんぶりに入れて、お湯で割る。
7.麺を入れて、4をのせる。
8.薬味や山椒をあしらう。

img161126c
4の状態で常備菜としても使えます。
★金針菜は漢方キッチンの通販サイトで、ご購入いただけます。100g  950円で販売しています。




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。
楽膳クラブ 登録はこちらから

薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン 薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン

こんにちは、阪口珠未です。

我が家はキャンプが大好き。
キャンピングカーで、日本のあちこちでお出かけします。

ケーキもときどき、キャンプ場で焼いたりもするんです。

今回は、ホットケーキミックスを使ってできる、ケーキをご紹介。
たこ焼き器で焼いて、それをツリーのように積み上げるというもの。
我が家では、キャンプ場でクリスマスを過ごしたときに焼きました。
もちろん、おうちでも、気軽に作れます。

そして、中には、スーパーフード「クコ」をたっぷり入れますよ~。

20160920153339b82

ホットケーキミックスで焼くクコたっぷりのケーキ

作り方

ホットケーキミックス 2袋
卵           2個
豆乳          ホットケーキミックスに書かれた分量
クコ          40g
レーズン       20g
オリーブオイル   適宜

飾り用
粉糖・クコ・レーズン適宜・アーモンド・はちみつ

1、クコ、レーズンを少量の水で戻す。
2、ホットケーキミックス、豆乳、卵を混ぜ合わせ、1を加えてかき混ぜる。
3、たこ焼き器にオリーブオイルを敷き、2を注ぎいれてこんがりと焼く。
4、焼きあがった3を皿に積み上げる。ケーキのおしりにはちみつを付けて、他のケーキとくっつけるように積み上げる。
5、クコ、レーズン、アーモンドにもはちみつを付けて、ケーキに貼りつける。
6、最後に葉っぱや枝で飾り付けて、粉糖を振る。

●小さな子供さんの成長に
●女性の美容や疲労回復に
●40代以上の方のそろそろ始まるエイジングケアに
みんなにうれしいクコの実です。


漢方キッチンでは、クコ多糖類(LBP)の含有が高いといわれる「寧夏産のクコ」を販売しています。
⇒『薬店 漢方キッチン』

アジアのスーパーフード「クコの実(ゴジベリー)」薬膳レシピ

最近、巷で、スーパーフードとして、人気上昇中のクコの実。
薬膳では、アンチエイジング、美肌、眼の老化防止に、活躍中の食材でもあります。
今回は、クコの実の多彩な薬効とおすすめの食べ方をご紹介します。

海外セレブやハリウッド女優のミランダ・カーがエイジングケアとして愛食している「ゴジベリー」 この『スーパーフード界の女王』と呼ばれるドライフルーツは、薬膳をされている皆様にはお馴染みのクコの実のことです。 クコの実は、タンパク質、抗酸化物質、必須アミノ酸、20種類以上のビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。 「不老不死の実」と呼ばれヒマラヤの僧侶が健康増進や長寿。スタミナ補給のために、クコ茶にして飲んでいた…と言われる栄養価の非常に高いベリーです。
また楊貴妃も毎日食べていたそうです。

そして戦国時代で1番の【健康オタク】として知られる徳川家康が、クコの実を食べて74歳まで生きたと言う話は有名です。
さて! 美容の話に戻しましょう。 最近のNY女子の間では、スムージーやスイーツ。ゴジベリーティー。(エキゾチックな香りにカフェインですが人気の理由だと言われています。) そしてゴジベリーとミックスナッツやチョコなどのスナックがおしゃれな美容食として人気があるようです。 このゴジベリー。 実際には私たちの体にどのような効果があるのでしょうか?

1:ダイエット効果
●ビタミンB2 →脂質の代謝効果があり、脂肪燃焼のサポートをします。
●ベタイン→肝臓に脂肪がつくのを防ぎます。また脂肪の排出も流します。
●食物繊維→腸内環境を整えます。便秘の解消にも効果があります。

2:高血圧や動脈硬化、生活習慣の予防。
●ビタミンC
⚫︎βシートステロール→血中悪玉コレステロールを減らします。 ●ルチン→毛細血管の弾力性を保ち、血流を良くして動脈硬化の予防または改善に効果があります。 血管収縮作用が高血圧の予防、血圧降下作用があります。

3:冷え性や肩こり、腰痛の改善
●ルチン
⚫︎ヘスペリジン→血管を強くし、血流をスムーズにします。血行不良からくる肩こり腰痛を改善します。

4:美肌美白効果
●ベータカロチン
●ビタミンC
●タンニン →高い抗酸化作用がありしわ、しみ、そばかすを予防し、 肌にハリと若さを保つ効果があります。
●ベタイン→保湿性が高く浸透力も優れているので、肌や髪に弾力と潤いを与えます。

5:目の疲れ、眼病予防
●ゼアキサンチン→視力低下、白内障、緑内障の予防。加齢に伴う眼病予防に。

6:PMS、更年期の辛い症状を改善します。
⚫︎βシトステロール→ホルモンの働きに関わる作用があるので、PMS、更年期症状の改善だけでなく、男性の薄毛や前立腺肥大の予防改善にも。

7:疲労回復に。
ゴジベリーは食材のなかでも特にビタミンB2が豊富です。 食べる量は1日3粒〜20粒ほど。 妊婦や授乳中の方は体調に注意をしながらめしあがってください。

クコと甘酒のスイーツ

p1110157
クコ   8g
甘酒のフリーズドライ  1パック (かた練りタイプの甘酒は 50cc)
なつめチップス     3g(または普通のナツメ1個を種を抜いて細切りにする)

①鍋にフリーズドライ甘酒とクコの実、水 50ccを加えて、15分ほどおく。 (固練りタイプの場合は、水30ccにクコを加えて、15分ほどおく)
②火にかけ、温まったら、器に盛り、なつめチップスを乗せる。 電子レンジの場合は ①の後、レンジで1分ほど温めます。 甘酒は、お腹を温めて、腸の働きを整えます。腸が整うと肌が改善されますので、肌の透明感が出てきます! なつめは、血を増やし、肌色を明るくします。

クコとあわせることで、美容効果がアップするんです。
さらにプラス食材で薬膳効果アップです。

むくみやすい人は⇒茹でたハトムギを加える⇒ 潤い不足なのに、むくむやすい⇒炒り黒豆を加える 和風のパフェみたいで、おいしいですよ~。 ぜひ、お試しください!

漢方キッチンの新しいバナーができました。
当サイトへのリンクや、阪口珠未の講習会・セミナーなどをご紹介していただくときなどに、
どうぞご自由にお使いください。(右クリックで画像を保存)
阪口珠未の漢方キッチン