カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

3月31日(土)開催  はじめての薬膳体験セミナー!

こんにちは

阪口です。

先日、講師の先生たちとのミーティング。

話題は

「漢方キッチンの薬膳教室の楽しさをもっと知っていただきたい!」

ということ

そこで、今回のセミナーを緊急開催することにいたしました。

16996324_10209900961135016_7649967104487699258_n
講座に参加してくださった方の感想で多いのは

「学びが深い!」ということ。

薬膳の理論だけでなく

どうやって使うか
日本人に合う、おいしい組み合わせ

など、独自の健康に対する見地から解説
それを体験してもらうことで、
楽しく、深く学んでいただけるからです。

ぜひ、実際に試してみてみませんか?

当日は、阪口をはじめ、漢方キッチンの個性豊かな講師も登壇します。

20180309112257c7c
岡山真弓講師

20180309112256090
今西清美講師

┏★━……───────────────────────────……━★┓
★/                          \★
☆今回は、体質別のお茶をご用意します。
漢方キッチンオリジナルの「薬膳アプリ」からご自身の体のタイプをチェックし
お申し込みの際に、お体のタイプ(気虚・血虚など)を選択してください。

「薬膳アプリ」
https://creativesurvey.com/ng/answers/15b66d8c9d33806fb9268f07cef659

★                            ★
☆\                           /☆
┗★━……───────────────────────────……━★┛「

201803091135522c1
※会場はお席が限られております。ご希望の方はお早めにお申し込みください。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

3月31日開催! はじめて薬膳体験セミナー

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

【お申し込みはこちら】→

https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167

「自分を変えたい」と思ったとき、体から変えることができること、知ってましたか?
食事を変えると心も体も動きはじめます。
気軽に薬膳を楽しむチャンス。
ぜひ、ご参加ください。

■当日の内容

★阪口すみ~春の薬膳セミナー

漢方キッチンの薬膳講師のミニセミナー
★「今からでも遅くない、いつからでも遅くない。イキイキ薬膳 」今西清美
★「薬剤師が教える家族の健康のための薬膳」岡山真弓

★あなたの体質にあった薬膳茶と薬膳スイーツつき
~お申込み時に薬膳アプリで体質チェックをしてから、お申込みください。

日本一手軽にできる薬膳アプリ
20180309114129723

[お申込み期限] 3月27日(火)午後20時

[日時] 3月31日(土) 13:30~15:30頃
※15分前よりご入室いただけます。

[会場] ワンデー・オフィス・トーキョー
東京都渋谷区代々木1-38-7 川本ビル4F
【1階にスターバックスコーヒーのあるビルです】

JR・都営大江戸線 代々木駅 徒歩1分
小田急線 南新宿駅 徒歩4分
東京メトロ副都心線 北参道駅 徒歩7分

道案内

1. JR代々木駅西口・都営大江戸線A1/A2出口から出て下さい。
2. 交差点角のたいやき屋左側にあるスターバックスコーヒー横の階段を上がり中2階へ。
3. エレベーターで4Fへお上がり下さい。

[参加費] 1,000円(税込)
当日お支払いください。

[持ち物] 筆記用具

■キャンセルについて
お申し込みいただいた方には体質別にお茶をご用意しますので、
キャンセルの際は必ずご連絡ください。
info@kanpokitchen.com
または、080‐1183‐7526(阪口携帯)

■講師プロフィール
阪口すみ
株式会社漢方キッチン代表
国立北京中医薬大学日本校講師。
91年より95年まで北京留学。
旧文部省国費留学生として北京中医薬大学に学ぶ。同大付属病院と薬膳レストランで臨床と実習を行う。
「おいしく、カラダとココロをリリースする」をモットーに1999年株式会社漢方キッチン設立。
おいしくわかりやすい薬膳料理と独自の観点から体と心を捉える講義が人気。

———————————-

岡山真弓:漢方キッチン認定 薬膳セラピスト
薬剤師、中医薬カウンセラー、
30年近く薬剤師として病院、ドラッグストア、調剤薬局で勤務。
近年、アトピーや鼻炎、生理のトラブルで薬を服用しながら長く通院する方々に出会い、薬だけに頼らず根本的に不調を解決する方法はないかを模索し『中医学』『薬膳』に出会う。
阪口すみ先生の『毎日食べるものが身体を作る』という教えに感銘を受け、漢方キッチンで学び薬膳セラビストとなる。
薬剤師として薬を渡すだけでなく、生活、食事で体の質を高めるアドバイスが好評。
夫、一男二女、猫2匹と暮らす。金沢市出身。
———————————-

今西清美
漢方キッチン認定 薬膳セラピスト
国際中医薬膳師、国際中医師、精進料理家
30年以上の精進料理歴があり、精進弁当で家族の健康を守ってきた経験をもつ。
精進料理指導歴は20年以上にわたる。北京中医薬大学日本校で学ぶ。
在学中に師事した阪口すみの薬膳に対する考えに共鳴し、漢方キッチンで改めて薬膳を学び、
薬膳セラピストとなる。
乳児から高齢者までの一生を通しての「食と健康」の重大さを伝えることが自分の使命と考えている。

【お申し込みはこちら】→

https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167

お会いできるのを楽しみにしております。

———————————

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

漢方キッチン 事務局
**————————————————**
メール:info@kanpokitchen.com
Tel: 03-3791-4857
Fax: 03-6303-3525

 

キャンプカーマガジンに薬膳パンのレシピを掲載しました

こんにちは、阪口珠未です。

漢方キッチンのスタッフは3人。
そのうちのひとり、直未さんは、私の生徒さんでもあり、漢方キッチン認定の薬膳セラピストでもあります。

彼女の得意技は「手作りパン」

ときどきスタジオに、手作りパンを焼いて持ってきてくれます。

丸くて可愛い形で、柔らかくて、ふんわり。
そのままでも生地にうまみがあって、
とってもおいしいんです。

img20180224(3)

「なおみパン」と呼ばれています。
そのまんまですね(笑)

自宅に持って帰ると、夫と娘の手が伸び、
あっという間になくなって

「もうないの~?」
ほぼ、私は食べられません。

今回のキャンプカーマガジンの阪口の連載記事では
「なおみパン」を薬膳バージョンで紹介しました。
img20180224(1)



薬膳料理で使うドライフルーツを入れて、
しっとり、自然な甘さが広がる
風味たっぷりのパンに仕上がりました。
img20180224(2)


「キャンプ場に持っていける」
「キャンプ場でも作れる」

そんな手軽さでできるパンです。

本屋でのぞいてみてくださいね。

【キャンプカーマガジンvol66号】
キャンピングカーがあれば冬の遊びはこんなにたのしくなる
快適!冬遊び!


http://www.campcar-mag.com/



2018年度の阪口珠未の実践型薬膳講座の募集開始!

こんにちは、薬膳の阪口です。

漢方キッチンでは、20018年度の講座のお申込みを始めました。

今年は新しいライフスタイル「やくぜん」にトライしてみませんか?

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

阪口珠未の実践型薬膳教室

http://kanpokitchen.com/kouza1/

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆
201801311323195c0
漢方キッチンの講座の特徴は、

「理論と実践の両方が学べる」ということ

せっかく中国医学の理論を学んでも

実際にどうやって、使うのか。

どんな組み合わせがよいのか

それを知らなければ

本を読むのとかわりませんよね。

この講座では、「学ぶ」「作る」「楽しく食べる」を重視。

しっかしたカリキュラムで効果的に身に着けることができます。

レシピは日本人の味覚と体にあうものばかりです。

なぜなら、漢方キッチンカリキュラムの創始者、阪口珠未は

「中国の中国医学大学で学んだ日本人」だからです。

薬膳は中国の考え方ですが、

中国人がおいしいと思う味付け
中国人の体に合う食材
中国の食習慣

必ずしも、日本人に合うとは限らないし

また、日本人の体にあう食材に置き換えたほうが

効果があがりやすいことがあります。

例えば「海藻」

日本人の食生活には欠かせない海藻も

中国の内陸ではほとんど手に入りません。

だから、中国の薬膳では、「昆布」「紫菜(海苔のこと)ぐらいしか

出てきません。

でも、昆布、もずく、わかめ、えご、寒天などなど数多くの海藻は

デトックス効果を期待し

脂質をコントロールする食事には有効です。

私は日本人の体のケアを考えたときに

もっと取り入れて使ってほしいと考えています。

中国の先生方に

薬膳と中国医学のすばらしい知恵を教わりながら

北京で4年間生活し

日々使う食材、食習慣、体質の違い

また、逆にどんな人にも共通する原則を

見出すことができました。

その内容をカリキュラム化したものが

阪口珠未の「実践型薬膳教室」です。

・もっと自分や家族を元気にしたい

・おいしく体にいい料理の作り方のコツを知りたい

・薬膳の考え方も身につけたい

・仕事に活かしたい

そう思っているみなさま、ぜひ、一緒に薬膳を楽しみましょう!

阪口珠未の実践型薬膳講座

http://kanpokitchen.com/kouza1/

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

●「早割キャンペーン実施中!!」

2月28日までのお申し込みで入会金(5,400円)無料

●お友達紹介キャンペーン

ご紹介されたお友達が入会されときは、お二人ともに「漢方キッチンオリジナル薬膳茶」をプレゼント。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

★さらに薬膳の実践を学びながら、理論も深めたい方には

「理論クラス」「中医薬膳内科学クラス」があります。

詳しくは「薬膳の知識と経験を深める」をご覧ください。

お教室でお会いできるのを楽しみにしております!

立春の薬膳「きんかん大根」

こんにちは、薬膳の阪口です。

もうすぐ立春ですね。

まだまだ寒い時期ですが、

立春を過ぎると体で春に向けて変化が始まります。

眠っていた気のエネルギーが動き始めます。

このエネルギーがうまく流れるように助ける食材があります。

それは大根!

「立春の大根は梨よりうまい」といいます。

おいしいだけでなく、「巡り」を助ける力があります。

日本の立春は縁起をかつぐ「豆まき」
中国の立春は体を整える「大根」

10億、総健康オタクと言われる中国人らしいです。

冬の間眠っていた気を巡らせる

「辛い食材」

大根、ニラ、生姜、にんにく、ねぎ

それから
「香りの食材」

みかんの皮、スパイス、ハーブ

今回は切って混ぜるだけでできる

「きんかん大根」を紹介しましょう。

どちらも気の巡りを整え

大根のイソチオシアネート

柑橘のヘスペリジンが

ダイエットにも効果的

この時期に増える風邪の予防にも

おすすめです。

コツは

生の大根をつかうこと!

それだけです。

ぜひ、作ってみてください。

立春の薬膳「きんかん大根」

img180131
 

金柑大根

大根 500g
金柑  5.6個

調味料
酢   大さじ1.5
はちみつ大さじ1.5
とうがらし輪切り  5,6個
好みで 黒コショウ  少々

①大根を縦にスティック状に切って軽く塩もみする。軽く水気を絞る
②金柑は輪切りにする
③調味料を合わせ、①②を合わせてつけ、1時間ほどおく。

★多めに作って2,3日保存可能です。

元気にお過ごしくださいね!

2018年度薬膳講座募集開始!早割キャンペーン2/28まで!

2018年度薬膳講座募集開始いたしました!

 

早割キャンペーン2/28まで!

●「早割」キャンペーン
2月28日までに各クラスを一括でお申し込みの方入会金無料!!

●お友達紹介キャンペーン

ご紹介されたお友達が入会されときは、お二人ともに「漢方キッチンオリジナル薬膳茶」をプレゼント。

 

よろしくお願いします。

 

漢方キッチンHP

http://kanpokitchen.com/kouza1/

漢方キッチンの薬膳講座申し込み講座

http://yakuzenkouza.cart.fc2.com/?ca=all

 

五行画像  薬膳内科学写真3

薬膳のおせち弁当

あけましておめでとうございます。阪口です。

今年も楽しく薬膳をお伝えしていきます。
いつもはわが家は年末からお正月は、「キャンピングカーで旅」
これが定番でした。
ところが、中学受験を決めた娘は
年末もお正月も塾に通うことに。

外食もしないから、人一倍食いしん坊の娘は
食べたいものをすべて
「お弁当に入れて」
とリクエストするようになりました。

お正月は元旦から塾へ。
リクエストは
「おせちを入れてくれる?」

2日、今日のお弁当は「薬膳おせち弁当」です。

img180102-1
・オレンジ風味のくりきんとん
・黒豆生姜黒蜜煮
・ナッツとレーズンの田づくり
・エビのやくぜんスパイス焼き
・みかんの皮と八角のチャーシュー
・蓮根チップスサラダ
・あぶり魚のお寿司

キャンピングカーで旅に出れば
旅先の目新しい食材を調べて、
道の駅や市場で手に入れて
現地の食べ方やおいしい食べ方をインタビューしたり。
楽しいんです。

でも、今年は家で
「私たち家族が好きな食材、お気に入りの味」で
おせちを作りました。

img180102-2

「砂糖の強い煮物は好きじゃないから、蓮根はチップスにして蒸した野菜と」
「きんとんは甘すぎると飽きちゃうからオレンジを入れてさっぱりとさせようかな」
なんて、考えながらキッチンに立つのは
とても新鮮でした。

img180102-3

外へ、新しいものへと向かう心の使い方から
内へ、すでにあるものの中に新しさを問う姿勢に

12歳の娘にたっぷり関わるのは「今」しかないし。
こんな風におせちを作るのも「今」だけかもしれない。

だから

「今ここ」でできること

「今ここ」にいる人との関わり

「今ここ」での自分のありよう

大事にしていきたいです。

こうして、ご縁があってこれを読んでくださっているあなたにも

感謝しています!

ありがとうございます。

今年も薬膳を通して、今を大切にすること

一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

超簡単、オレンジ風味のきんとんの作り方はこちらです。

薬膳では柑橘は消化促進の働きがあります。芋、くり、なんきん

女性がすきだけど、胃もたれしやすい食材に合わせると

すっきりさせます。

よかったら作ってみてくださいね。

お正月に限らず、子供さんの自然派おやつにも、重宝します!


【オレンジ風味のきんとん】

さつまいも        300g
100%オレンジジュース 250cc
きび砂糖    大さじ2
栗の甘露煮(なければ天津甘栗)  適宜

作り方
1.さつまいもは皮をむいて、5ミリ程度の厚さに切る
2.鍋にさつまいも、オレンジジュース、きび砂糖を加えて、火にかける。
沸騰したら、蓋をして弱火で柔らかくなるまで煮る
3.マッシャーでつぶして、冷ます。
4.盛り付けて、栗の甘露煮をのせる。

クリスマスも塾弁

こんにちは、阪口です。

メリークリスマス。
今日は、とても冷えますね。

クリスマスはみなさま、いかがお過ごしですか?

我が家は例年は、娘と一緒にクリスマスケーキを焼いたり、料理を作ったりして遊ぶのですが、
今年6年生となった娘は、今日も塾!昼も夜もお弁当です。

娘はちっともさびしくなさそうで、楽しそうに塾に行っちゃったのですが、
私はさびしい(;_;)

それで、クリスマス塾弁にすることに!

20171224_174724-01

◆甘酒づけチキンの唐揚げ
◆海老とパプリカのオムライス
◆生ハム、プチベール、ミニトマトのサラダ
◆かぼちゃとグラノーラのサラダ
◆ミックスベリーのトライフル

トマトケチャップはかなりの砂糖が入っているので
私は子供の食事には、基本的に使いません。


オムライスの色づけに使うのは、
「パプリカパウダー」


20171224_151540-01s

きれいな色がつく上に、パプリカは血流促進効果もあります。

パプリカパウダー+トマトペースト(分包1袋)を入れれば3膳分ぐらいのトマトライスが

おいしく、ヘルシーに完成します。

パプリカパウダーはサフランに比べたらずっと、お安いですから

おすすめです。


とりあえず、完成して届けて・・・・・

あ~、楽しかった!

帰ってきた娘がひとこと。

「かあちゃん、箸がはいってなかったよ~。

相変わらずな感じですが・・・・・


みなさま、メリークリスマス(^-^)/

大切な人とよい1日を。

コーセー化粧品【雪肌精】の~薬膳レシピ~掲載

こんにちは、薬膳研究家の阪口です。

コーセー化粧品【雪肌精】エッセイにオリジナル薬膳レシピを掲載しました。

今月は

「きのこと鶏肉とハトムギ薬膳鍋」

詳しいレシピと解説はこちら→
「コーセー~みやぶ人オリジナル薬膳レシピ~」


ハトムギ鍋
冬といえば、火鍋。
薬膳料理では、「きのこ」は気をチャージして免疫力を高める食材です。
美肌効果のあるハトムギ茶のダシで、大人な味の薬膳鍋に仕上げました。

火鍋に欠かせない「自家製ラー油」。
ご自宅で、少量でも簡単にできる作り方もご紹介しています。

ご家族やお友達と薬膳鍋で、おいしく楽しいひと時を過ごしてください。

詳しいレシピと解説はこちら→
「コーセー~みやぶ人オリジナル薬膳レシピ~」

武田薬品の社員食堂「薬膳メニュー」を食べてきました!

こんにちは、阪口です。

大阪出張。
数か月ぶりの武田薬品さんでのメニューコンサルティングのミーティングでした。

img171121-4m
御堂筋通りは、イチョウが色づいていて、とてもきれい。
「なにわのシャンゼリゼ」というそうです(´∀`*)

img171121-5m

毎週1回に「薬膳メニュー」が提供されるので、
いつもは担当者のMさんが、その日の売れ行きと写真を送ってくださいます。
でも、今日はお昼めがけて、大阪本社にうかがったので、実際に食べることができました。

img171121-3m

明日はおりしも、道修町にある薬の神様少名彦神社(すくなひこじんじゃ)
通称、「神農(しんのう)さま」のお祭りです。

神農祭の始まりは文政5年(1822)。

コレラが蔓延し、多くの民衆が亡くなったとき、道修町の薬種商が協力し、疫病除薬として、
虎の頭骨など10種類の和漢薬を配合した「虎頭殺鬼雄黄圓」という丸薬をつくりました。

そして、効能書に1粒包み、厄除けの張子の虎と一緒に民衆に配ったそうです。

今でも、神農祭に配られる笹には、張子の虎が飾られています。

薬膳のメニューは普段は、「薬膳効果」のあるセットなのですが、
今回は「神農祭」にちなんだ、厄払いメニューをご提供しました。

img171121-2m

ランチは2回の時間交代制で、1回目11時半からの回では、おかげさまで、完売だったとのこと。

img171121-1m

私は12時半からの2回目の最初にうかがったので、いただくことができました。

社食の管理栄養士のYさん、もう5年間も、これだけの手間のかかるメニューを

「みなさんが喜んでくれるのが楽しいです。」と言ってくださって

ありがたいなぁと思います。

1月のメニューの打ち合わせをして

1日早いですが、武田の担当者のNさんと一緒に、神農さまにおまいり。

img171121-7m
私も去年買った張子の虎がついた笹を納め、
新たな笹をいただきました。

img171121-9m

実は、品川駅で、この張子の虎、頭がボトって取れたんです!

「なんと、1年間、我が家を守ってくださって、力尽きられたんだわ~。」と
ありがたく首を拾って、
一緒にお納めしました。

img171121-10m

道修町の製薬メーカーは、今日はどこも、明日からの神農祭の準備に余念がありません。

img171121-8m

大手の製薬メーカーさんが、このお祭りだけは、総務さん総出で、神社に集まり、

お客様のおもてなしをするという慣わし。

お祭りの後は、みなさん、声が枯れるとか・・・。

img171121-6m


なんだか、日本の薬のルーツとよき薬問屋の文化を垣間見るようので

心温かになりました。

また、来年もこの時期に来れるといいな。

「神農さんの笹のおかげで、今年もみんな元気に過ごせました」と。

コーセー化粧品【雪肌精】のエッセイ~みやぶ人~掲載

こんにちは、薬膳研究家の阪口珠未です。

コーセー化粧品【雪肌精】のエッセイ~みやぶ人~に阪口のエッセイ11月の記事が掲載になりました。

薬膳で活用される「陰陽の法則」 身も心も美しくなる考え方をご紹介

薬膳の考え方のベースともなっている陰陽論。

「中国の古代の考え方」
そう思うかもしれませんが、
実は私たち日本人は、
肌でなんとなくこの哲学を知っていて
実践しているんです。

古くて新しい「視座」として
親しんでほしいです。

201710221659052f0