カテゴリー別アーカイブ: コラボレーション

阪口珠未が、各界で活躍する方々とコラボレーション&インタビューしたレポートです。

コーセー化粧品【雪肌精】の~薬膳レシピ~掲載

ハトムギ鍋

こんにちは、薬膳研究家の阪口です。 コーセー化粧品【雪肌精】エッセイにオリジナル薬膳レシピを掲載しました。 今月は 「きのこと鶏肉とハトムギ薬膳鍋」 詳しいレシピと解説はこちら→ 「コーセー~みやぶ人オリジナル薬膳レシピ~」 冬といえば、火鍋。 薬膳料理では、「きのこ」は気をチャージして免疫力を高める食材です。 美肌効果のあるハトムギ茶のダシで、大人な味の薬膳鍋に仕上げました。 火鍋に欠かせない「自家製ラー油」。 ご自宅で、少量でも簡単 […]

武田薬品の社員食堂「薬膳メニュー」を食べてきました!

img171121-1m

こんにちは、阪口です。 大阪出張。 数か月ぶりの武田薬品さんでのメニューコンサルティングのミーティングでした。 御堂筋通りは、イチョウが色づいていて、とてもきれい。 「なにわのシャンゼリゼ」というそうです(´∀`*) 毎週1回に「薬膳メニュー」が提供されるので、 いつもは担当者のMさんが、その日の売れ行きと写真を送ってくださいます。 でも、今日はお昼めがけて、大阪本社にうかがったので、実際に食べることができました。 明日はおりしも、道修 […]

本日の武田薬品の社員食堂メニュー

20171107204013255

こんにちは、阪口です。 武田薬品工業さんの社員食堂で、薬膳メニューを監修するようになって、5年。 今日は、記念すべき五周年! そこで、今日の薬膳メニューは 「西太后のアンチエイジング9点盛り」 でした。 西太后は、中国の歴代の后たちの中でも 薬膳や漢方をほぼ毎日使って 今でいう「アンチエイジング」を目指した筆頭の皇族です。 11月は彼女の誕生日なので、それにちなんで、 西太后が好きだった、メニューを取り入れて、 薬膳のランチに仕上げまし […]

薬膳の考え方「君臣佐使」を生き方に活かす

20171022172803443

こんにちは、阪口です。 今年は、コーセーの和漢生薬化粧品「雪肌精」の漢方アドバイザーとして、 和漢生薬や薬膳、漢方の考え方をお伝えしています。 今回は漢方の考え方のひとつ「君臣佐使」について執筆してます。 スペシャルコラム「みやぶ人」 漢方の処方は、複数の生薬を組み合わせることで、 より高い効果を発揮するようにしています。 例えば、風邪に使う「葛根湯」 葛根(カッコン)、大棗(タイソウ)、麻黄(マオウ) 甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ) […]

女性セブンで薬膳企画

20170907171253d56

女性セブンで薬膳企画 こんにちは、阪口です。女性セブンの薬膳企画の撮影でした。 女性の悩みを解決する、阪口の薬膳レシピを計6ページ、12品を一挙に掲載します。 9月21日発売の女性セブンです。  こちらは撮影風景 天板やシノワ柄のマットや器に、薬膳料理を盛り付けて・・・・。 秋らしい、仕上がりになっています。 詳しい内容は、後日のブログにてご案内しますね~

unFun YAKUZEN Fes 2017和のスーパーフード下仁田産「桑の葉&桑ベリー」でビューティフルエイジングのレポート

桑イベント1

FunFun YAKUZEN Fes 2017和のスーパーフード下仁田産「桑の葉&桑ベリー」でビューティフルエイジングのレポート こんにちは、薬膳セラピストの高橋です。 大変遅くなりましたが、2017年3月3日(金)~3月5日(日)に銀座の群馬県のアンテナショップぐんまちゃん家で行われたイベントのレポートをお届け致します。 今年もまた、想像以上にたくさんのお客様にお越しいただき、大盛況の中でイベントを無事に終えることができました。 お越 […]

阪口すみと行く、全国・食の宝を探す旅 ~群馬・下仁田編

神戸さん&先生

阪口すみと行く、全国・食の宝を探す旅 ~群馬・下仁田編 「桑葉の魅力発見!&生こんにゃくをつくろう!下仁田の食材満喫薬膳BBQの旅」が 2015年11月14日(土)に開催されました。 左は、今回お世話になった、神戸万吉商店 3代目の「神戸 隆介さん」 こんにゃくの生産ももちろんですが、有機の桑の葉の生産にも力を入れていて、 野菜として桑の葉を広めようと、日々、奮闘されています。 AM10:20 「道の駅下しもにた」に集合。 こんにゃく芋 […]

松本市市長菅谷昭さんへのインタビュー(1)

img140928a

一昨年、阪口珠未と有志の生徒さん5名で、松本市市長 菅谷昭さんに、放射能対策について、インタビューをさせていただきました。菅谷さんは、チェルノブイリ原発事故のときに、高度に汚染されたベラルーシ共和国のゴメリ州の州立がんセンターで、医師として、医療支援活動にあたられました。福島原発の事故から、3年以上の月日が経ちました。みなさんは、「もう3年」と思われますか?阪口は、「まだ3年」と考えています。放射能の

松本市市長菅谷昭さんへのインタビュー(2)

img140928b

インタビュー(1)から続く松本市における放射能災害に対する取り組み阪口:松本市では、そういうお母さん達が、放射能に対する情報交換をされたり、ときには市長に直接相談できたりしますか?菅谷:やってますよ。僕はそこに行って話もします。自分から行って市民向けの講演をしたり、いろんな要望も聞きますし、また必要な事はやります。 私の方が早いですからね。 要するに市民の皆さんの要望より私が先にどんどんやりますよ

2014年8月27日 歌手多田周子さんとのコラボ

0827

8月27日に歌手の多田周子さんが、目黒にて絵の個展を開かれました。 そこに漢方キッチンがコラボレーションして、冬瓜と緑豆のカレーと白キクラゲと梨のデザートを提供。阪口先生のミニセミナーも開かれました。 多田周子さんの美しい歌声に、エキゾチックな馬頭琴や鼓の演奏。そして薬膳料理に招待客の笑顔と・・・心にも身体にも豊かな時間が流れて行きました。

12