プロフィール

略歴
薬膳料理家
阪口珠未(さかぐち・すみ)

株式会社漢方キッチン代表
国立北京中医薬大学日本校講師

日本での中国薬膳研究のパイオニア。
91年より95年まで北京留学。薬膳専攻では、日本人初めての国費留学生として北京中医薬大学に学ぶ。同大付属病院と薬膳レストランで臨床と実習を行う。
帰国後、漢方薬店にて漢方カウンセリングと薬膳喫茶の経営に関わる。
1999年株式会社漢方キッチン設立。薬膳料理教室を開催。
「むずかしい中国医学が、すっとわかる」と人気を呼び、メディア取材、執筆など多数。現在は企業、自治体への薬膳メニュー導入ノウハウの提供や企業セミナーを行う。
2012年6歳の娘を伴って、北京へ留学。北京中国医学研究院「西苑医院」にて、清代の宮廷薬膳カルテを研究。
著作に『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ(あしざき書房)』
『おめでた薬膳』、『西太后のアンチエイジングレシピ』『せんねん灸お灸ルームの自分でできるはじめてのお灸』(主婦の友社)『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)がある。
薬膳を通してお伝えしたいこと
私が薬膳にかかわるようになって、20年以上が過ぎました。
薬膳の紹介は、薬膳とは?をご覧ください
略歴と実績は、A4サイズのレジュメ(PDF)にまとめています。(2014年3月更新)
薬膳をはじめたきっかけや、北京中医学薬大学への留学、ホテル・レストランでの薬膳実習など、これまでの足跡も含めた詳しい紹介は、インタビューでお読みいただけます。
主な著書
最近のできごと
執筆やマスコミへの出演、薬膳講習会と企業コンサルティングで全国を飛び回っています。
でも、週末に家族で、キャンピングカーででかけて、その土地での方とお話ししたり、特産の食材を料理したりを楽しんでいます。
娘は小学2年生になり、海外への留学も一緒にできるようになりました。
ブログで日々のできごとや新しい薬膳レシピを掲載しています。
東日本大震災後に、緊急提言として子供を放射能から守る食生活 ~お母さん薬膳料理家の提案を立ち上げました。
株式会社 漢方キッチンについて
「ココロとカラダのリリース」をモットーに美味しく、カラダに良い薬膳や漢方茶をプロデュースしています。
薬膳の料理教室の開講、雑誌、新聞でのレシピ&エッセイの執筆、食事の個人カウンセリングもおこなっています。
薬膳コンサルティング
    • 武田薬品工業 大阪本社・東京本社社員食堂
    • 株式会社マルタマフーズ (高齢者施設への薬膳メニューコンサルティング)
    • ウェスティンホテル東京「中国料理・龍天門」(東京都目黒区)
    • 周中菜房白金亭(東京都港区)
    • ほか、柿安「三尺三寸箸ヌーベル」日比谷店(東京都港区)、香港ガーデン「麻布迎賓楼」(東京都港区)、ホテル日航アリビラ「琉球料理 佐和」など。
くわしくは薬膳メニュー導入コンサルティングへ。
薬膳料理講習の実績
企業・教育機関向け薬膳セミナー
  • 目黒学園の後~食糧学院 山口県柳井市エディブルフラワーセミナー
  • 岩手県一関「世嬉の一酒造」
  • ほか、PARCO毎日新聞カルチャーシティ、京都NHK文化センター、神戸新聞文化センターなど。
企業・教育機関向け薬膳セミナーのご案内
個人向け講習会の案内
漢方キッチンスタジオのご案内
食のイベント、アウトドアイベントなどの出張講習も承ります。