放射能を防ぐ食材 白きくらげを使ったレシピ

昨日、紹介した白きくらげについて

アンチエイジング効果があるといわれる食材で、薬膳スープやデザートに使われます。
美容と若さを保つために、西太后も好んで、食べたそうです。

きくらげ類は使用量は、多めに使う方が効果がよく、1人分1回5g程度です。

ここでは、白きくらげと黒きくらげを使ったスープレシピを紹介します。

圧力釜を使うと、トロトロになって、まるでコラーゲンスープのような口当たりになります。

先日も薬膳料理講習のメニューで紹介しましたが、生徒さんからは大評判でした。
とにかく簡単なので、ぜひ、お試し下さい。

「白きくらげと黒きくらげの鶏団子スープ」



材料4人分
白きくらげ       10g
黒きくらげ       10g
水            700cc
鶏ひき肉        160g
えのきだけ       30g
焼き海苔        1枚
葱の小口切り       適宜
中華スープ        適宜
うすくち醤油      小さじ2
塩           小さじ1/3
酒           大さじ1

作り方
① 白きくらげ、黒きくらげは洗ってたっぷりの水で戻す。
② 圧力鍋に軽くかぶるぐらいの水を加えて、10分加圧する
(圧力釜がなければ、土鍋で1時間ほど、きくらげが柔らかくなるまで煮る)
③鶏肉団子を作る。海苔はちぎって、大さじ2の水で戻す。手で細かくほぐす。えのきはほぐしてみじん切りにする。材料を鶏ひき肉と良く混ぜ合わせ、団子を作る。
④②に水700ccを加えて、火にかける。
⑤③を沸騰したスープの中に落としていく。中華だし、酒、塩、しょうゆで味を整える。
⑥団子に火が通ったら、葱を散らす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>