「阪口珠未と行く台湾、食文化・薬膳の旅」③~陽名山でオーガニック料理続編~

まずは・・・

img141124 (40)

バラの花を浮かべたフィンガーボウル

img141124 (43)

明日葉のお茶です。摘んでも翌日には芽吹くほどの強い生命力をもつゆえに、その名がつきました。

img141124 (46)

img141124 (54)

何首烏(かしゅうの)スープ
何首烏とは、ツルドクダミのこと。「ある人の首(頭)が烏のように黒くなる」ということで、この名がついた漢方薬です。
薬効が高く、髪の毛をつややかにする、脱毛を予防する働きがあります。

img141124 (45)

前菜です。手前に載っているのは、石蓮花という葉(血糖値をさげる漢方)の上に、花粉を乗せたもの。
花粉は、薬膳では、免疫力のバランスを取り、花粉症の改善に使います。

img141124 (51)

鳳眼果と季節野菜の炒め、
栗に似た食感の果実が炒め合わせてあります。これは梧桐科の日本にはない木の実だそうです。


img141124 (132)


ハンバーグ風のメインディッシュ、実は山伏茸を炒り焼にしたもの。
お肉のような食感とボリュームにびっくり。
写真を撮り忘れました!

img141124 (64)

竜眼とナツメのお酢
油ものを食べた後、消化を促進するための工夫です。
これは、すばらしい!

img141124 (69)

トリュフの香りのリゾット
中華でも、こんな風な料理を作れるんですね。

img141124 (58)

さて、こちらは、デザート
入っているのは石膏

img141124 (61)


ここに豆乳を注ぎます。

img141124 (62)

待つこと15分
豆花こと、豆腐のデザートの完成です。

img141124 (71)

デザート、豆花には、生姜入りの黒蜜をかけて、
絶品でした!

img141124 (38)


みんなで、記念撮影。
一期一会を感じるもてなしに、風が抜けるような空間。
みなさんとの出会いを感謝できるひと時でした。




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン