「阪口珠未と行く台湾、食文化・薬膳の旅」⑥

今夜は、このたびのメインイベント「台湾故宮の貸切NIGHT!」
故宮博物院は、5時半に閉館になるので、それから22時半まで、今回の我々のツアーでの貸切です!

楽しみ~。

20141119_190308.jpg

特別セミナーとして、故宮博物院の名解説者として、知られる「藩扶雄(はんふゆう)」先生のお話をお聞きしました。
台湾国際放送で、日本語のラジオ番組をもっていらっしゃるだけあって、すばらしい日本語でのお話。

20141119_184929.jpg


私の著書「西太后のアンチエイジングレシピ」が、台湾で「慈禧太后的抗老食譜」として、出版になっていますので、そちらを差し上げました。

写真撮影を求めると
「光栄の至りにございます」

と、いまどきの日本人でも話さないような、美しい日本語で、お返事されてました。
素敵、ファンになりそうです。

20141119_185746.jpg


その後、故宮内の茶館「三希堂」で、お食事。

20141119_192958.jpg


美しい中国人のミュージシャンによる、アルフや笙の演奏を聞きながらのお食事。


20141119_185614.jpg

前菜の盛り合わせ

20141119_192121.jpg

牛蒡巻きの牛肉いりの薬膳スープ

20141119_192926.jpg

野菜と豚肉のスチーム。翡翠ごはん添え

20141119_195506.jpg

台湾フルーツ盛り合わせ

食後は、2時間半ほどかけて、故宮博物館内を、拝見しました。
ここからは、写真はご覧いただけませんが、すばらしかった。

「白菜」「豚肉」もそれなりに、素敵でしたが、書画室にあった 明代の画家、仇英の「水仙」が素晴らしかった!

岩絵具で描かれた絵は、鮮やかに色が残り、水仙の香りが漂ってきそうな、潤いのある作品でした。
500年も前の作品なのに、こうして心に直に、入ってくる力!
すごいなと思いました。

20141119_215245.jpg


11月のすこし肌寒い故宮の夜。

20141119_215254.jpg


自分にとって、本物と思えるものを見れたこと、本物と思える人に会えること、

幸せなことです。



毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン