作成者別アーカイブ: 阪口珠未

キャンプカーマガジンに薬膳パンのレシピを掲載しました

こんにちは、阪口珠未です。

漢方キッチンのスタッフは3人。
そのうちのひとり、直未さんは、私の生徒さんでもあり、漢方キッチン認定の薬膳セラピストでもあります。

彼女の得意技は「手作りパン」

ときどきスタジオに、手作りパンを焼いて持ってきてくれます。

丸くて可愛い形で、柔らかくて、ふんわり。
そのままでも生地にうまみがあって、
とってもおいしいんです。

img20180224(3).jpg


「なおみパン」と呼ばれています。
そのまんまですね(笑)

自宅に持って帰ると、夫と娘の手が伸び、
あっという間になくなって

「もうないの~?」
ほぼ、私は食べられません。

今回のキャンプカーマガジンの阪口の連載記事では
「なおみパン」を薬膳バージョンで紹介しました。

img20180224(1).jpg



薬膳料理で使うドライフルーツを入れて、
しっとり、自然な甘さが広がる
風味たっぷりのパンに仕上がりました。

img20180224(2).jpg


「キャンプ場に持っていける」
「キャンプ場でも作れる」

そんな手軽さでできるパンです。

本屋でのぞいてみてくださいね。

【キャンプカーマガジンvol66号】
キャンピングカーがあれば冬の遊びはこんなにたのしくなる
快適!冬遊び!


http://www.campcar-mag.com/



毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン






コーセー化粧品【雪肌精】の~薬膳レシピ~掲載

こんにちは、薬膳研究家の阪口です。

コーセー化粧品【雪肌精】エッセイにオリジナル薬膳レシピを掲載しました。

今月は

「きのこと鶏肉とハトムギ薬膳鍋」

詳しいレシピと解説はこちら→
「コーセー~みやぶ人オリジナル薬膳レシピ~」


鶏肉ときのこのハトムギ薬膳鍋

冬といえば、火鍋。
薬膳料理では、「きのこ」は気をチャージして免疫力を高める食材です。
美肌効果のあるハトムギ茶のダシで、大人な味の薬膳鍋に仕上げました。

火鍋に欠かせない「自家製ラー油」。
ご自宅で、少量でも簡単にできる作り方もご紹介しています。

ご家族やお友達と薬膳鍋で、おいしく楽しいひと時を過ごしてください。

詳しいレシピと解説はこちら→
「コーセー~みやぶ人オリジナル薬膳レシピ~」




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン


クリスマスも塾弁

こんにちは、阪口です。

メリークリスマス。
今日は、とても冷えますね。

クリスマスはみなさま、いかがお過ごしですか?

我が家は例年は、娘と一緒にクリスマスケーキを焼いたり、料理を作ったりして遊ぶのですが、
今年6年生となった娘は、今日も塾!昼も夜もお弁当です。

娘はちっともさびしくなさそうで、楽しそうに塾に行っちゃったのですが、
私はさびしい(;_;)

それで、クリスマス塾弁にすることに!

20171224_174724-01.jpeg


◆甘酒づけチキンの唐揚げ
◆海老とパプリカのオムライス
◆生ハム、プチベール、ミニトマトのサラダ
◆かぼちゃとグラノーラのサラダ
◆ミックスベリーのトライフル

トマトケチャップはかなりの砂糖が入っているので
私は子供の食事には、基本的に使いません。


オムライスの色づけに使うのは、
「パプリカパウダー」


20171224_151540-01.jpeg


きれいな色がつく上に、パプリカは血流促進効果もあります。

パプリカパウダー+トマトペースト(分包1袋)を入れれば3膳分ぐらいのトマトライスが

おいしく、ヘルシーに完成します。

パプリカパウダーはサフランに比べたらずっと、お安いですから

おすすめです。


とりあえず、完成して届けて・・・・・

あ~、楽しかった!

帰ってきた娘がひとこと。

「かあちゃん、箸がはいってなかったよ~。

相変わらずな感じですが・・・・・


みなさま、メリークリスマス(^-^)/

大切な人とよい1日を。




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン


薬膳のおせち弁当

あけましておめでとうございます。阪口です。

今年も楽しく薬膳をお伝えしていきます。
いつもはわが家は年末からお正月は、「キャンピングカーで旅」
これが定番でした。
ところが、中学受験を決めた娘は
年末もお正月も塾に通うことに。

外食もしないから、人一倍食いしん坊の娘は
食べたいものをすべて
「お弁当に入れて」
とリクエストするようになりました。

お正月は元旦から塾へ。
リクエストは
「おせちを入れてくれる?」

2日、今日のお弁当は「薬膳おせち弁当」です。

img180102-1.jpg


・オレンジ風味のくりきんとん
・黒豆生姜黒蜜煮
・ナッツとレーズンの田づくり
・エビのやくぜんスパイス焼き
・みかんの皮と八角のチャーシュー
・蓮根チップスサラダ
・あぶり魚のお寿司

キャンピングカーで旅に出れば
旅先の目新しい食材を調べて、
道の駅や市場で手に入れて
現地の食べ方やおいしい食べ方をインタビューしたり。
楽しいんです。

でも、今年は家で
「私たち家族が好きな食材、お気に入りの味」で
おせちを作りました。

img180102-2.jpg


「砂糖の強い煮物は好きじゃないから、蓮根はチップスにして蒸した野菜と」
「きんとんは甘すぎると飽きちゃうからオレンジを入れてさっぱりとさせようかな」
なんて、考えながらキッチンに立つのは
とても新鮮でした。

img180102-3.jpg


外へ、新しいものへと向かう心の使い方から
内へ、すでにあるものの中に新しさを問う姿勢に

12歳の娘にたっぷり関わるのは「今」しかないし。
こんな風におせちを作るのも「今」だけかもしれない。

だから

「今ここ」でできること

「今ここ」にいる人との関わり

「今ここ」での自分のありよう

大事にしていきたいです。

こうして、ご縁があってこれを読んでくださっているあなたにも

感謝しています!

ありがとうございます。

今年も薬膳を通して、今を大切にすること

一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

超簡単、オレンジ風味のきんとんの作り方はこちらです。

薬膳では柑橘は消化促進の働きがあります。芋、くり、なんきん

女性がすきだけど、胃もたれしやすい食材に合わせると

すっきりさせます。

よかったら作ってみてくださいね。

お正月に限らず、子供さんの自然派おやつにも、重宝します!


【オレンジ風味のきんとん】

さつまいも        300g
100%オレンジジュース 250cc
きび砂糖    大さじ2
栗の甘露煮(なければ天津甘栗)  適宜

作り方
1.さつまいもは皮をむいて、5ミリ程度の厚さに切る
2.鍋にさつまいも、オレンジジュース、きび砂糖を加えて、火にかける。
  沸騰したら、蓋をして弱火で柔らかくなるまで煮る
3.マッシャーでつぶして、冷ます。
4.盛り付けて、栗の甘露煮をのせる。





毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン




立春の薬膳「きんかん大根」

こんにちは、薬膳の阪口です。


もうすぐ立春ですね。

まだまだ寒い時期ですが、

立春を過ぎると体で春に向けて変化が始まります。

眠っていた気のエネルギーが動き始めます。


このエネルギーがうまく流れるように助ける食材があります。

それは大根!

「立春の大根は梨よりうまい」といいます。

おいしいだけでなく、「巡り」を助ける力があります。

日本の立春は縁起をかつぐ「豆まき」
中国の立春は体を整える「大根」


10億、総健康オタクと言われる中国人らしいです。

冬の間眠っていた気を巡らせる

「辛い食材」

大根、ニラ、生姜、にんにく、ねぎ


それから
「香りの食材」

みかんの皮、スパイス、ハーブ


今回は切って混ぜるだけでできる

「きんかん大根」を紹介しましょう。


どちらも気の巡りを整え

大根のイソチオシアネート

柑橘のヘスペリジンが

ダイエットにも効果的

この時期に増える風邪の予防にも

おすすめです。

コツは

生の大根をつかうこと!

それだけです。

ぜひ、作ってみてください。


立春の薬膳「きんかん大根」


img180131.jpg

金柑大根

大根 500g
金柑  5.6個

調味料
酢   大さじ1.5
はちみつ大さじ1.5
とうがらし輪切り  5,6個
好みで 黒コショウ  少々


①大根を縦にスティック状に切って軽く塩もみする。軽く水気を絞る
②金柑は輪切りにする
③調味料を合わせ、①②を合わせてつけ、1時間ほどおく。

★多めに作って2,3日保存可能です。

元気にお過ごしくださいね!



2018年度の阪口珠未の実践型薬膳講座の募集開始!

こんにちは、薬膳の阪口です。

漢方キッチンでは、20018年度の講座のお申込みを始めました。

今年は新しいライフスタイル「やくぜん」にトライしてみませんか?

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

阪口珠未の実践型薬膳教室

http://kanpokitchen.com/kouza1/

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

薬膳料理_convert_20180131132234




漢方キッチンの講座の特徴は、

「理論と実践の両方が学べる」ということ

せっかく中国医学の理論を学んでも

実際にどうやって、使うのか。

どんな組み合わせがよいのか

それを知らなければ

本を読むのとかわりませんよね。


この講座では、「学ぶ」「作る」「楽しく食べる」を重視。

しっかしたカリキュラムで効果的に身に着けることができます。


レシピは日本人の味覚と体にあうものばかりです。

なぜなら、漢方キッチンカリキュラムの創始者、阪口珠未は

「中国の中国医学大学で学んだ日本人」だからです。


薬膳は中国の考え方ですが、

中国人がおいしいと思う味付け
中国人の体に合う食材
中国の食習慣


必ずしも、日本人に合うとは限らないし

また、日本人の体にあう食材に置き換えたほうが

効果があがりやすいことがあります。


例えば「海藻」

日本人の食生活には欠かせない海藻も

中国の内陸ではほとんど手に入りません。

だから、中国の薬膳では、「昆布」「紫菜(海苔のこと)ぐらいしか

出てきません。

でも、昆布、もずく、わかめ、えご、寒天などなど数多くの海藻は

デトックス効果を期待し

脂質をコントロールする食事には有効です。

私は日本人の体のケアを考えたときに

もっと取り入れて使ってほしいと考えています。


中国の先生方に


薬膳と中国医学のすばらしい知恵を教わりながら


北京で4年間生活し


日々使う食材、食習慣、体質の違い

また、逆にどんな人にも共通する原則を

見出すことができました。



その内容をカリキュラム化したものが


阪口珠未の「実践型薬膳教室」です。



・もっと自分や家族を元気にしたい

・おいしく体にいい料理の作り方のコツを知りたい

・薬膳の考え方も身につけたい

・仕事に活かしたい

そう思っているみなさま、ぜひ、一緒に薬膳を楽しみましょう!

阪口珠未の実践型薬膳講座   

http://kanpokitchen.com/kouza1/

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

●「早割キャンペーン実施中!!」

2月28日までのお申し込みで入会金(5,400円)無料


●お友達紹介キャンペーン

ご紹介されたお友達が入会されときは、お二人ともに「漢方キッチンオリジナル薬膳茶」をプレゼント。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆



★さらに薬膳の実践を学びながら、理論も深めたい方には

「理論クラス」「中医薬膳内科学クラス」があります。

詳しくは「薬膳の知識と経験を深める」をご覧ください。

お教室でお会いできるのを楽しみにしております!




コーセー化粧品【雪肌精】の~薬膳レシピ~掲載

こんにちは、薬膳研究家の阪口です。

コーセー化粧品【雪肌精】エッセイにオリジナル薬膳レシピを掲載しました。

今月は

「きのこと鶏肉とハトムギ薬膳鍋」

詳しいレシピと解説はこちら→
「コーセー~みやぶ人オリジナル薬膳レシピ~」


鶏肉ときのこのハトムギ薬膳鍋

冬といえば、火鍋。
薬膳料理では、「きのこ」は気をチャージして免疫力を高める食材です。
美肌効果のあるハトムギ茶のダシで、大人な味の薬膳鍋に仕上げました。

火鍋に欠かせない「自家製ラー油」。
ご自宅で、少量でも簡単にできる作り方もご紹介しています。

ご家族やお友達と薬膳鍋で、おいしく楽しいひと時を過ごしてください。

詳しいレシピと解説はこちら→
「コーセー~みやぶ人オリジナル薬膳レシピ~」




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン


クリスマスも塾弁

こんにちは、阪口です。

メリークリスマス。
今日は、とても冷えますね。

クリスマスはみなさま、いかがお過ごしですか?

我が家は例年は、娘と一緒にクリスマスケーキを焼いたり、料理を作ったりして遊ぶのですが、
今年6年生となった娘は、今日も塾!昼も夜もお弁当です。

娘はちっともさびしくなさそうで、楽しそうに塾に行っちゃったのですが、
私はさびしい(;_;)

それで、クリスマス塾弁にすることに!

20171224_174724-01.jpeg


◆甘酒づけチキンの唐揚げ
◆海老とパプリカのオムライス
◆生ハム、プチベール、ミニトマトのサラダ
◆かぼちゃとグラノーラのサラダ
◆ミックスベリーのトライフル

トマトケチャップはかなりの砂糖が入っているので
私は子供の食事には、基本的に使いません。


オムライスの色づけに使うのは、
「パプリカパウダー」


20171224_151540-01.jpeg


きれいな色がつく上に、パプリカは血流促進効果もあります。

パプリカパウダー+トマトペースト(分包1袋)を入れれば3膳分ぐらいのトマトライスが

おいしく、ヘルシーに完成します。

パプリカパウダーはサフランに比べたらずっと、お安いですから

おすすめです。


とりあえず、完成して届けて・・・・・

あ~、楽しかった!

帰ってきた娘がひとこと。

「かあちゃん、箸がはいってなかったよ~。

相変わらずな感じですが・・・・・


みなさま、メリークリスマス(^-^)/

大切な人とよい1日を。




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン


薬膳のおせち弁当

あけましておめでとうございます。阪口です。

今年も楽しく薬膳をお伝えしていきます。
いつもはわが家は年末からお正月は、「キャンピングカーで旅」
これが定番でした。
ところが、中学受験を決めた娘は
年末もお正月も塾に通うことに。

外食もしないから、人一倍食いしん坊の娘は
食べたいものをすべて
「お弁当に入れて」
とリクエストするようになりました。

お正月は元旦から塾へ。
リクエストは
「おせちを入れてくれる?」

2日、今日のお弁当は「薬膳おせち弁当」です。

img180102-1.jpg


・オレンジ風味のくりきんとん
・黒豆生姜黒蜜煮
・ナッツとレーズンの田づくり
・エビのやくぜんスパイス焼き
・みかんの皮と八角のチャーシュー
・蓮根チップスサラダ
・あぶり魚のお寿司

キャンピングカーで旅に出れば
旅先の目新しい食材を調べて、
道の駅や市場で手に入れて
現地の食べ方やおいしい食べ方をインタビューしたり。
楽しいんです。

でも、今年は家で
「私たち家族が好きな食材、お気に入りの味」で
おせちを作りました。

img180102-2.jpg


「砂糖の強い煮物は好きじゃないから、蓮根はチップスにして蒸した野菜と」
「きんとんは甘すぎると飽きちゃうからオレンジを入れてさっぱりとさせようかな」
なんて、考えながらキッチンに立つのは
とても新鮮でした。

img180102-3.jpg


外へ、新しいものへと向かう心の使い方から
内へ、すでにあるものの中に新しさを問う姿勢に

12歳の娘にたっぷり関わるのは「今」しかないし。
こんな風におせちを作るのも「今」だけかもしれない。

だから

「今ここ」でできること

「今ここ」にいる人との関わり

「今ここ」での自分のありよう

大事にしていきたいです。

こうして、ご縁があってこれを読んでくださっているあなたにも

感謝しています!

ありがとうございます。

今年も薬膳を通して、今を大切にすること

一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

超簡単、オレンジ風味のきんとんの作り方はこちらです。

薬膳では柑橘は消化促進の働きがあります。芋、くり、なんきん

女性がすきだけど、胃もたれしやすい食材に合わせると

すっきりさせます。

よかったら作ってみてくださいね。

お正月に限らず、子供さんの自然派おやつにも、重宝します!


【オレンジ風味のきんとん】

さつまいも        300g
100%オレンジジュース 250cc
きび砂糖    大さじ2
栗の甘露煮(なければ天津甘栗)  適宜

作り方
1.さつまいもは皮をむいて、5ミリ程度の厚さに切る
2.鍋にさつまいも、オレンジジュース、きび砂糖を加えて、火にかける。
  沸騰したら、蓋をして弱火で柔らかくなるまで煮る
3.マッシャーでつぶして、冷ます。
4.盛り付けて、栗の甘露煮をのせる。





毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン




立春の薬膳「きんかん大根」

こんにちは、薬膳の阪口です。


もうすぐ立春ですね。

まだまだ寒い時期ですが、

立春を過ぎると体で春に向けて変化が始まります。

眠っていた気のエネルギーが動き始めます。


このエネルギーがうまく流れるように助ける食材があります。

それは大根!

「立春の大根は梨よりうまい」といいます。

おいしいだけでなく、「巡り」を助ける力があります。

日本の立春は縁起をかつぐ「豆まき」
中国の立春は体を整える「大根」


10億、総健康オタクと言われる中国人らしいです。

冬の間眠っていた気を巡らせる

「辛い食材」

大根、ニラ、生姜、にんにく、ねぎ


それから
「香りの食材」

みかんの皮、スパイス、ハーブ


今回は切って混ぜるだけでできる

「きんかん大根」を紹介しましょう。


どちらも気の巡りを整え

大根のイソチオシアネート

柑橘のヘスペリジンが

ダイエットにも効果的

この時期に増える風邪の予防にも

おすすめです。

コツは

生の大根をつかうこと!

それだけです。

ぜひ、作ってみてください。


立春の薬膳「きんかん大根」


img180131.jpg

金柑大根

大根 500g
金柑  5.6個

調味料
酢   大さじ1.5
はちみつ大さじ1.5
とうがらし輪切り  5,6個
好みで 黒コショウ  少々


①大根を縦にスティック状に切って軽く塩もみする。軽く水気を絞る
②金柑は輪切りにする
③調味料を合わせ、①②を合わせてつけ、1時間ほどおく。

★多めに作って2,3日保存可能です。

元気にお過ごしくださいね!