カテゴリー別アーカイブ: 薬膳セラピストの活動

阪口珠未と薬膳セラピスト勉強会~大阪・京都研修レポ①~

こんにちは、薬膳研究家の阪口珠未です。 7月1日、2日。仕事で懇意にさせていただいている、武田薬品工業さんのご厚意で、「薬膳セラピスト特別研修会」を大阪・京都で、2日間開催いたしました。梅雨の晴れ間の2日間、武田薬品の方のご案内で、セラピストのみんなと楽しく学べました。
薬膳がつないでくれる、ご縁に感謝です。

当日の様子、勉強会を薬膳セラピスト3期生の藍澤牧美さんによるレポートを掲載します。




 

【薬膳セラピスト研修①~薬問屋の街巡り~in大阪府道修町~】

今年度初の薬膳セラピスト研修1日目は、薬問屋の街・大阪府道修町の見学でした。

2016.7.22.1
まずは、くすりの道修町資料館で、館長による道修町の歴史やくすりにまつわる紙芝居セミナーと解説付きの資料館見学へ。

2016.7.22.2
道修町が「くすりの町」と呼ばれる所以は、八代将軍徳川吉宗の時代に、中国から輸入された生薬や日本で採れた生薬が全てこの町に集められ、これらの生薬の適正検査をし、値段を付け全国に売るという権利が、この町の薬種中買仲間(のちの製薬会社)に与えられたことにあるそう。

2016.7.22.3
資料館までの道中、右を見ても、左を見ても、製薬会社ばかりだったのも納得でした。
その他にも、薬学史って大学で勉強したっけ?と思うほど、へぇーへぇーと思う話が盛り沢山!そして、資料館も昔懐かしの家庭薬のパッケージや販促品なども展示されていて、とても面白かったです。

2016.7.22.4
その後は、日本と中国の薬の神様(少名彦命と神農)が祭られている少名彦神社で御参りして、本草医書などを所蔵する杏雨書屋の見学へ。

2016.7.22.5
学生の頃に誰もが習った解体新書やその原本であるターヘル・アナトミアの実物など医学、薬学に関する貴重な資料が沢山あり、終始興奮!その一方で、薬草植物のボタニカルアートのくすりとは思えない美しさに魅せられ、心が満たされる素敵な空間でした。

2016.7.22.6
心が満たされた後は、緒方洪庵主宰の蘭学私塾である適塾の見学へ。
1冊しかない蘭和辞書を奪い合い、競って学ぶ門下生たちのストレスの捌け口となった刀傷でボロボロの柱なども残されており、その想像を絶する熱心さに驚くとともに、現代の学ぶための環境の豊さ、有り難さを実感するものでした。

2016.7.22.7
研修初日を終えて、改めて実感したことは、同じ内容でも大学生の時に聞くのと、色々知った今の私が聞くのと、心に響く深さや質が違うんだなぁということ。
何を今更って思う事も大切にしていきたいと思える素敵な日でした。

 

阪口珠未と薬膳セラピスト勉強会~大阪・京都研修レポ②~

【薬膳セラピスト研修②~武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園見学~】


引き続き、薬膳セラピスト3期生藍澤牧美さんのレポートです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_8059.jpg


薬膳セラピスト研修2日目は、「生きた薬草の博物館」とも言われる京都薬用植物園の見学へ。

IMG_8035.jpg

お天気も良く、真っ青な空に白い雲、そして、緑の美しい草木と、最高な見学日和!

P1100336.jpg

まずは、神戸から移築された素敵な洋館内に展示された生薬の標本などを見学。

IMG_8037.jpg

テレビCMなどでもお馴染みのタケダ漢方便秘薬の生薬である信州大黄や甘草だけでなく、普段はあまり見られない鹿の角や一角の牙などの動物生薬などもあり、自分の飲んでいる漢方にこんなのが入っているんだぁなど、なんだか無性に嬉しくなってしまいました。

IMG_8038.jpg

その後は、テーマに沿って様々な工夫で植栽されている薬用植物園へ。

P1100361.jpg

漢方キッチンの薬膳講座で学んだものも沢山あり、それらを実際に観て、聴いて、触れて、香り感じて、味わってと、五感をフルに使った楽しい見学!

IMG_8055.jpg

特に漢方処方園では、処方ごとに使われている生薬が植えられていて、しかも関連ある処方(例えば、四君子湯+半夏+陳皮=六君子湯)が一目でわかるように工夫されていて、とても感動しました。

IMG_8052.jpg


この漢方処方園のスタイルを保つために植え替えを頻繁にしていたり、地黄などは日本の土ではウィルスによりダメになってしまうそうで、毎年新しい株を植えたりと、こまめなメンテナンスを行うプロフェッショナルなお仕事と、おもてなしの心が素晴らしい薬用植物園でした。


P1100381.jpg

 そんな素晴らし植物園での研修2日目は、漢方キッチンが大切にしている「体感する」というコンセプトにぴったりの文字では得られない、腑に落ちる感覚を得ることできるとても充実した1日でした。

P1100390.jpg


 この2日間、普通では体験できない貴重で、とても楽しい時間を過ごさせていただき、阪口珠未先生とその御縁に心から感謝するとともに、これからもこのような漢方キッチンならではの楽しい学びが続くよう、薬膳セラピストとして、私も貢献していきたいです。

阪口珠未と薬膳セラピスト勉強会~大阪・京都研修レポ①~

こんにちは、薬膳研究家の阪口珠未です。 7月1日、2日。仕事で懇意にさせていただいている、武田薬品工業さんのご厚意で、「薬膳セラピスト特別研修会」を大阪・京都で、2日間開催いたしました。梅雨の晴れ間の2日間、武田薬品の方のご案内で、セラピストのみんなと楽しく学べました。
薬膳がつないでくれる、ご縁に感謝です。

当日の様子、勉強会を薬膳セラピスト3期生の藍澤牧美さんによるレポートを掲載します。
………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【薬膳セラピスト研修①~薬問屋の街巡り~in大阪府道修町~】

今年度初の薬膳セラピスト研修1日目は、薬問屋の街・大阪府道修町の見学でした。


IMG_7259.jpg


 まずは、くすりの道修町資料館で、館長による道修町の歴史やくすりにまつわる紙芝居セミナーと解説付きの資料館見学へ。

IMG_7269.jpg


道修町が「くすりの町」と呼ばれる所以は、八代将軍徳川吉宗の時代に、中国から輸入された生薬や日本で採れた生薬が全てこの町に集められ、これらの生薬の適正検査をし、値段を付け全国に売るという権利が、この町の薬種中買仲間(のちの製薬会社)に与えられたことにあるそう。

IMG_7281.jpg


資料館までの道中、右を見ても、左を見ても、製薬会社ばかりだったのも納得でした。
その他にも、薬学史って大学で勉強したっけ?と思うほど、へぇーへぇーと思う話が盛り沢山!そして、資料館も昔懐かしの家庭薬のパッケージや販促品なども展示されていて、とても面白かったです。

IMG_7332.jpg


その後は、日本と中国の薬の神様(少名彦命と神農)が祭られている少名彦神社で御参りして、本草医書などを所蔵する杏雨書屋の見学へ。

IMG_7373.jpg


学生の頃に誰もが習った解体新書やその原本であるターヘル・アナトミアの実物など医学、薬学に関する貴重な資料が沢山あり、終始興奮!その一方で、薬草植物のボタニカルアートのくすりとは思えない美しさに魅せられ、心が満たされる素敵な空間でした。

IMG_7368.jpg


心が満たされた後は、緒方洪庵主宰の蘭学私塾である適塾の見学へ。
1冊しかない蘭和辞書を奪い合い、競って学ぶ門下生たちのストレスの捌け口となった刀傷でボロボロの柱なども残されており、その想像を絶する熱心さに驚くとともに、現代の学ぶための環境の豊さ、有り難さを実感するものでした。

P1100315.jpg


研修初日を終えて、改めて実感したことは、同じ内容でも大学生の時に聞くのと、色々知った今の私が聞くのと、心に響く深さや質が違うんだなぁということ。
何を今更って思う事も大切にしていきたいと思える素敵な日でした。


「薬膳セラピスト」資格の商標登録できました~。

【薬膳セラピスト】資格。

以前より、の商標登録の出願をしておりましたが、特許庁より、「登録査定」が届きました!

shouhyoutouroku-m


うれしいです!


「薬膳セラピスト」は、漢方キッチンの商標となります。

薬膳セラピストが、活躍できる環境を、少しづつ、整えていきます。
もちろん、薬膳セラピストも、学びの成果をもって、たくさんの方たちのお役に立てるようにがんばっていきます。
よろしくおねがいします!




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン


「薬膳セラピスト」資格の商標登録できました~。

【薬膳セラピスト】資格。

以前より、の商標登録の出願をしておりましたが、特許庁より、「登録査定」が届きました!

shouhyoutouroku-m


うれしいです!


「薬膳セラピスト」は、漢方キッチンの商標となります。

薬膳セラピストが、活躍できる環境を、少しづつ、整えていきます。
もちろん、薬膳セラピストも、学びの成果をもって、たくさんの方たちのお役に立てるようにがんばっていきます。
よろしくおねがいします!




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン


子宮力アップセミナー開催しました。


薬膳セラピストの永井香代です。
先日楽膳イベントの「子宮力アップセミナー」を講師として担当しました。


漢方キッチンの阪口すみ先生のご指導のもと、薬膳でケアして44歳で自然妊娠、45歳で第一子を自然分娩にいたる体験談から、「子宮力アップ」につながる食材をいかにして、簡単に日々の食生活に取入れたらよいのかなど、お話いたしました。

生徒さんには、体質チェックをしてもらい、体質にあった薬膳茶を飲み、子宮力UPにおススメの炊込みご飯を食べながらセミナーを聞いていただき、質問あり、一時間半みっちりのセミナーでした。

生徒さんは漢方キッチン生徒さんのほかにも、はじめて漢方キッチンに来た方もたくさんいらしたので、これを機会に少しでも、薬膳に興味を持ってもらって、薬膳で体の体調を整える生活を取入れて欲しいです。

子宮力アップセミナー-2jpg 子宮力アップセミナー

18名の薬膳セラピスト3期生を輩出しました

18名の薬膳セラピスト3期生を輩出! 5月23日は「合格お祝い会」でした。 13254862_1011272682289549_5215988912123069780_o おいしいお食事を楽しみながら、ひとりひとりの思いをお話してもらいました。 みんな「発信すること」に意欲的♪ すばらしいです。 家庭でも、職場でも、友人の間でも、「今いるところ」から薬膳の輪を広げていってくれるはず。 私も「私にしかできないこと」をやりつづけて、一緒に成長したいです!
毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料! 簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。 楽膳クラブ 登録はこちらから 薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン 薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン

薬膳セラピスト3期生の試験を開催しました。


来る4月9日薬膳セラピスト試験を開催しました。


img160413.jpg


今年度は、18人の方が、「薬膳セラピスト」試験を受けてくださいました。
資格は取得して終わり、だと、意味がないと思うんです。

私もみんなも、成長しつづけられるよう、次の学びのサポートをさせてもらうには、今の会社の規模だと、1年間20人がリミットです。

でも、ひとりひとりの生徒さんと、つかながりを感じられるような、関係を作ってこれているのは、とてもありがたいことです。

もちろん、これから、規模を広げながら、少しずつ、受験してくださる方の人数も増やしていきますが、質の高いレッスンをしつづけられるようにがんばりたいとおもっています❤(ӦvӦ。)

一緒にまなびたい方、ぜひ、参加してみてくださいね。


阪口珠未





毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン


薬膳セラピスト3期生の試験を開催しました。


来る4月9日薬膳セラピスト試験を開催しました。


img160413.jpg


今年度は、18人の方が、「薬膳セラピスト」試験を受けてくださいました。
資格は取得して終わり、だと、意味がないと思うんです。

私もみんなも、成長しつづけられるよう、次の学びのサポートをさせてもらうには、今の会社の規模だと、1年間20人がリミットです。

でも、ひとりひとりの生徒さんと、つかながりを感じられるような、関係を作ってこれているのは、とてもありがたいことです。

もちろん、これから、規模を広げながら、少しずつ、受験してくださる方の人数も増やしていきますが、質の高いレッスンをしつづけられるようにがんばりたいとおもっています❤(ӦvӦ。)

一緒にまなびたい方、ぜひ、参加してみてくださいね。


阪口珠未





毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン


1234