カテゴリー別アーカイブ: 薬膳講習

【お席を追加しました】3月31日「はじめて薬膳セミナー」 満員につきお席を追加いたしました!

こんにちは

阪口です。

いつもありがとうございます。

3月31日の「はじめて薬膳セミナー」は早々に満席となりました。
ありがとうございます。

キャンセル待ちのお問い合わせもいただいており

お席を追加することといたしました。

ただ、今回の追加席については、
テーブル付きの椅子ではなく、
丸椅子となります。
どうぞ、ご了承ください。



ご希望の方は、お早めにお申込みください。


◆すでにお申込みの方へ。
やむなくご欠席される場合は、必ずご連絡をお願いいたします。
ご連絡なしのご欠席の場合、お席をお待ちの方へご案内をさせていただくことができません。
メールinfo@kanpokitchen.com
または、阪口携帯080-1183-7526まで
ご連絡ください。

【お申し込みはこちら】→

https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167

16996324_10209900961135016_7649967104487699258_n.jpg




講座に参加してくださった方の感想で多いのは

「学びが深い!」ということ。

薬膳の理論だけでなく

どうやって使うか
日本人に合う、おいしい組み合わせ

など、独自の健康に対する見地から解説
それを体験してもらうことで、
楽しく、深く学んでいただけるからです。


ぜひ、実際に試してみてみませんか?

当日は、阪口をはじめ、漢方キッチンの個性豊かな講師も登壇します。


mayumi web
岡山真弓講師

imanishi sq
今西清美講師

┏★━……───────────────────────────……━★┓
★/                          \★
☆  今回は、体質別のお茶をご用意します。
 漢方キッチンオリジナルの「薬膳アプリ」からご自身の体のタイプをチェックし
 お申し込みの際に、お体のタイプ(気虚・血虚など)を
 選択してください。

「薬膳アプリ」
https://creativesurvey.com/ng/answers/15b66d8c9d33806fb9268f07cef659
                          
★                            ★
☆\                           /☆
┗★━……───────────────────────────……━★┛「


薬膳茶写真


※会場はお席が限られております。ご希望の方はお早めにお申し込みください。


☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

3月31日開催! はじめて薬膳体験セミナー

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

【お申し込みはこちら】→
●お申込み完了メールが届かないことが多くなっております。
info@kanpokitchen.com からのメールが受け取れるように着信設定を行ってから申し込みください。
●お申し込み後、お申込み完了メールが届かない場合は、必要事項を記載いただき、FAXをおねがいします。(FAX番号:03-6303-3525)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167


「自分を変えたい」と思ったとき、体から変えることができること、知ってましたか?
食事を変えると心も体も動きはじめます。
気軽に薬膳を楽しむチャンス。
ぜひ、ご参加ください。

■当日の内容

★阪口すみ~春の薬膳セミナー

漢方キッチンの薬膳講師のミニセミナー
★「今からでも遅くない、いつからでも遅くない。イキイキ薬膳 」今西清美
★「薬剤師が教える家族の健康のための薬膳」岡山真弓


★あなたの体質にあった薬膳茶と薬膳スイーツつき
~お申込み時に薬膳アプリで体質チェックをしてから、お申込みください。


日本一手軽にできる薬膳アプリ
薬膳アプリロゴ


[お申込み期限] 3月27日(火)午後20時

[日時] 3月31日(土) 13:30~15:30頃
※15分前よりご入室いただけます。

[会場] ワンデー・オフィス・トーキョー
東京都渋谷区代々木1-38-7 川本ビル4F
【1階にスターバックスコーヒーのあるビルです】


JR・都営大江戸線 代々木駅 徒歩1分
小田急線 南新宿駅 徒歩4分
東京メトロ副都心線 北参道駅 徒歩7分

道案内

1. JR代々木駅西口・都営大江戸線A1/A2出口から出て下さい。
2. 交差点角のたいやき屋左側にあるスターバックスコーヒー横の階段を上がり中2階へ。
3. エレベーターで4Fへお上がり下さい。



[参加費] 1,000円(税込)
当日お支払いください。

[持ち物] 筆記用具

■キャンセルについて
お申し込みいただいた方には体質別にお茶をご用意しますので、
キャンセルの際は必ずご連絡ください。
info@kanpokitchen.com
または、080‐1183‐7526(阪口携帯)


■講師プロフィール
阪口すみ 
株式会社漢方キッチン代表
国立北京中医薬大学日本校講師。
91年より95年まで北京留学。
旧文部省国費留学生として北京中医薬大学に学ぶ。同大付属病院と薬膳レストランで臨床と実習を行う。
「おいしく、カラダとココロをリリースする」をモットーに1999年株式会社漢方キッチン設立。
おいしくわかりやすい薬膳料理と独自の観点から体と心を捉える講義が人気。

----------------------------------

岡山真弓:漢方キッチン認定 薬膳セラピスト
薬剤師、中医薬カウンセラー、
30年近く薬剤師として病院、ドラッグストア、調剤薬局で勤務。
近年、アトピーや鼻炎、生理のトラブルで薬を服用しながら長く通院する方々に出会い、薬だけに頼らず根本的に不調を解決する方法はないかを模索し『中医学』『薬膳』に出会う。
阪口すみ先生の『毎日食べるものが身体を作る』という教えに感銘を受け、漢方キッチンで学び薬膳セラビストとなる。
薬剤師として薬を渡すだけでなく、生活、食事で体の質を高めるアドバイスが好評。
夫、一男二女、猫2匹と暮らす。金沢市出身。
----------------------------------

今西清美
漢方キッチン認定 薬膳セラピスト
国際中医薬膳師、国際中医師、精進料理家
30年以上の精進料理歴があり、精進弁当で家族の健康を守ってきた経験をもつ。
精進料理指導歴は20年以上にわたる。北京中医薬大学日本校で学ぶ。
在学中に師事した阪口すみの薬膳に対する考えに共鳴し、漢方キッチンで改めて薬膳を学び、
薬膳セラピストとなる。
乳児から高齢者までの一生を通しての「食と健康」の重大さを伝えることが自分の使命と考えている。


【お申し込みはこちら】→
●お申込み完了メールが届かないことが多くなっております。
info@kanpokitchen.com からのメールが受け取れるように着信設定を行ってから申し込みください。
●お申し込み後、お申込み完了メールが届かない場合は、必要事項を記載いただき、FAXをおねがいします。(FAX番号:03-6303-3525)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167



お会いできるのを楽しみにしております。




---------------------------------

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

漢方キッチン 事務局
**------------------------------------------------**
メール:info@kanpokitchen.com
Tel: 03-3791-4857
Fax: 03-6303-3525

薬膳の「わかりやすい中医学の基礎」クラスのテキストが完成しました

6月2日から

「わかりやすい中医学の基礎」クラスが

始まります。

http://yakuzenkouza.cart.fc2.com/ca15/83/p-r-s/

今回、今までのクラスでのレジメを一気に加筆した

オリジナルテキストが完成しました。


薬膳の考え方を伝えたくて、

漢方キッチンという会社を作ってから、

19年になります。

今でこそ、みなさまに薬膳を伝えることに、

自信が持てるようになってきましたが

北京の大学に留学していたころは、

中国医学の理論が理解できず、

とても苦労しました。

漢字ばかりのテキスト。

「臓器に感情がある」とか、
「各臓器に神がいる」とか

非科学的に感じて

どう受け入れていいやら、わかりませんでした。

今、考えると、新しいことを学ぶのに

今まで自分が知っている「理屈」の中に

押し込もうとしていたんですね。

ある日、ふと、古い象形文字の本を読んでいたら

「神」ろいう字は、左側は「いけにえ」をささげる台のイメージ図で、

右側は「おつげ」を意味する、「かみなり」のイメージ図だと書いてありました。

もともとイメージ図から象形文字、

漢字へと発展してきたものを

思考に使っている民族の理屈なら

臓器もイメージとしてとらえたらどうだろうと

思いました。

それで各臓器を、それぞれ別々の個性あるキャラクターに例え、

彼らが協力したり、牽制しあったりしている

と考えてみたら、

今までわかならなかった中医学の理屈が、

とてもわかりやすくなりました
 
それぞれの臓器に「神」が宿るというのは、そういうことかと

腑に落ち、臓器の健康な状態、病気の状態が

イメージできるようになりました。

今回のテキストは、私のそんな経験を活かして、

中医学を初めて学ぶ人にも、わかりやすく作りました。


img2018 524




西洋医学では身体の各臓器や細胞が

それぞれ独立したものとしてとらえますが

中国医学では、臓器や細胞がそれぞれ異なる役割を担当しながら、

お互いにつながり、協力していると考えます。

その「つながり」に焦点を当てるのが中国医学とも言えます。

これは、中国医学が人間を自然界の中で、

その仕組みに影響を受けながら生きている動物であり、

自然界である役割を担う「一部」と考えているからです。

中国医学の理論の魅力は

「私たちが慣れ親しんだ西洋文化的な理論」と

別の枠組みを持つ理論体系ということ。

考え方の枠組みが増えれば、

それだけ、判断をするときの選択肢が増え、

的確な判断ができるようになります。

自分の体、心、命というものに対して、

さまざまな見方ができるようになることは、

私たちの生き方を豊かにしてくれます。


6月2日(土)午後15時~より、クラスを開講予定です。

まだお席に余裕がありますので、ご興味のある方は、ご参加ください。

講師は、漢方キッチンの講師であり、薬剤師の岡山真弓が担当しています。

もちろん、各回テーマに合わせた薬膳スープがつきます。


詳しくはこちらをご覧くださいね。

http://yakuzenkouza.cart.fc2.com/ca15/83/p-r-s/

明日もよい1日ですように。

【お席を追加しました】3月31日「はじめて薬膳セミナー」 満員につきお席を追加いたしました!

こんにちは

阪口です。

いつもありがとうございます。

3月31日の「はじめて薬膳セミナー」は早々に満席となりました。
ありがとうございます。

キャンセル待ちのお問い合わせもいただいており

お席を追加することといたしました。

ただ、今回の追加席については、
テーブル付きの椅子ではなく、
丸椅子となります。
どうぞ、ご了承ください。



ご希望の方は、お早めにお申込みください。


◆すでにお申込みの方へ。
やむなくご欠席される場合は、必ずご連絡をお願いいたします。
ご連絡なしのご欠席の場合、お席をお待ちの方へご案内をさせていただくことができません。
メールinfo@kanpokitchen.com
または、阪口携帯080-1183-7526まで
ご連絡ください。

【お申し込みはこちら】→

https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167

16996324_10209900961135016_7649967104487699258_n.jpg




講座に参加してくださった方の感想で多いのは

「学びが深い!」ということ。

薬膳の理論だけでなく

どうやって使うか
日本人に合う、おいしい組み合わせ

など、独自の健康に対する見地から解説
それを体験してもらうことで、
楽しく、深く学んでいただけるからです。


ぜひ、実際に試してみてみませんか?

当日は、阪口をはじめ、漢方キッチンの個性豊かな講師も登壇します。


mayumi web
岡山真弓講師

imanishi sq
今西清美講師

┏★━……───────────────────────────……━★┓
★/                          \★
☆  今回は、体質別のお茶をご用意します。
 漢方キッチンオリジナルの「薬膳アプリ」からご自身の体のタイプをチェックし
 お申し込みの際に、お体のタイプ(気虚・血虚など)を
 選択してください。

「薬膳アプリ」
https://creativesurvey.com/ng/answers/15b66d8c9d33806fb9268f07cef659
                          
★                            ★
☆\                           /☆
┗★━……───────────────────────────……━★┛「


薬膳茶写真


※会場はお席が限られております。ご希望の方はお早めにお申し込みください。


☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

3月31日開催! はじめて薬膳体験セミナー

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

【お申し込みはこちら】→
●お申込み完了メールが届かないことが多くなっております。
info@kanpokitchen.com からのメールが受け取れるように着信設定を行ってから申し込みください。
●お申し込み後、お申込み完了メールが届かない場合は、必要事項を記載いただき、FAXをおねがいします。(FAX番号:03-6303-3525)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167


「自分を変えたい」と思ったとき、体から変えることができること、知ってましたか?
食事を変えると心も体も動きはじめます。
気軽に薬膳を楽しむチャンス。
ぜひ、ご参加ください。

■当日の内容

★阪口すみ~春の薬膳セミナー

漢方キッチンの薬膳講師のミニセミナー
★「今からでも遅くない、いつからでも遅くない。イキイキ薬膳 」今西清美
★「薬剤師が教える家族の健康のための薬膳」岡山真弓


★あなたの体質にあった薬膳茶と薬膳スイーツつき
~お申込み時に薬膳アプリで体質チェックをしてから、お申込みください。


日本一手軽にできる薬膳アプリ
薬膳アプリロゴ


[お申込み期限] 3月27日(火)午後20時

[日時] 3月31日(土) 13:30~15:30頃
※15分前よりご入室いただけます。

[会場] ワンデー・オフィス・トーキョー
東京都渋谷区代々木1-38-7 川本ビル4F
【1階にスターバックスコーヒーのあるビルです】


JR・都営大江戸線 代々木駅 徒歩1分
小田急線 南新宿駅 徒歩4分
東京メトロ副都心線 北参道駅 徒歩7分

道案内

1. JR代々木駅西口・都営大江戸線A1/A2出口から出て下さい。
2. 交差点角のたいやき屋左側にあるスターバックスコーヒー横の階段を上がり中2階へ。
3. エレベーターで4Fへお上がり下さい。



[参加費] 1,000円(税込)
当日お支払いください。

[持ち物] 筆記用具

■キャンセルについて
お申し込みいただいた方には体質別にお茶をご用意しますので、
キャンセルの際は必ずご連絡ください。
info@kanpokitchen.com
または、080‐1183‐7526(阪口携帯)


■講師プロフィール
阪口すみ 
株式会社漢方キッチン代表
国立北京中医薬大学日本校講師。
91年より95年まで北京留学。
旧文部省国費留学生として北京中医薬大学に学ぶ。同大付属病院と薬膳レストランで臨床と実習を行う。
「おいしく、カラダとココロをリリースする」をモットーに1999年株式会社漢方キッチン設立。
おいしくわかりやすい薬膳料理と独自の観点から体と心を捉える講義が人気。

----------------------------------

岡山真弓:漢方キッチン認定 薬膳セラピスト
薬剤師、中医薬カウンセラー、
30年近く薬剤師として病院、ドラッグストア、調剤薬局で勤務。
近年、アトピーや鼻炎、生理のトラブルで薬を服用しながら長く通院する方々に出会い、薬だけに頼らず根本的に不調を解決する方法はないかを模索し『中医学』『薬膳』に出会う。
阪口すみ先生の『毎日食べるものが身体を作る』という教えに感銘を受け、漢方キッチンで学び薬膳セラビストとなる。
薬剤師として薬を渡すだけでなく、生活、食事で体の質を高めるアドバイスが好評。
夫、一男二女、猫2匹と暮らす。金沢市出身。
----------------------------------

今西清美
漢方キッチン認定 薬膳セラピスト
国際中医薬膳師、国際中医師、精進料理家
30年以上の精進料理歴があり、精進弁当で家族の健康を守ってきた経験をもつ。
精進料理指導歴は20年以上にわたる。北京中医薬大学日本校で学ぶ。
在学中に師事した阪口すみの薬膳に対する考えに共鳴し、漢方キッチンで改めて薬膳を学び、
薬膳セラピストとなる。
乳児から高齢者までの一生を通しての「食と健康」の重大さを伝えることが自分の使命と考えている。


【お申し込みはこちら】→
●お申込み完了メールが届かないことが多くなっております。
info@kanpokitchen.com からのメールが受け取れるように着信設定を行ってから申し込みください。
●お申し込み後、お申込み完了メールが届かない場合は、必要事項を記載いただき、FAXをおねがいします。(FAX番号:03-6303-3525)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167



お会いできるのを楽しみにしております。




---------------------------------

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

漢方キッチン 事務局
**------------------------------------------------**
メール:info@kanpokitchen.com
Tel: 03-3791-4857
Fax: 03-6303-3525

薬膳の「わかりやすい中医学の基礎」クラスのテキストが完成しました

6月2日から

「わかりやすい中医学の基礎」クラスが

始まります。

http://yakuzenkouza.cart.fc2.com/ca15/83/p-r-s/

今回、今までのクラスでのレジメを一気に加筆した

オリジナルテキストが完成しました。


薬膳の考え方を伝えたくて、

漢方キッチンという会社を作ってから、

19年になります。

今でこそ、みなさまに薬膳を伝えることに、

自信が持てるようになってきましたが

北京の大学に留学していたころは、

中国医学の理論が理解できず、

とても苦労しました。

漢字ばかりのテキスト。

「臓器に感情がある」とか、
「各臓器に神がいる」とか

非科学的に感じて

どう受け入れていいやら、わかりませんでした。

今、考えると、新しいことを学ぶのに

今まで自分が知っている「理屈」の中に

押し込もうとしていたんですね。

ある日、ふと、古い象形文字の本を読んでいたら

「神」ろいう字は、左側は「いけにえ」をささげる台のイメージ図で、

右側は「おつげ」を意味する、「かみなり」のイメージ図だと書いてありました。

もともとイメージ図から象形文字、

漢字へと発展してきたものを

思考に使っている民族の理屈なら

臓器もイメージとしてとらえたらどうだろうと

思いました。

それで各臓器を、それぞれ別々の個性あるキャラクターに例え、

彼らが協力したり、牽制しあったりしている

と考えてみたら、

今までわかならなかった中医学の理屈が、

とてもわかりやすくなりました
 
それぞれの臓器に「神」が宿るというのは、そういうことかと

腑に落ち、臓器の健康な状態、病気の状態が

イメージできるようになりました。

今回のテキストは、私のそんな経験を活かして、

中医学を初めて学ぶ人にも、わかりやすく作りました。


img2018 524




西洋医学では身体の各臓器や細胞が

それぞれ独立したものとしてとらえますが

中国医学では、臓器や細胞がそれぞれ異なる役割を担当しながら、

お互いにつながり、協力していると考えます。

その「つながり」に焦点を当てるのが中国医学とも言えます。

これは、中国医学が人間を自然界の中で、

その仕組みに影響を受けながら生きている動物であり、

自然界である役割を担う「一部」と考えているからです。

中国医学の理論の魅力は

「私たちが慣れ親しんだ西洋文化的な理論」と

別の枠組みを持つ理論体系ということ。

考え方の枠組みが増えれば、

それだけ、判断をするときの選択肢が増え、

的確な判断ができるようになります。

自分の体、心、命というものに対して、

さまざまな見方ができるようになることは、

私たちの生き方を豊かにしてくれます。


6月2日(土)午後15時~より、クラスを開講予定です。

まだお席に余裕がありますので、ご興味のある方は、ご参加ください。

講師は、漢方キッチンの講師であり、薬剤師の岡山真弓が担当しています。

もちろん、各回テーマに合わせた薬膳スープがつきます。


詳しくはこちらをご覧くださいね。

http://yakuzenkouza.cart.fc2.com/ca15/83/p-r-s/

明日もよい1日ですように。

【お席を追加しました】3月31日「はじめて薬膳セミナー」 満員につきお席を追加いたしました!

こんにちは

阪口です。

いつもありがとうございます。

3月31日の「はじめて薬膳セミナー」は早々に満席となりました。
ありがとうございます。

キャンセル待ちのお問い合わせもいただいており

お席を追加することといたしました。

ただ、今回の追加席については、
テーブル付きの椅子ではなく、
丸椅子となります。
どうぞ、ご了承ください。



ご希望の方は、お早めにお申込みください。


◆すでにお申込みの方へ。
やむなくご欠席される場合は、必ずご連絡をお願いいたします。
ご連絡なしのご欠席の場合、お席をお待ちの方へご案内をさせていただくことができません。
メールinfo@kanpokitchen.com
または、阪口携帯080-1183-7526まで
ご連絡ください。

【お申し込みはこちら】→

https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167

16996324_10209900961135016_7649967104487699258_n.jpg




講座に参加してくださった方の感想で多いのは

「学びが深い!」ということ。

薬膳の理論だけでなく

どうやって使うか
日本人に合う、おいしい組み合わせ

など、独自の健康に対する見地から解説
それを体験してもらうことで、
楽しく、深く学んでいただけるからです。


ぜひ、実際に試してみてみませんか?

当日は、阪口をはじめ、漢方キッチンの個性豊かな講師も登壇します。


mayumi web
岡山真弓講師

imanishi sq
今西清美講師

┏★━……───────────────────────────……━★┓
★/                          \★
☆  今回は、体質別のお茶をご用意します。
 漢方キッチンオリジナルの「薬膳アプリ」からご自身の体のタイプをチェックし
 お申し込みの際に、お体のタイプ(気虚・血虚など)を
 選択してください。

「薬膳アプリ」
https://creativesurvey.com/ng/answers/15b66d8c9d33806fb9268f07cef659
                          
★                            ★
☆\                           /☆
┗★━……───────────────────────────……━★┛「


薬膳茶写真


※会場はお席が限られております。ご希望の方はお早めにお申し込みください。


☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

3月31日開催! はじめて薬膳体験セミナー

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

【お申し込みはこちら】→
●お申込み完了メールが届かないことが多くなっております。
info@kanpokitchen.com からのメールが受け取れるように着信設定を行ってから申し込みください。
●お申し込み後、お申込み完了メールが届かない場合は、必要事項を記載いただき、FAXをおねがいします。(FAX番号:03-6303-3525)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167


「自分を変えたい」と思ったとき、体から変えることができること、知ってましたか?
食事を変えると心も体も動きはじめます。
気軽に薬膳を楽しむチャンス。
ぜひ、ご参加ください。

■当日の内容

★阪口すみ~春の薬膳セミナー

漢方キッチンの薬膳講師のミニセミナー
★「今からでも遅くない、いつからでも遅くない。イキイキ薬膳 」今西清美
★「薬剤師が教える家族の健康のための薬膳」岡山真弓


★あなたの体質にあった薬膳茶と薬膳スイーツつき
~お申込み時に薬膳アプリで体質チェックをしてから、お申込みください。


日本一手軽にできる薬膳アプリ
薬膳アプリロゴ


[お申込み期限] 3月27日(火)午後20時

[日時] 3月31日(土) 13:30~15:30頃
※15分前よりご入室いただけます。

[会場] ワンデー・オフィス・トーキョー
東京都渋谷区代々木1-38-7 川本ビル4F
【1階にスターバックスコーヒーのあるビルです】


JR・都営大江戸線 代々木駅 徒歩1分
小田急線 南新宿駅 徒歩4分
東京メトロ副都心線 北参道駅 徒歩7分

道案内

1. JR代々木駅西口・都営大江戸線A1/A2出口から出て下さい。
2. 交差点角のたいやき屋左側にあるスターバックスコーヒー横の階段を上がり中2階へ。
3. エレベーターで4Fへお上がり下さい。



[参加費] 1,000円(税込)
当日お支払いください。

[持ち物] 筆記用具

■キャンセルについて
お申し込みいただいた方には体質別にお茶をご用意しますので、
キャンセルの際は必ずご連絡ください。
info@kanpokitchen.com
または、080‐1183‐7526(阪口携帯)


■講師プロフィール
阪口すみ 
株式会社漢方キッチン代表
国立北京中医薬大学日本校講師。
91年より95年まで北京留学。
旧文部省国費留学生として北京中医薬大学に学ぶ。同大付属病院と薬膳レストランで臨床と実習を行う。
「おいしく、カラダとココロをリリースする」をモットーに1999年株式会社漢方キッチン設立。
おいしくわかりやすい薬膳料理と独自の観点から体と心を捉える講義が人気。

----------------------------------

岡山真弓:漢方キッチン認定 薬膳セラピスト
薬剤師、中医薬カウンセラー、
30年近く薬剤師として病院、ドラッグストア、調剤薬局で勤務。
近年、アトピーや鼻炎、生理のトラブルで薬を服用しながら長く通院する方々に出会い、薬だけに頼らず根本的に不調を解決する方法はないかを模索し『中医学』『薬膳』に出会う。
阪口すみ先生の『毎日食べるものが身体を作る』という教えに感銘を受け、漢方キッチンで学び薬膳セラビストとなる。
薬剤師として薬を渡すだけでなく、生活、食事で体の質を高めるアドバイスが好評。
夫、一男二女、猫2匹と暮らす。金沢市出身。
----------------------------------

今西清美
漢方キッチン認定 薬膳セラピスト
国際中医薬膳師、国際中医師、精進料理家
30年以上の精進料理歴があり、精進弁当で家族の健康を守ってきた経験をもつ。
精進料理指導歴は20年以上にわたる。北京中医薬大学日本校で学ぶ。
在学中に師事した阪口すみの薬膳に対する考えに共鳴し、漢方キッチンで改めて薬膳を学び、
薬膳セラピストとなる。
乳児から高齢者までの一生を通しての「食と健康」の重大さを伝えることが自分の使命と考えている。


【お申し込みはこちら】→
●お申込み完了メールが届かないことが多くなっております。
info@kanpokitchen.com からのメールが受け取れるように着信設定を行ってから申し込みください。
●お申し込み後、お申込み完了メールが届かない場合は、必要事項を記載いただき、FAXをおねがいします。(FAX番号:03-6303-3525)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167



お会いできるのを楽しみにしております。




---------------------------------

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

漢方キッチン 事務局
**------------------------------------------------**
メール:info@kanpokitchen.com
Tel: 03-3791-4857
Fax: 03-6303-3525

【お席を追加しました】3月31日「はじめて薬膳セミナー」 満員につきお席を追加いたしました!

こんにちは

阪口です。

いつもありがとうございます。

3月31日の「はじめて薬膳セミナー」は早々に満席となりました。
ありがとうございます。

キャンセル待ちのお問い合わせもいただいており

お席を追加することといたしました。

ただ、今回の追加席については、
テーブル付きの椅子ではなく、
丸椅子となります。
どうぞ、ご了承ください。



ご希望の方は、お早めにお申込みください。


◆すでにお申込みの方へ。
やむなくご欠席される場合は、必ずご連絡をお願いいたします。
ご連絡なしのご欠席の場合、お席をお待ちの方へご案内をさせていただくことができません。
メールinfo@kanpokitchen.com
または、阪口携帯080-1183-7526まで
ご連絡ください。

【お申し込みはこちら】→

https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167

16996324_10209900961135016_7649967104487699258_n.jpg




講座に参加してくださった方の感想で多いのは

「学びが深い!」ということ。

薬膳の理論だけでなく

どうやって使うか
日本人に合う、おいしい組み合わせ

など、独自の健康に対する見地から解説
それを体験してもらうことで、
楽しく、深く学んでいただけるからです。


ぜひ、実際に試してみてみませんか?

当日は、阪口をはじめ、漢方キッチンの個性豊かな講師も登壇します。


mayumi web
岡山真弓講師

imanishi sq
今西清美講師

┏★━……───────────────────────────……━★┓
★/                          \★
☆  今回は、体質別のお茶をご用意します。
 漢方キッチンオリジナルの「薬膳アプリ」からご自身の体のタイプをチェックし
 お申し込みの際に、お体のタイプ(気虚・血虚など)を
 選択してください。

「薬膳アプリ」
https://creativesurvey.com/ng/answers/15b66d8c9d33806fb9268f07cef659
                          
★                            ★
☆\                           /☆
┗★━……───────────────────────────……━★┛「


薬膳茶写真


※会場はお席が限られております。ご希望の方はお早めにお申し込みください。


☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

3月31日開催! はじめて薬膳体験セミナー

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

【お申し込みはこちら】→
●お申込み完了メールが届かないことが多くなっております。
info@kanpokitchen.com からのメールが受け取れるように着信設定を行ってから申し込みください。
●お申し込み後、お申込み完了メールが届かない場合は、必要事項を記載いただき、FAXをおねがいします。(FAX番号:03-6303-3525)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167


「自分を変えたい」と思ったとき、体から変えることができること、知ってましたか?
食事を変えると心も体も動きはじめます。
気軽に薬膳を楽しむチャンス。
ぜひ、ご参加ください。

■当日の内容

★阪口すみ~春の薬膳セミナー

漢方キッチンの薬膳講師のミニセミナー
★「今からでも遅くない、いつからでも遅くない。イキイキ薬膳 」今西清美
★「薬剤師が教える家族の健康のための薬膳」岡山真弓


★あなたの体質にあった薬膳茶と薬膳スイーツつき
~お申込み時に薬膳アプリで体質チェックをしてから、お申込みください。


日本一手軽にできる薬膳アプリ
薬膳アプリロゴ


[お申込み期限] 3月27日(火)午後20時

[日時] 3月31日(土) 13:30~15:30頃
※15分前よりご入室いただけます。

[会場] ワンデー・オフィス・トーキョー
東京都渋谷区代々木1-38-7 川本ビル4F
【1階にスターバックスコーヒーのあるビルです】


JR・都営大江戸線 代々木駅 徒歩1分
小田急線 南新宿駅 徒歩4分
東京メトロ副都心線 北参道駅 徒歩7分

道案内

1. JR代々木駅西口・都営大江戸線A1/A2出口から出て下さい。
2. 交差点角のたいやき屋左側にあるスターバックスコーヒー横の階段を上がり中2階へ。
3. エレベーターで4Fへお上がり下さい。



[参加費] 1,000円(税込)
当日お支払いください。

[持ち物] 筆記用具

■キャンセルについて
お申し込みいただいた方には体質別にお茶をご用意しますので、
キャンセルの際は必ずご連絡ください。
info@kanpokitchen.com
または、080‐1183‐7526(阪口携帯)


■講師プロフィール
阪口すみ 
株式会社漢方キッチン代表
国立北京中医薬大学日本校講師。
91年より95年まで北京留学。
旧文部省国費留学生として北京中医薬大学に学ぶ。同大付属病院と薬膳レストランで臨床と実習を行う。
「おいしく、カラダとココロをリリースする」をモットーに1999年株式会社漢方キッチン設立。
おいしくわかりやすい薬膳料理と独自の観点から体と心を捉える講義が人気。

----------------------------------

岡山真弓:漢方キッチン認定 薬膳セラピスト
薬剤師、中医薬カウンセラー、
30年近く薬剤師として病院、ドラッグストア、調剤薬局で勤務。
近年、アトピーや鼻炎、生理のトラブルで薬を服用しながら長く通院する方々に出会い、薬だけに頼らず根本的に不調を解決する方法はないかを模索し『中医学』『薬膳』に出会う。
阪口すみ先生の『毎日食べるものが身体を作る』という教えに感銘を受け、漢方キッチンで学び薬膳セラビストとなる。
薬剤師として薬を渡すだけでなく、生活、食事で体の質を高めるアドバイスが好評。
夫、一男二女、猫2匹と暮らす。金沢市出身。
----------------------------------

今西清美
漢方キッチン認定 薬膳セラピスト
国際中医薬膳師、国際中医師、精進料理家
30年以上の精進料理歴があり、精進弁当で家族の健康を守ってきた経験をもつ。
精進料理指導歴は20年以上にわたる。北京中医薬大学日本校で学ぶ。
在学中に師事した阪口すみの薬膳に対する考えに共鳴し、漢方キッチンで改めて薬膳を学び、
薬膳セラピストとなる。
乳児から高齢者までの一生を通しての「食と健康」の重大さを伝えることが自分の使命と考えている。


【お申し込みはこちら】→
●お申込み完了メールが届かないことが多くなっております。
info@kanpokitchen.com からのメールが受け取れるように着信設定を行ってから申し込みください。
●お申し込み後、お申込み完了メールが届かない場合は、必要事項を記載いただき、FAXをおねがいします。(FAX番号:03-6303-3525)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167



お会いできるのを楽しみにしております。




---------------------------------

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

漢方キッチン 事務局
**------------------------------------------------**
メール:info@kanpokitchen.com
Tel: 03-3791-4857
Fax: 03-6303-3525

薬膳の「わかりやすい中医学の基礎」クラスのテキストが完成しました

6月2日から

「わかりやすい中医学の基礎」クラスが

始まります。

http://yakuzenkouza.cart.fc2.com/ca15/83/p-r-s/

今回、今までのクラスでのレジメを一気に加筆した

オリジナルテキストが完成しました。


薬膳の考え方を伝えたくて、

漢方キッチンという会社を作ってから、

19年になります。

今でこそ、みなさまに薬膳を伝えることに、

自信が持てるようになってきましたが

北京の大学に留学していたころは、

中国医学の理論が理解できず、

とても苦労しました。

漢字ばかりのテキスト。

「臓器に感情がある」とか、
「各臓器に神がいる」とか

非科学的に感じて

どう受け入れていいやら、わかりませんでした。

今、考えると、新しいことを学ぶのに

今まで自分が知っている「理屈」の中に

押し込もうとしていたんですね。

ある日、ふと、古い象形文字の本を読んでいたら

「神」ろいう字は、左側は「いけにえ」をささげる台のイメージ図で、

右側は「おつげ」を意味する、「かみなり」のイメージ図だと書いてありました。

もともとイメージ図から象形文字、

漢字へと発展してきたものを

思考に使っている民族の理屈なら

臓器もイメージとしてとらえたらどうだろうと

思いました。

それで各臓器を、それぞれ別々の個性あるキャラクターに例え、

彼らが協力したり、牽制しあったりしている

と考えてみたら、

今までわかならなかった中医学の理屈が、

とてもわかりやすくなりました
 
それぞれの臓器に「神」が宿るというのは、そういうことかと

腑に落ち、臓器の健康な状態、病気の状態が

イメージできるようになりました。

今回のテキストは、私のそんな経験を活かして、

中医学を初めて学ぶ人にも、わかりやすく作りました。


img2018 524




西洋医学では身体の各臓器や細胞が

それぞれ独立したものとしてとらえますが

中国医学では、臓器や細胞がそれぞれ異なる役割を担当しながら、

お互いにつながり、協力していると考えます。

その「つながり」に焦点を当てるのが中国医学とも言えます。

これは、中国医学が人間を自然界の中で、

その仕組みに影響を受けながら生きている動物であり、

自然界である役割を担う「一部」と考えているからです。

中国医学の理論の魅力は

「私たちが慣れ親しんだ西洋文化的な理論」と

別の枠組みを持つ理論体系ということ。

考え方の枠組みが増えれば、

それだけ、判断をするときの選択肢が増え、

的確な判断ができるようになります。

自分の体、心、命というものに対して、

さまざまな見方ができるようになることは、

私たちの生き方を豊かにしてくれます。


6月2日(土)午後15時~より、クラスを開講予定です。

まだお席に余裕がありますので、ご興味のある方は、ご参加ください。

講師は、漢方キッチンの講師であり、薬剤師の岡山真弓が担当しています。

もちろん、各回テーマに合わせた薬膳スープがつきます。


詳しくはこちらをご覧くださいね。

http://yakuzenkouza.cart.fc2.com/ca15/83/p-r-s/

明日もよい1日ですように。

薬膳の「わかりやすい中医学の基礎」クラスのテキストが完成しました

6月2日から

「わかりやすい中医学の基礎」クラスが

始まります。

http://yakuzenkouza.cart.fc2.com/ca15/83/p-r-s/

今回、今までのクラスでのレジメを一気に加筆した

オリジナルテキストが完成しました。


薬膳の考え方を伝えたくて、

漢方キッチンという会社を作ってから、

19年になります。

今でこそ、みなさまに薬膳を伝えることに、

自信が持てるようになってきましたが

北京の大学に留学していたころは、

中国医学の理論が理解できず、

とても苦労しました。

漢字ばかりのテキスト。

「臓器に感情がある」とか、
「各臓器に神がいる」とか

非科学的に感じて

どう受け入れていいやら、わかりませんでした。

今、考えると、新しいことを学ぶのに

今まで自分が知っている「理屈」の中に

押し込もうとしていたんですね。

ある日、ふと、古い象形文字の本を読んでいたら

「神」ろいう字は、左側は「いけにえ」をささげる台のイメージ図で、

右側は「おつげ」を意味する、「かみなり」のイメージ図だと書いてありました。

もともとイメージ図から象形文字、

漢字へと発展してきたものを

思考に使っている民族の理屈なら

臓器もイメージとしてとらえたらどうだろうと

思いました。

それで各臓器を、それぞれ別々の個性あるキャラクターに例え、

彼らが協力したり、牽制しあったりしている

と考えてみたら、

今までわかならなかった中医学の理屈が、

とてもわかりやすくなりました
 
それぞれの臓器に「神」が宿るというのは、そういうことかと

腑に落ち、臓器の健康な状態、病気の状態が

イメージできるようになりました。

今回のテキストは、私のそんな経験を活かして、

中医学を初めて学ぶ人にも、わかりやすく作りました。


img2018 524




西洋医学では身体の各臓器や細胞が

それぞれ独立したものとしてとらえますが

中国医学では、臓器や細胞がそれぞれ異なる役割を担当しながら、

お互いにつながり、協力していると考えます。

その「つながり」に焦点を当てるのが中国医学とも言えます。

これは、中国医学が人間を自然界の中で、

その仕組みに影響を受けながら生きている動物であり、

自然界である役割を担う「一部」と考えているからです。

中国医学の理論の魅力は

「私たちが慣れ親しんだ西洋文化的な理論」と

別の枠組みを持つ理論体系ということ。

考え方の枠組みが増えれば、

それだけ、判断をするときの選択肢が増え、

的確な判断ができるようになります。

自分の体、心、命というものに対して、

さまざまな見方ができるようになることは、

私たちの生き方を豊かにしてくれます。


6月2日(土)午後15時~より、クラスを開講予定です。

まだお席に余裕がありますので、ご興味のある方は、ご参加ください。

講師は、漢方キッチンの講師であり、薬剤師の岡山真弓が担当しています。

もちろん、各回テーマに合わせた薬膳スープがつきます。


詳しくはこちらをご覧くださいね。

http://yakuzenkouza.cart.fc2.com/ca15/83/p-r-s/

明日もよい1日ですように。

【お席を追加しました】3月31日「はじめて薬膳セミナー」 満員につきお席を追加いたしました!

こんにちは

阪口です。

いつもありがとうございます。

3月31日の「はじめて薬膳セミナー」は早々に満席となりました。
ありがとうございます。

キャンセル待ちのお問い合わせもいただいており

お席を追加することといたしました。

ただ、今回の追加席については、
テーブル付きの椅子ではなく、
丸椅子となります。
どうぞ、ご了承ください。



ご希望の方は、お早めにお申込みください。


◆すでにお申込みの方へ。
やむなくご欠席される場合は、必ずご連絡をお願いいたします。
ご連絡なしのご欠席の場合、お席をお待ちの方へご案内をさせていただくことができません。
メールinfo@kanpokitchen.com
または、阪口携帯080-1183-7526まで
ご連絡ください。

【お申し込みはこちら】→

https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167

16996324_10209900961135016_7649967104487699258_n.jpg




講座に参加してくださった方の感想で多いのは

「学びが深い!」ということ。

薬膳の理論だけでなく

どうやって使うか
日本人に合う、おいしい組み合わせ

など、独自の健康に対する見地から解説
それを体験してもらうことで、
楽しく、深く学んでいただけるからです。


ぜひ、実際に試してみてみませんか?

当日は、阪口をはじめ、漢方キッチンの個性豊かな講師も登壇します。


mayumi web
岡山真弓講師

imanishi sq
今西清美講師

┏★━……───────────────────────────……━★┓
★/                          \★
☆  今回は、体質別のお茶をご用意します。
 漢方キッチンオリジナルの「薬膳アプリ」からご自身の体のタイプをチェックし
 お申し込みの際に、お体のタイプ(気虚・血虚など)を
 選択してください。

「薬膳アプリ」
https://creativesurvey.com/ng/answers/15b66d8c9d33806fb9268f07cef659
                          
★                            ★
☆\                           /☆
┗★━……───────────────────────────……━★┛「


薬膳茶写真


※会場はお席が限られております。ご希望の方はお早めにお申し込みください。


☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

3月31日開催! はじめて薬膳体験セミナー

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆

【お申し込みはこちら】→
●お申込み完了メールが届かないことが多くなっております。
info@kanpokitchen.com からのメールが受け取れるように着信設定を行ってから申し込みください。
●お申し込み後、お申込み完了メールが届かない場合は、必要事項を記載いただき、FAXをおねがいします。(FAX番号:03-6303-3525)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167


「自分を変えたい」と思ったとき、体から変えることができること、知ってましたか?
食事を変えると心も体も動きはじめます。
気軽に薬膳を楽しむチャンス。
ぜひ、ご参加ください。

■当日の内容

★阪口すみ~春の薬膳セミナー

漢方キッチンの薬膳講師のミニセミナー
★「今からでも遅くない、いつからでも遅くない。イキイキ薬膳 」今西清美
★「薬剤師が教える家族の健康のための薬膳」岡山真弓


★あなたの体質にあった薬膳茶と薬膳スイーツつき
~お申込み時に薬膳アプリで体質チェックをしてから、お申込みください。


日本一手軽にできる薬膳アプリ
薬膳アプリロゴ


[お申込み期限] 3月27日(火)午後20時

[日時] 3月31日(土) 13:30~15:30頃
※15分前よりご入室いただけます。

[会場] ワンデー・オフィス・トーキョー
東京都渋谷区代々木1-38-7 川本ビル4F
【1階にスターバックスコーヒーのあるビルです】


JR・都営大江戸線 代々木駅 徒歩1分
小田急線 南新宿駅 徒歩4分
東京メトロ副都心線 北参道駅 徒歩7分

道案内

1. JR代々木駅西口・都営大江戸線A1/A2出口から出て下さい。
2. 交差点角のたいやき屋左側にあるスターバックスコーヒー横の階段を上がり中2階へ。
3. エレベーターで4Fへお上がり下さい。



[参加費] 1,000円(税込)
当日お支払いください。

[持ち物] 筆記用具

■キャンセルについて
お申し込みいただいた方には体質別にお茶をご用意しますので、
キャンセルの際は必ずご連絡ください。
info@kanpokitchen.com
または、080‐1183‐7526(阪口携帯)


■講師プロフィール
阪口すみ 
株式会社漢方キッチン代表
国立北京中医薬大学日本校講師。
91年より95年まで北京留学。
旧文部省国費留学生として北京中医薬大学に学ぶ。同大付属病院と薬膳レストランで臨床と実習を行う。
「おいしく、カラダとココロをリリースする」をモットーに1999年株式会社漢方キッチン設立。
おいしくわかりやすい薬膳料理と独自の観点から体と心を捉える講義が人気。

----------------------------------

岡山真弓:漢方キッチン認定 薬膳セラピスト
薬剤師、中医薬カウンセラー、
30年近く薬剤師として病院、ドラッグストア、調剤薬局で勤務。
近年、アトピーや鼻炎、生理のトラブルで薬を服用しながら長く通院する方々に出会い、薬だけに頼らず根本的に不調を解決する方法はないかを模索し『中医学』『薬膳』に出会う。
阪口すみ先生の『毎日食べるものが身体を作る』という教えに感銘を受け、漢方キッチンで学び薬膳セラビストとなる。
薬剤師として薬を渡すだけでなく、生活、食事で体の質を高めるアドバイスが好評。
夫、一男二女、猫2匹と暮らす。金沢市出身。
----------------------------------

今西清美
漢方キッチン認定 薬膳セラピスト
国際中医薬膳師、国際中医師、精進料理家
30年以上の精進料理歴があり、精進弁当で家族の健康を守ってきた経験をもつ。
精進料理指導歴は20年以上にわたる。北京中医薬大学日本校で学ぶ。
在学中に師事した阪口すみの薬膳に対する考えに共鳴し、漢方キッチンで改めて薬膳を学び、
薬膳セラピストとなる。
乳児から高齢者までの一生を通しての「食と健康」の重大さを伝えることが自分の使命と考えている。


【お申し込みはこちら】→
●お申込み完了メールが届かないことが多くなっております。
info@kanpokitchen.com からのメールが受け取れるように着信設定を行ってから申し込みください。
●お申し込み後、お申込み完了メールが届かない場合は、必要事項を記載いただき、FAXをおねがいします。(FAX番号:03-6303-3525)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9197093c560167



お会いできるのを楽しみにしております。




---------------------------------

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

漢方キッチン 事務局
**------------------------------------------------**
メール:info@kanpokitchen.com
Tel: 03-3791-4857
Fax: 03-6303-3525

薬膳の「わかりやすい中医学の基礎」クラスのテキストが完成しました

6月2日から

「わかりやすい中医学の基礎」クラスが

始まります。

http://yakuzenkouza.cart.fc2.com/ca15/83/p-r-s/

今回、今までのクラスでのレジメを一気に加筆した

オリジナルテキストが完成しました。


薬膳の考え方を伝えたくて、

漢方キッチンという会社を作ってから、

19年になります。

今でこそ、みなさまに薬膳を伝えることに、

自信が持てるようになってきましたが

北京の大学に留学していたころは、

中国医学の理論が理解できず、

とても苦労しました。

漢字ばかりのテキスト。

「臓器に感情がある」とか、
「各臓器に神がいる」とか

非科学的に感じて

どう受け入れていいやら、わかりませんでした。

今、考えると、新しいことを学ぶのに

今まで自分が知っている「理屈」の中に

押し込もうとしていたんですね。

ある日、ふと、古い象形文字の本を読んでいたら

「神」ろいう字は、左側は「いけにえ」をささげる台のイメージ図で、

右側は「おつげ」を意味する、「かみなり」のイメージ図だと書いてありました。

もともとイメージ図から象形文字、

漢字へと発展してきたものを

思考に使っている民族の理屈なら

臓器もイメージとしてとらえたらどうだろうと

思いました。

それで各臓器を、それぞれ別々の個性あるキャラクターに例え、

彼らが協力したり、牽制しあったりしている

と考えてみたら、

今までわかならなかった中医学の理屈が、

とてもわかりやすくなりました
 
それぞれの臓器に「神」が宿るというのは、そういうことかと

腑に落ち、臓器の健康な状態、病気の状態が

イメージできるようになりました。

今回のテキストは、私のそんな経験を活かして、

中医学を初めて学ぶ人にも、わかりやすく作りました。


img2018 524




西洋医学では身体の各臓器や細胞が

それぞれ独立したものとしてとらえますが

中国医学では、臓器や細胞がそれぞれ異なる役割を担当しながら、

お互いにつながり、協力していると考えます。

その「つながり」に焦点を当てるのが中国医学とも言えます。

これは、中国医学が人間を自然界の中で、

その仕組みに影響を受けながら生きている動物であり、

自然界である役割を担う「一部」と考えているからです。

中国医学の理論の魅力は

「私たちが慣れ親しんだ西洋文化的な理論」と

別の枠組みを持つ理論体系ということ。

考え方の枠組みが増えれば、

それだけ、判断をするときの選択肢が増え、

的確な判断ができるようになります。

自分の体、心、命というものに対して、

さまざまな見方ができるようになることは、

私たちの生き方を豊かにしてくれます。


6月2日(土)午後15時~より、クラスを開講予定です。

まだお席に余裕がありますので、ご興味のある方は、ご参加ください。

講師は、漢方キッチンの講師であり、薬剤師の岡山真弓が担当しています。

もちろん、各回テーマに合わせた薬膳スープがつきます。


詳しくはこちらをご覧くださいね。

http://yakuzenkouza.cart.fc2.com/ca15/83/p-r-s/

明日もよい1日ですように。