カテゴリー別アーカイブ: 薬膳料理

クリスマスも塾弁

こんにちは、阪口です。

メリークリスマス。
今日は、とても冷えますね。

クリスマスはみなさま、いかがお過ごしですか?

我が家は例年は、娘と一緒にクリスマスケーキを焼いたり、料理を作ったりして遊ぶのですが、
今年6年生となった娘は、今日も塾!昼も夜もお弁当です。

娘はちっともさびしくなさそうで、楽しそうに塾に行っちゃったのですが、
私はさびしい(;_;)

それで、クリスマス塾弁にすることに!

20171224_174724-01

◆甘酒づけチキンの唐揚げ
◆海老とパプリカのオムライス
◆生ハム、プチベール、ミニトマトのサラダ
◆かぼちゃとグラノーラのサラダ
◆ミックスベリーのトライフル

トマトケチャップはかなりの砂糖が入っているので
私は子供の食事には、基本的に使いません。


オムライスの色づけに使うのは、
「パプリカパウダー」


20171224_151540-01s

きれいな色がつく上に、パプリカは血流促進効果もあります。

パプリカパウダー+トマトペースト(分包1袋)を入れれば3膳分ぐらいのトマトライスが

おいしく、ヘルシーに完成します。

パプリカパウダーはサフランに比べたらずっと、お安いですから

おすすめです。


とりあえず、完成して届けて・・・・・

あ~、楽しかった!

帰ってきた娘がひとこと。

「かあちゃん、箸がはいってなかったよ~。

相変わらずな感じですが・・・・・


みなさま、メリークリスマス(^-^)/

大切な人とよい1日を。

武田薬品の社員食堂「薬膳メニュー」を食べてきました!

こんにちは、阪口です。

大阪出張。
数か月ぶりの武田薬品さんでのメニューコンサルティングのミーティングでした。

img171121-4m.jpg

御堂筋通りは、イチョウが色づいていて、とてもきれい。
「なにわのシャンゼリゼ」というそうです(´∀`*)

img171121-5m.jpg


毎週1回に「薬膳メニュー」が提供されるので、
いつもは担当者のMさんが、その日の売れ行きと写真を送ってくださいます。
でも、今日はお昼めがけて、大阪本社にうかがったので、実際に食べることができました。

img171121-3m.jpg


明日はおりしも、道修町にある薬の神様少名彦神社(すくなひこじんじゃ)
通称、「神農(しんのう)さま」のお祭りです。

神農祭の始まりは文政5年(1822)。

コレラが蔓延し、多くの民衆が亡くなったとき、道修町の薬種商が協力し、疫病除薬として、
虎の頭骨など10種類の和漢薬を配合した「虎頭殺鬼雄黄圓」という丸薬をつくりました。

そして、効能書に1粒包み、厄除けの張子の虎と一緒に民衆に配ったそうです。

今でも、神農祭に配られる笹には、張子の虎が飾られています。

薬膳のメニューは普段は、「薬膳効果」のあるセットなのですが、
今回は「神農祭」にちなんだ、厄払いメニューをご提供しました。

img171121-2m.jpg


ランチは2回の時間交代制で、1回目11時半からの回では、おかげさまで、完売だったとのこと。

img171121-1m.jpg



私は12時半からの2回目の最初にうかがったので、いただくことができました。

社食の管理栄養士のYさん、もう5年間も、これだけの手間のかかるメニューを

「みなさんが喜んでくれるのが楽しいです。」と言ってくださって

ありがたいなぁと思います。

1月のメニューの打ち合わせをして

1日早いですが、武田の担当者のNさんと一緒に、神農さまにおまいり。

img171121-7m.jpg

私も去年買った張子の虎がついた笹を納め、
新たな笹をいただきました。

img171121-9m.jpg


実は、品川駅で、この張子の虎、頭がボトって取れたんです!

「なんと、1年間、我が家を守ってくださって、力尽きられたんだわ~。」と
ありがたく首を拾って、
一緒にお納めしました。

img171121-10m.jpg


道修町の製薬メーカーは、今日はどこも、明日からの神農祭の準備に余念がありません。

img171121-8m.jpg


大手の製薬メーカーさんが、このお祭りだけは、総務さん総出で、神社に集まり、

お客様のおもてなしをするという慣わし。

お祭りの後は、みなさん、声が枯れるとか・・・。

img171121-6m.jpg



なんだか、日本の薬のルーツとよき薬問屋の文化を垣間見るようので

心温かになりました。

また、来年もこの時期に来れるといいな。

「神農さんの笹のおかげで、今年もみんな元気に過ごせました」と。





毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン














武田薬品の社員食堂「薬膳メニュー」を食べてきました!

こんにちは、阪口です。

大阪出張。
数か月ぶりの武田薬品さんでのメニューコンサルティングのミーティングでした。

img171121-4m.jpg

御堂筋通りは、イチョウが色づいていて、とてもきれい。
「なにわのシャンゼリゼ」というそうです(´∀`*)

img171121-5m.jpg


毎週1回に「薬膳メニュー」が提供されるので、
いつもは担当者のMさんが、その日の売れ行きと写真を送ってくださいます。
でも、今日はお昼めがけて、大阪本社にうかがったので、実際に食べることができました。

img171121-3m.jpg


明日はおりしも、道修町にある薬の神様少名彦神社(すくなひこじんじゃ)
通称、「神農(しんのう)さま」のお祭りです。

神農祭の始まりは文政5年(1822)。

コレラが蔓延し、多くの民衆が亡くなったとき、道修町の薬種商が協力し、疫病除薬として、
虎の頭骨など10種類の和漢薬を配合した「虎頭殺鬼雄黄圓」という丸薬をつくりました。

そして、効能書に1粒包み、厄除けの張子の虎と一緒に民衆に配ったそうです。

今でも、神農祭に配られる笹には、張子の虎が飾られています。

薬膳のメニューは普段は、「薬膳効果」のあるセットなのですが、
今回は「神農祭」にちなんだ、厄払いメニューをご提供しました。

img171121-2m.jpg


ランチは2回の時間交代制で、1回目11時半からの回では、おかげさまで、完売だったとのこと。

img171121-1m.jpg



私は12時半からの2回目の最初にうかがったので、いただくことができました。

社食の管理栄養士のYさん、もう5年間も、これだけの手間のかかるメニューを

「みなさんが喜んでくれるのが楽しいです。」と言ってくださって

ありがたいなぁと思います。

1月のメニューの打ち合わせをして

1日早いですが、武田の担当者のNさんと一緒に、神農さまにおまいり。

img171121-7m.jpg

私も去年買った張子の虎がついた笹を納め、
新たな笹をいただきました。

img171121-9m.jpg


実は、品川駅で、この張子の虎、頭がボトって取れたんです!

「なんと、1年間、我が家を守ってくださって、力尽きられたんだわ~。」と
ありがたく首を拾って、
一緒にお納めしました。

img171121-10m.jpg


道修町の製薬メーカーは、今日はどこも、明日からの神農祭の準備に余念がありません。

img171121-8m.jpg


大手の製薬メーカーさんが、このお祭りだけは、総務さん総出で、神社に集まり、

お客様のおもてなしをするという慣わし。

お祭りの後は、みなさん、声が枯れるとか・・・。

img171121-6m.jpg



なんだか、日本の薬のルーツとよき薬問屋の文化を垣間見るようので

心温かになりました。

また、来年もこの時期に来れるといいな。

「神農さんの笹のおかげで、今年もみんな元気に過ごせました」と。





毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン














武田薬品の社員食堂「薬膳メニュー」を食べてきました!

こんにちは、阪口です。

大阪出張。
数か月ぶりの武田薬品さんでのメニューコンサルティングのミーティングでした。

img171121-4m.jpg

御堂筋通りは、イチョウが色づいていて、とてもきれい。
「なにわのシャンゼリゼ」というそうです(´∀`*)

img171121-5m.jpg


毎週1回に「薬膳メニュー」が提供されるので、
いつもは担当者のMさんが、その日の売れ行きと写真を送ってくださいます。
でも、今日はお昼めがけて、大阪本社にうかがったので、実際に食べることができました。

img171121-3m.jpg


明日はおりしも、道修町にある薬の神様少名彦神社(すくなひこじんじゃ)
通称、「神農(しんのう)さま」のお祭りです。

神農祭の始まりは文政5年(1822)。

コレラが蔓延し、多くの民衆が亡くなったとき、道修町の薬種商が協力し、疫病除薬として、
虎の頭骨など10種類の和漢薬を配合した「虎頭殺鬼雄黄圓」という丸薬をつくりました。

そして、効能書に1粒包み、厄除けの張子の虎と一緒に民衆に配ったそうです。

今でも、神農祭に配られる笹には、張子の虎が飾られています。

薬膳のメニューは普段は、「薬膳効果」のあるセットなのですが、
今回は「神農祭」にちなんだ、厄払いメニューをご提供しました。

img171121-2m.jpg


ランチは2回の時間交代制で、1回目11時半からの回では、おかげさまで、完売だったとのこと。

img171121-1m.jpg



私は12時半からの2回目の最初にうかがったので、いただくことができました。

社食の管理栄養士のYさん、もう5年間も、これだけの手間のかかるメニューを

「みなさんが喜んでくれるのが楽しいです。」と言ってくださって

ありがたいなぁと思います。

1月のメニューの打ち合わせをして

1日早いですが、武田の担当者のNさんと一緒に、神農さまにおまいり。

img171121-7m.jpg

私も去年買った張子の虎がついた笹を納め、
新たな笹をいただきました。

img171121-9m.jpg


実は、品川駅で、この張子の虎、頭がボトって取れたんです!

「なんと、1年間、我が家を守ってくださって、力尽きられたんだわ~。」と
ありがたく首を拾って、
一緒にお納めしました。

img171121-10m.jpg


道修町の製薬メーカーは、今日はどこも、明日からの神農祭の準備に余念がありません。

img171121-8m.jpg


大手の製薬メーカーさんが、このお祭りだけは、総務さん総出で、神社に集まり、

お客様のおもてなしをするという慣わし。

お祭りの後は、みなさん、声が枯れるとか・・・。

img171121-6m.jpg



なんだか、日本の薬のルーツとよき薬問屋の文化を垣間見るようので

心温かになりました。

また、来年もこの時期に来れるといいな。

「神農さんの笹のおかげで、今年もみんな元気に過ごせました」と。





毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン














コーセー化粧品【雪肌精】の~薬膳レシピ~掲載

こんにちは、薬膳研究家の阪口です。

コーセー化粧品【雪肌精】エッセイにオリジナル薬膳レシピを掲載しました。

今月は

「きのこと鶏肉とハトムギ薬膳鍋」

詳しいレシピと解説はこちら→
「コーセー~みやぶ人オリジナル薬膳レシピ~」


ハトムギ鍋
冬といえば、火鍋。
薬膳料理では、「きのこ」は気をチャージして免疫力を高める食材です。
美肌効果のあるハトムギ茶のダシで、大人な味の薬膳鍋に仕上げました。

火鍋に欠かせない「自家製ラー油」。
ご自宅で、少量でも簡単にできる作り方もご紹介しています。

ご家族やお友達と薬膳鍋で、おいしく楽しいひと時を過ごしてください。

詳しいレシピと解説はこちら→
「コーセー~みやぶ人オリジナル薬膳レシピ~」

本日の武田薬品の社員食堂メニュー

こんにちは、阪口です。

武田薬品工業さんの社員食堂で、薬膳メニューを監修するようになって、5年。
今日は、記念すべき五周年!

そこで、今日の薬膳メニューは

「西太后のアンチエイジング9点盛り」
でした。

西太后は、中国の歴代の后たちの中でも
薬膳や漢方をほぼ毎日使って
今でいう「アンチエイジング」を目指した筆頭の皇族です。

11月は彼女の誕生日なので、それにちなんで、
西太后が好きだった、メニューを取り入れて、

薬膳のランチに仕上げました。

20171107204013255
例えば、
ラム肉とスパイスの炒め
豚肉とラズベリーの煮込み
くるみの汁子

などなど。
およそ、普通の社員食堂ではおめにかかれないメニューが登場してます。

で、東京・大阪ともに、完売でシェア率27%。
食堂の入り口までのびる、長~い行列ができたとのことで、ありがたいことです。

それもこれも、
「社員さんにおいしくて、体にやさしいメニューを提供したい」という、
担当者さんの気長な取り組みと

食材高騰の中で、仕入れを工夫してくれている食堂スタッフさんの知恵の賜物です。

しかし、この豪華な盛り合わせ、「薬膳」じゃなくても、選びますよねノ(´∀`*)

ま、「薬膳」じゃなくても、選んでさえもらえれば、目的達成です。

食べてもらわなきゃ始まらないですからね。

育脳ごはん~きのこと白キクラゲで免疫力アップ~

今日の娘の育脳弁当は

・きのこと白キクラゲのスープ
・小豆ごはん
・鶏手羽の青梅はちみつ煮(やわらかく煮て骨をはずします)
・つるむらさきのおひたし

20170912_184112-01.jpeg


夏から秋の変わり目。

子供は肌にトラブルがいろいろでますね。

のど風邪を引いたり、肌に湿疹ができたり

暑い夏を終えて

子供も体が疲れるんですね。

免疫力を挙げるには、

「きのこ」がいいですよ。

どんな種類のきのこでも、

薬膳では「補気」といってエネルギーをチャージして

免疫力を挙げる働きがあります。

特にきのこの1種
「白キクラゲ」に含まれる、「白キクラゲ多糖類」は

免疫力をあげ
リンパ球の働きを賦活する効果があります。


さらに、

肌の保湿にもなるので

ママも一緒に食べると、お肌がしっとりします。

食べ方は簡単で
①「白きくらげ」をざっとあらって、1時間ほど浸水
②圧力釜で加圧10分から15分
③自然放置して、冷ましたら、冷蔵庫でストック

20170915153255bce.jpeg

こんな感じです。

こうやっておけば、スープに入れる
デザートに入れる
などなど、

とっても使いやすい

娘は、冷蔵庫から出して、黒蜜をかけて食べてます。

白キクラゲ、漢方キッチンでも、お求めいただけます。

「乾燥白キクラゲ」
http://kanpokitchen.cart.fc2.com/ca3/9/p-r-s/

いろいろに楽しんでみてください。





毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン












育脳ごはん~きのこと白キクラゲで免疫力アップ~

今日の娘の育脳弁当は

・きのこと白キクラゲのスープ
・小豆ごはん
・鶏手羽の青梅はちみつ煮(やわらかく煮て骨をはずします)
・つるむらさきのおひたし

20170912_184112-01.jpeg


夏から秋の変わり目。

子供は肌にトラブルがいろいろでますね。

のど風邪を引いたり、肌に湿疹ができたり

暑い夏を終えて

子供も体が疲れるんですね。

免疫力を挙げるには、

「きのこ」がいいですよ。

どんな種類のきのこでも、

薬膳では「補気」といってエネルギーをチャージして

免疫力を挙げる働きがあります。

特にきのこの1種
「白キクラゲ」に含まれる、「白キクラゲ多糖類」は

免疫力をあげ
リンパ球の働きを賦活する効果があります。


さらに、

肌の保湿にもなるので

ママも一緒に食べると、お肌がしっとりします。

食べ方は簡単で
①「白きくらげ」をざっとあらって、1時間ほど浸水
②圧力釜で加圧10分から15分
③自然放置して、冷ましたら、冷蔵庫でストック

20170915153255bce.jpeg

こんな感じです。

こうやっておけば、スープに入れる
デザートに入れる
などなど、

とっても使いやすい

娘は、冷蔵庫から出して、黒蜜をかけて食べてます。

白キクラゲ、漢方キッチンでも、お求めいただけます。

「乾燥白キクラゲ」
http://kanpokitchen.cart.fc2.com/ca3/9/p-r-s/

いろいろに楽しんでみてください。





毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン












育脳ごはん(番外編)〜自家製うなぎ弁当~

こんにちは、薬膳・漢方コンサルタントの阪口です。
今日は、番外編で「自家製うなぎ弁当」です。

先日、築地通の友人と築地へ行ったら、
「川魚」のお店を発見。

串を打った、「三河うなぎ」が 1串1000円!!

20170916_163947-01-m.jpg


昨今、うなぎの高騰に、食卓に上る頻度が下がっていたのですが
築地で生で買うと、半分ぐらいの値段♪

お店の大将に、「焼き方のコツはある?」
って訊くと、
「しっかり焼くこと。生焼けほど不味いものはないからね。あとはなんも難しくない。」

ということで、

しっかり、買って帰ってきました。

自宅のグリルで、ツメを繰り返しぬって焼いたら
おいしそうに仕上がりました。

この週末も、「食べるのが趣味」の娘は塾で夕食。

うなぎで、ちょっとハッピーになってくれるといいな。

今日の育脳弁当【番外編】
◎自家製うなぎ蒲焼
◎もずくいり出し巻き
◎蒸し人参とキャベツの胡麻ジャコ和え




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン








育脳ごはん(番外編)〜自家製うなぎ弁当~

こんにちは、薬膳・漢方コンサルタントの阪口です。
今日は、番外編で「自家製うなぎ弁当」です。

先日、築地通の友人と築地へ行ったら、
「川魚」のお店を発見。

串を打った、「三河うなぎ」が 1串1000円!!

20170916_163947-01-m.jpg


昨今、うなぎの高騰に、食卓に上る頻度が下がっていたのですが
築地で生で買うと、半分ぐらいの値段♪

お店の大将に、「焼き方のコツはある?」
って訊くと、
「しっかり焼くこと。生焼けほど不味いものはないからね。あとはなんも難しくない。」

ということで、

しっかり、買って帰ってきました。

自宅のグリルで、ツメを繰り返しぬって焼いたら
おいしそうに仕上がりました。

この週末も、「食べるのが趣味」の娘は塾で夕食。

うなぎで、ちょっとハッピーになってくれるといいな。

今日の育脳弁当【番外編】
◎自家製うなぎ蒲焼
◎もずくいり出し巻き
◎蒸し人参とキャベツの胡麻ジャコ和え




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン