カテゴリー別アーカイブ: 薬膳料理

マノエイコ先生と対談

こんにちは、阪口です。

美容皮膚科ドクターの大御所、『マノエイコ』先生と対談させていただきました。


馬野先生


美肌や保湿の薬膳料理を召し上がっていただきながら、お話をするという内容です。

マノエイコ先生といえば、美容医療の先がけの存在。
私も本を持っています。

「美容医療」という、きらびやかなイメージとは違って、
食事やお茶、アロマなども大事と、
地に足のついたアドバイスをされています。


お会いしてみると、「食べることとお花が好き」という、

とても可愛らしい方でした。

しかし、年齢をうかがうとびっくりのプリプリのお肌でした(〃▽〃)・・・・。

「私、肌の状態の改善のために、「薬」として、サプリは出すけれど、
やっぱり普段の食事が大事だと思うのよ。」

同感です!

今回は、美肌・保湿のメニューを4皿ご用意。

そのうちの1品、前菜はこちらです。


金目鯛の前菜3種

そのほかのメニューと詳しいレシピは、『Dr.マノマノメディカルクリニック』の機関誌「美肌通信」で、ご覧いただけるそうです。

http://www.drmano.co.jp/





毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン



キャンプ用のバーナーを使って~金目鯛の炙り

キャンプ好きの我が家では、キャンプグッズを、アウトドア以外でも、よく使うんですよ。
今回は、金目鯛を手に入れたので、さばいて、いろいろにいただきます。
使っているのは、キャンプ用のカセットガスバーナー。
炭をおこすときに、活躍する「あれ」です。
バーナーの下に、カセットボンベを装着して着火。
表面を炙ります。



金目鯛の刺身は、こうやって食べると実に旨いんです。
皮の下に乗った脂が、炎で溶け、表面がパリッとして・・・・最高ですよ。
家で手軽に、野趣あふれる味が楽しめます。

このバーナーお安いものだと、1000円ぐらいからあります。

01251957_510265268b0ca.jpg


さんま・いわしの青魚の炙りもの
プリンの表面をあぶる
味噌をあぶって、焼きみそ(酒のあて)

などなど。

楽しいですよ~。

1本持っておくと、なんでも炙ってみたくなること間違いなし(*≧∪≦)


日常がキャンプになるよ(*^_^*)

育脳ごはん〜骨のスープで精をチャージ〜

こんにちは、阪口です。

先日紹介した金目鯛の炙り。
今回は、金目鯛のアラにシークワーサーの絞り汁を加えてスープを取り、
トムヤムクンに。




薬膳では、骨は子供の成長にも、カラダを若々しく保つためにも効果的です。
骨には「骨髄」があり、これは、「精」を生むと考えるからです。
それに、骨にはカルシウムも豊富。
ちょっとだけ手間ですが、魚のアラがあったら、
その場で煮てスープをとりましょう。


アラをさっと熱湯に通してから、
昆布、生姜、たっぷりめの酒を入れて煮ると臭みのないおいしいスープが取れます。

スープベースとして、他の料理に使えます。

また、さらに、クエン酸を入れて煮ると、骨からカルシウムが出るので、営養価が高まります。

レモンを半分ぐらい、皮ごと入れて煮るといいんです。

今回のトムヤムクンは、金目鯛にアラにシークワーサー(レモンでもOK)を加えてスープをとり、
炒めたにんにく、セロリ、たまねぎ、きのこを加えます。
最後にエビを加えたら、ナムプラーで味を整え、シークワーサーの絞り汁とシークーサーの輪切り、香菜を入れます。

子供は辛いのは食べられないから、大人は器にもってから、ラー油をお好みで。

骨のだしは、化学調味料では出せない味。
子供に骨からの取る出汁の旨みを、教えてあげてね。




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン





育脳ご飯〜地味弁だけど滋味弁〜

こんにちは、阪口です。



地味弁でしょ。

『茎ワカメと豚肉の炒め』
【そのほか、ホタテときのこの出汁炒め・蒸した人参と鶏、きゅうりの中華風和え物・自家製薬膳ふりかけごはん】

娘いわく、
「今日のお弁当、開けたとたん、うわ~って思った」
という程の大好きメニュー。

見た目は地味なんですが、「海藻+肉」とか「海藻+魚」の組み合わせって
かなりおいしいんです。
その上、健康効果もばっちり!

昭和20年代に、沖縄から、かなりの数の人たちが、移民として、ブラジルとハワイへ移住しています。

同じ出身地なのにも関わらず、その後の彼らの平均寿命は大きく違います。

ハワイ移住者のがはるかに長寿なんですね。

ブラジルの食生活では、肉が中心。脂肪と塩分を多く含む食事です。

50代で、日本で暮らす日本人の2倍の確率で心臓に問題がみつかりるそうです。

それに比べて、ハワイに移民した人は、沖縄とほぼ同じかそれ以上の長寿だったといいます。

彼らの食生活は、沖縄と同じくと肉や魚などのたんぱく質に加えて、野菜と海藻を多く使います。

特に、海藻の水溶性食物繊維は、豚肉の動物性コレステロールを排出してくれます。

食べ合わせとしても優れているのです。

沖縄の料理は、この組み合わせ多いですよね。

昆布と豚肉の炒め「クーブイリチー」は有名ですし、

豚足も昆布と一緒に煮たりします。

『茎ワカメと豚肉の炒め』の作り方は簡単です。

塩抜きした茎わかめを細めに切って、

豚肉の細切り、にんにくのみじん切りと一緒にいためます。

味付けは、オイスターソース、醤油、酒、炒め煮にします。

クーブイリチーのように切り昆布で作ってもいいですね。

海藻類に含まれる脂肪酸「アラキドン酸」は、脳の神経細胞の生成に役立ちます。

地味だけど、滋味あふれる海藻。

子供さんの食事に取り入れてくださいね。




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン






夏バテ防止&ダイエットに効果抜群の薬膳ドリンク『酸梅湯(さんめいたん)』

こんにちは、阪口です。

夏バテ&夏太りが気になる時期ですね。

夏バテ防止・ダイエット効果抜群の酸梅湯(さんめいたん)、ご存知ですか?

リンゴに似た「さんざし」というフルーツを使った爽やかな飲み物です。

夏ばて防止の薬膳ドリンク「酸梅湯」に欠かせない、フルーツ「サンザシ」

可愛いフルーツなんですが、薬膳効果は抜群!


◆中性脂肪やコレステロール値を下げる
◆汗による消耗を防いで夏バテを防ぐ
◆消化を促進して、消化不良や胃もたれを解消
◆血流を促進し、血液の汚れをとる


などなど。
多彩な仕事ぶりですね。

私の生徒さんでも、このフルーツで、中性脂肪やコレステロールが低下した方がたくさんいらっしゃいます。

もともとの酸梅湯の材料は日本ではそろいにくいので、日本で手に入れやすい食材で、
阪口珠未オリジナルのサンザシ入りのドリンク「和風の酸梅湯」を紹介します。

おいしくい薬膳で、きれいに、元気になりましょう。

阪口珠未の特製薬膳ドリンク「和風の酸梅湯」の作り方動画
→https://youtu.be/e1at8t2pyM4




漢方キッチンの通販サイトから、お求めいただけます。

http://kanpokitchen.cart.fc2.com/ca3/13/p-r-s/?preview=2378562b0eef7cd1c47f5e3c1c8a24cf














薬膳育脳ご飯〜鮎飯

こんにちは、阪口です。

今日は久しぶりの夏らしい陽射しがありましたね。

夏と言えば、鮎!

鮎のワタの香り。
いいですよね。

中国の薬膳は、肉が中心ですから

日本のような豊富な魚はありません。

でも、基本的な考え方は肉と同じ。
骨や内蔵など全体を食べることをで、
栄養価が高まり、『精』をチャージします。



今日の弁当は、焼いた鮎を出汁で炊いた鮎飯。
子供は魚のワタを嫌がりますよね。
苦玉だけ取り除いて、混ぜ込むと、
食べられちゃいます(^^♪

小骨だけは、しっかり取り除いてくださいね。

小骨が刺さって、お魚キライになってしまう子供がけっこういますので。

今日の育脳弁当
◆鮎飯〜茗荷と大葉〜
◆だし巻き卵
◆金時草の胡麻和え


鮎飯のレシピは、また次回、ご紹介しますね!

よい夏を(^^)/

夏バテ防止&ダイエットに効果抜群の薬膳ドリンク『酸梅湯(さんめいたん)』

夏バテ防止&ダイエットに効果抜群の薬膳ドリンク『酸梅湯(さんめいたん)』

こんにちは、阪口です。夏バテ&夏太りが気になる時期ですね。夏バテ防止・ダイエット効果抜群の酸梅湯(さんめいたん)、ご存知ですか?

リンゴに似た「さんざし」というフルーツを使った爽やかな飲み物です。

夏ばて防止の薬膳ドリンク「酸梅湯」に欠かせない、フルーツ「サンザシ」

可愛いフルーツなんですが、薬膳効果は抜群!

◆中性脂肪やコレステロール値を下げる
◆汗による消耗を防いで夏バテを防ぐ
◆消化を促進して、消化不良や胃もたれを解消
◆血流を促進し、血液の汚れをとる

などなど。
多彩な仕事ぶりですね。

私の生徒さんでも、このフルーツで、中性脂肪やコレステロールが低下した方がたくさんいらっしゃいます。

もともとの酸梅湯の材料は日本ではそろいにくいので、日本で手に入れやすい食材で、
阪口珠未オリジナルのサンザシ入りのドリンク「和風の酸梅湯」を紹介します。

おいしくい薬膳で、きれいに、元気になりましょう。

阪口珠未の特製薬膳ドリンク「和風の酸梅湯」の作り方動画




漢方キッチンの通販サイトから、お求めいただけます。

http://kanpokitchen.cart.fc2.com/ca3/13/p-r-s/?preview=2378562b0eef7cd1c47f5e3c1c8a24cf

夏バテ防止&ダイエットに効果抜群の薬膳ドリンク『酸梅湯(さんめいたん)』

こんにちは、阪口です。

夏バテ&夏太りが気になる時期ですね。

夏バテ防止・ダイエット効果抜群の酸梅湯(さんめいたん)、ご存知ですか?

リンゴに似た「さんざし」というフルーツを使った爽やかな飲み物です。

夏ばて防止の薬膳ドリンク「酸梅湯」に欠かせない、フルーツ「サンザシ」

可愛いフルーツなんですが、薬膳効果は抜群!


◆中性脂肪やコレステロール値を下げる
◆汗による消耗を防いで夏バテを防ぐ
◆消化を促進して、消化不良や胃もたれを解消
◆血流を促進し、血液の汚れをとる


などなど。
多彩な仕事ぶりですね。

私の生徒さんでも、このフルーツで、中性脂肪やコレステロールが低下した方がたくさんいらっしゃいます。

もともとの酸梅湯の材料は日本ではそろいにくいので、日本で手に入れやすい食材で、
阪口珠未オリジナルのサンザシ入りのドリンク「和風の酸梅湯」を紹介します。

おいしくい薬膳で、きれいに、元気になりましょう。

阪口珠未の特製薬膳ドリンク「和風の酸梅湯」の作り方動画
→https://youtu.be/e1at8t2pyM4




漢方キッチンの通販サイトから、お求めいただけます。

http://kanpokitchen.cart.fc2.com/ca3/13/p-r-s/?preview=2378562b0eef7cd1c47f5e3c1c8a24cf














育脳ご飯〜地味弁だけど滋味弁〜

こんにちは、阪口です。



地味弁でしょ。

『茎ワカメと豚肉の炒め』
【そのほか、ホタテときのこの出汁炒め・蒸した人参と鶏、きゅうりの中華風和え物・自家製薬膳ふりかけごはん】

娘いわく、
「今日のお弁当、開けたとたん、うわ~って思った」
という程の大好きメニュー。

見た目は地味なんですが、「海藻+肉」とか「海藻+魚」の組み合わせって
かなりおいしいんです。
その上、健康効果もばっちり!

昭和20年代に、沖縄から、かなりの数の人たちが、移民として、ブラジルとハワイへ移住しています。

同じ出身地なのにも関わらず、その後の彼らの平均寿命は大きく違います。

ハワイ移住者のがはるかに長寿なんですね。

ブラジルの食生活では、肉が中心。脂肪と塩分を多く含む食事です。

50代で、日本で暮らす日本人の2倍の確率で心臓に問題がみつかりるそうです。

それに比べて、ハワイに移民した人は、沖縄とほぼ同じかそれ以上の長寿だったといいます。

彼らの食生活は、沖縄と同じくと肉や魚などのたんぱく質に加えて、野菜と海藻を多く使います。

特に、海藻の水溶性食物繊維は、豚肉の動物性コレステロールを排出してくれます。

食べ合わせとしても優れているのです。

沖縄の料理は、この組み合わせ多いですよね。

昆布と豚肉の炒め「クーブイリチー」は有名ですし、

豚足も昆布と一緒に煮たりします。

『茎ワカメと豚肉の炒め』の作り方は簡単です。

塩抜きした茎わかめを細めに切って、

豚肉の細切り、にんにくのみじん切りと一緒にいためます。

味付けは、オイスターソース、醤油、酒、炒め煮にします。

クーブイリチーのように切り昆布で作ってもいいですね。

海藻類に含まれる脂肪酸「アラキドン酸」は、脳の神経細胞の生成に役立ちます。

地味だけど、滋味あふれる海藻。

子供さんの食事に取り入れてくださいね。




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから



薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン
薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン






育脳ごはん〜骨のスープで精をチャージ〜

育脳ごはん〜骨のスープで精をチャージ〜

こんにちは、阪口です。

先日紹介した金目鯛の炙り。
今回は、金目鯛のアラにシークワーサーの絞り汁を加えてスープを取り、
トムヤムクンに。
20170723
薬膳では、骨は子供の成長にも、カラダを若々しく保つためにも効果的です。
骨には「骨髄」があり、これは、「精」を生むと考えるからです。
それに、骨にはカルシウムも豊富。
ちょっとだけ手間ですが、魚のアラがあったら、
その場で煮てスープをとりましょう。


アラをさっと熱湯に通してから、
昆布、生姜、たっぷりめの酒を入れて煮ると臭みのないおいしいスープが取れます。

スープベースとして、他の料理に使えます。

また、さらに、クエン酸を入れて煮ると、骨からカルシウムが出るので、営養価が高まります。

レモンを半分ぐらい、皮ごと入れて煮るといいんです。

今回のトムヤムクンは、金目鯛にアラにシークワーサー(レモンでもOK)を加えてスープをとり、
炒めたにんにく、セロリ、たまねぎ、きのこを加えます。
最後にエビを加えたら、ナムプラーで味を整え、シークワーサーの絞り汁とシークーサーの輪切り、香菜を入れます。

子供は辛いのは食べられないから、大人は器にもってから、ラー油をお好みで。

骨のだしは、化学調味料では出せない味。
子供に骨からの取る出汁の旨みを、教えてあげてね。